屋根塗装~平板スレート屋根編~ |ブログ|株式会社美和建装

屋根塗装~平板スレート屋根編~ |ブログ|株式会社美和建装

blog

屋根塗装~平板スレート屋根編~

今回は平板スレート屋根の塗り替えに
 
ついて書いていきます。
 
 
 
薄型スレート屋根と言われてもピンとこない
 
かもしれません(゚Ω゚;)
 
 
 
商品名でいうとカラーベストやコロニアル等
 
があります。こちらの名前のほうが馴染みがある
 
かもしれませんね(^∇^)
 
 
 
 
 
 
 
20140402_1
 
 
 
この屋根はふつ~に塗ると雨漏れを起こすリスクがある
 
屋根材です。
 
 
塗り替えをすると屋根材と屋根材の上下の重なり合わせ
 
の所が塗料で塞がれてしまいます。
 
 
20140402_2
 
 
 
上の写真の屋根材に縦の隙間があるのわかりますか?
 
棟やそういった箇所から浸入した雨水は上の写真の様に
 
屋根材の上下の重なり合わせの所から排出されます。
 
 
 
屋根は基本的に雨水を浸入させない仕組みをしているのですが、
 
仮に浸入しても速やかに外部に排出させる仕組みになって
 
います。
 
 
 
しかし塗料で塞がれてしまうと雨漏れに繋がるリスクが
 
高くなります。
 
 
そこで縁切りという作業があります。
 
 
塞がった隙間をカッター等で切っていきます。
 
 
 
最近では一般の方も縁切りという言葉を知っている
 
人がいます。
 
 
ちゃんと縁切りはしてくれるのですか?と
 
聞かれた事が何回かあります。
 
 
 
でもここで注意してほしい事があります!!(  ゚ ▽ ゚ 😉
 
 
 
実際塗り終わった屋根に縁切りをして上手に隙間を
 
確保させるのは非常に大変です。
 
 
仕上がった屋根は傷まるけになり、ちょっと力を
 
いれようものなら瓦が割れてしまします。
 
 
 
瓦の厚さが約4mm程度しかないので当然のことです。
 
 
そして切り込みをいれたとしてもまた直ぐに
 
くっついてしまいます。
 
 
 
縁切りという作業は非常に手間が掛かり、尚且充分な
 
隙間を開けることが難しいです。
 
 
 
そこで重宝されるのがポリカーボネイト
 
樹脂性のタスペーサーという縁切り部材です。
 
 
 
 
 
 
 
t20140402_3
 
 
 
 
こいつを屋根材の上下の重なり合わせの所に入れれば
 
隙間が確保され塗料で塞がってしまうことはありません。
 
 
 
下塗りが終わった段階で入れていき、上塗りを塗っていきます。
 
塗り終わった後もそのまま入れっぱなしにしておきます。
 
 
よほどの事がない限り入れたタスペーサーが取れて落ちて
 
くることはないのでご安心を!
 
 
 
 
 
こんな重労働で手間の掛かる作業をタスペーサーを使わない選択を
 
して自主的に縁切りをしてくれる良心的な業者は皆無でしょう。
 
 
 
縁切りの大変さをしっている人ならタスペーサーを入れたほうが
 
遥かに効率がよく間違いない事を理解しています。
 
 
 
 
 
とある某大手ハウスメーカーの塗り替え工事にもタスペーサーは
 
使われていないのが実状です。
 
 
 
しかも水性を無希釈でたっぷりと!
 
 
溶剤よりも水性のほうが塞がってしまいます。
 
縁切りもしていないです。
 
 
 
非常にリスキーな事をやっちゃってくれています。
 
 
 
 
今回のお話しは工事を失敗しないために
 
知っておいてほしい話しの中のほんの一部です。
 
 
 
まだまだ奥が深い塗装工事!!
 
 
 
皆さんが1つでも多くの知識をつけていただき
 
良い工事であることを願っておりますヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おもしろきこともなき世をおもしろく
 
 
 
 
 
 
 

PAGE TOP

が、 いたします!!

0120-44-2605

営業時間 8:00−18:00 |
定休日 日曜・祝日

LINEで
お手軽相談

IDで登録する場合は、@699odoirで友だち検索