高圧洗浄とは? |ブログ|株式会社美和建装

高圧洗浄とは? |ブログ|株式会社美和建装

blog

高圧洗浄とは?

高圧洗浄とは?

外壁塗装をご検討されている方は、高圧洗浄をご存じでしょうか。
外壁塗装に欠かせない高圧洗浄ですが、なぜ行うのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのため、本記事では高圧洗浄についてご紹介します。
外壁塗装をご検討中の方は、ぜひご覧ください。

□高圧洗浄はなぜ行うのか

高圧洗浄は、外壁細部のチェックや、防水の養生、水道代など非常に負担の大きい工程です。
では、なぜそのような負担の大きい工程が欠かせないのでしょうか。

塗装された外壁の塗膜は、古くなったり雨風にさらされたりすると劣化していきます。
それに伴い、触ると白い粉がつくチョーキング現象が発生しますが、それが起きている外壁に塗装を行ってしまうと施工不良になってしまいます。
それを防ぐのが、高圧洗浄です。
高圧洗浄をすると、古い塗膜や汚れ、カビやサビなどを落として新しい塗装をしっかりと定着させられます。

□高圧洗浄に関する知識について

上記では、高圧洗浄の必要性についてご紹介しました。
高圧洗浄がなぜ必要か理解していただけたでしょうか。
本記事では、次に高圧洗浄に関する知識をご紹介します。
外壁塗装をされる方はぜひ覚えておきましょう。

1つ目は、高圧洗浄の乾燥には2日間必要であることです。
高圧洗浄は水が使われるため、乾燥させる時間が必要です。
その際に、濡れている状態で塗装をしてしまうと塗膜の膨れなどが発生してしまうことがあります。
そのため、しっかりと乾かすために一般的に2日間は乾燥させます。

2つ目は、高圧洗浄では取れない汚れもあることです。
そのような汚れを職人が手作業で薬剤などを用いながら擦り落とします。
塗膜に浮きや膨れが起きている場合も、高圧洗浄で終わらせず、職人が手作業で除去します。

3つ目は、劣化したコーキングの補修を先に済ませることです。
サイディングのパネル同士の目地などに充填されているコーキング剤は劣化して割れたり縮んだりすることがあるため、高圧洗浄をする前にコーキングの補修をする必要があります。
コーキング後にも乾燥期間が必要となるため、その分施工期間が長くなってしまうことに注意してください。

□まとめ

本記事では外壁塗装における高圧洗浄についてご紹介しました。
高圧洗浄がどのようなもので、なぜ必要であるか理解していただけたでしょうか。
もし、ご不明な点がある場合には、当社では外壁塗装の注文を承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

PAGE TOP

が、 いたします!!

0120-44-2605

営業時間 8:00−18:00 |
定休日 日曜・祝日

LINEで
お手軽相談

IDで登録する場合は、@699odoirで友だち検索