12月

ご迷惑お掛けしてしまった報告。

今回は当社がお客様にご迷惑をお掛けしてしまった事例を

ご報告させていただきます。

 

P1150762

先日雪が降った後に足場を解体していました。

土間には雪がまだ溶けずに残っており、雪の下にBOXの

蓋がありました。

 

職人が気付かずに踏んでしまい蓋を破損させてしまいました。

 

 

 

 

P1150701P1150761

こちらはベランダに職人が入った時に床が破損してしまいました。

 

この他には、足場が強風に揺られ、壁押さえが壁を押し込み「ゴン、ゴン」と音がすると

ご指摘いただきました。

 

工事をする中で、お客様にご迷惑をお掛けした事例が無いわけではありません。

ただ、それらには責任を持って対応をさせていただきます。

 

そして再発防止をする為、月に一度職方会議を開き、情報を共有し

改善をさせていただきます。

 

今後、もしご縁があり当社で工事をされるお客様。

些細な事でも構いません。

気になった事があれば仰ってください。

 

そのお言葉が当社にとって何よりも

ありがたいお言葉になります。

 

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 


カラーベストの雨漏り。

雨漏り調査をしている中で出会ったカラーベストの雨漏りを

ご紹介します。

 

スタンダードと言うのか、よくあるのが水が釘を伝って内部に

浸入するケースです。

 

P1000180

 

屋根を塗装して縁切りがされていないと、この様に釘を伝って

野地板を傷めてしまいます。この場合は長年水が釘を伝うことにより

釘が錆びて腐食をしていました。(過去の縁切りについての記事はこちら

 

 

次は水の抜け道をコーキングで塞いでしまったケース。

 

P1140559 P1100222

間違った雨漏り補修の代表例が、隙間=雨漏りの原因と思い、

水の抜け道を無くしてしまうこと。

 

屋根は1次防水だけで行われている訳ではありません。

雨仕舞いを理解していないと補修したことが逆効果になります。

 

左の写真は板金の納まり+勾配にも問題がありました。

 

 

最後にそもそもの間違い施工をしてしまったケース。

P1120056

上の写真は勾配がとれていない状況にカラーベストが施工してあります。

 

カラーベストの勾配は最小で3寸からになります。

条件を満たせば2.5寸でも対応できるものもありますが

最低3寸以上!

 

勾配がないと雨漏りのリスクが高くなり、屋根に乗った時に

割れやすくもなります。

 

なので勾配が取れないときは板金で瓦棒葺きをします。

このケースは完全な施工業者のミスになります。

 

私は職業病で家を見ると無意識に何処が劣化しているのか

ついつい見てしまいます、、、。

 

この勾配が取れていない雨漏りリスクのある家はよく見ますよ。

玄関ポーチとか。

 

 

 

前に雨漏りに関する事を書きますと言いながらも、全然書いて

いなかったので久しぶりに書きました(汗)

 

それでは良い週末を!!

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 


慣れ。

居なければ居ないで困らないけれど、一度その

存在に慣れると離れられない。

 

もう無しではやっていけない、、、、、、。

 

P1150657

 

先日当社の敷地に自動販売機が設置されました。

 

最初は社内に設置をして、福利厚生の一環として無料で置こうか

と社長が言いましたが、そんなことをしたら調子に乗って

飲みまくってしまうのが目に見えていたので、

私&鈴木君はお断りを申しました(汗)

 

そんなこんなで設置された自販機ですが、

私が好きなサントリーの自販機ということもあり、

予想通りの暴飲の日々を過ごしています(笑)

 

お次は現場のお話。

 

P1150723

 

 

現場の常備品「はかり」

 

こちらは当社の現場に必ず置いてあります。

塗料の分量を量って使用します。

 

一般の方は「そんなの当たり前の事なんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、残念ながら塗装業界では

当たり前ではないんです。

 

よくあるのが2液型塗料で主剤と硬化剤の割合が4:1の塗料。

 

これを作る時に4:1を目分量で作ったとしても

その場で不具合が起こることは滅多にありません。

 

塗るぶんには問題ありません。

 

防水の材料は配分を間違うと即不具合が生じます。

なので防水屋さんは必ず持っています。

 

しかし塗装屋が使う塗料はだいたいで混ぜてもその場は大丈夫、、、。

これが塗装屋が計りを使わないという悪しき習慣を生んでいます。

 

でもそれでいいのでしょうか?

 

年数が経った時に違いは必ずでますよ。

ということで当社の現場には計りが常備されています。

 

 

まだまだ他にもありますが、

以上で塗装業界の裏側のお話を締めさせていただきます。

 

ありがとうございました(;_;)/~~~

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 


この時期といえば。

この時期と言えば忘年会シーズン!!

 

今年も毎年恒例のかに本家で開催されました。

IMG_0808

P1040345

今年も事故なく無事に一年の終わりを迎えることが

できました。

 

忙しい時期ではありますが、この日ばかりは皆さん仕事を忘れて

楽しんでいました。

 

 

そんな中、今年も蟹ハンターな私は健在です。

 

各テーブルの余っている蟹の刺身を回収していき

4,5皿は平らげました(+o+)

 

とても美味しかったです(嬉)。

 

 

 

今年も気付けば残りわずか。

ラストスパートかけていきますぞ!!

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 


塗料の艶における差。

塗料には艶あり、5分艶、3分艶艶消しなどと

艶を選ぶことができます。

 

塗料の艶をどうするのかをお悩みになられた時に

参考にしていただければと思います。

 

 

塗料に艶が有るのか無いのかは、単に美観だけの違いだけでは

ありません。

 

これからのお話は、塗料の設計段階で艶有りということを前提として開発された塗料に

艶消し成分を添加させた塗料についてのことです。

 

例えばひとつの商品(例:水性セラミシリコン)に艶を選べる塗料

のことです。

 

艶消ししかない断熱塗料ガイナ等は例外ですので混同しないようにしてください。

 

では塗料の艶はどのように調整するのか?

 

塗料の艶を落とすには、塗料に艶消し成分を添加させます。

この添加剤により塗膜表面が荒れ、光が乱反射することによって

艶消しに見えます。

 

 

艶ありと艶消しの差について。

 

其の① 耐久性

艶消し塗料は艶有り塗料の中に艶消し成分を添加している為、

顔料を保持する樹脂分が少なく、顔料分が多くなっている状態です。

樹脂の量が少なくなった艶消し塗料は、艶有り塗料に比べ、紫外線に

よって樹脂が破壊されやすくなり、耐候性が落ちることになります。

 

其の② 汚染性

先程にも書いたように、艶消し塗料は艶消し成分によって表面がデコボコ

しているので汚れが付着しやすく、生物汚染(カビ・藻)にも遭いやすくなります。

 

其の③ 伸縮性

ある塗料メーカーが実験で、艶調整をして各々の伸縮性の違いを

測定しました。その結果が、艶が下がるごとに伸縮性が低下をしていくとい

ものでした。つまり塗膜の割れに対する抵抗力が艶の低下と共に低下をする

ということを示しています。

 

 

以上が艶有りと艶消しの差になります。

 

外壁に使う塗料が艶を選べる物だった場合は、性能差を

踏まえてお選びいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく


社内勉強会。 

何やら社内にて、経験の浅いメンバー達に

井田さんが塗料の基礎を教えておりました。

 

P1150659

 

当社は塗り替え専門店ではなく建築塗装全般を

請け負っています。

 

「塗り替え」のプロだけではダメなのです。

「塗装」のプロフェッショナルを目指さなければ。

 

塗り替えに関することだけなら範囲が限られるので

直ぐに覚えられたことでしょう。

 

しかし我々はとても広~い範囲の事を覚えなければ

ならないので、経験の短い彼らの頭の中は少々パニックに

なってるかもしれませんね(笑)

 

私も昔はゼネコンさんからの仕事で、役所工事の

仕様書などで四苦八苦いたしました。

 

また大規模な新築工事の段取りで職人さんに怒られることもありました。

 

色々な経験をさせていただきましたが、

その経験が私にとって貴重な財産になっている

ことに間違いはありません。

 

そして幅広い塗装に触れてこれてホントに良かったと

思っています。

 

今は建物診断の知識を高める為に

ホームインスペクターという資格取得を目指して

勉強を始めました。

P1150660

この資格、住宅診断の資格の中でぶっちぎり難しいのでは

ないでしょうか。

 

この問題集、、、、、。苦労させていただき有難うございます(泣)

 

来年の試験に向けて今から少しずつ勉強をしています。

今からやっておかなければ確実に試験に落ちそうなので(-。-)y-゜゜゜

 

一日一歩。

焦らず行こう!

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 


重要!!建物診断 バージョンアップなり!

この度、雨漏り診断、建物診断につきまして

新たに助っ人が加わることになりました。

 

彼は特殊な能力の持ち主です。

 

彼の能力にかかれば、目視では確認できない

変化を知ることができます。

 

では通常の「目」で見た場合。

 

P1150642

 

こちらは社内の一角。

なんの変哲もない写真です。

 

これに助っ人の力が加わるとどうなるか!!

それがこちらになります!!

 

 

FLIR0038

 

 

どうですか??

 

彼の名は「赤外線サーモグラフィー」と言います。

 

温度状況が一目瞭然でわかります。

サッシの温度がとても低いのがよくわかりますね。

 

彼の使い道は沢山あります。

 

先日に行った雨漏り診断の時の写真です。

FLIR0020FLIR0019

こちらは室内の天井を写した物です。

 

真ん中の青くなっている部分は、水が浸入して温度が

周りより低くなっています。

 

雨漏り散水テストで壁や天井の裏側を目視で確認できない時は

これを使えば状況がわかります。

 

他には断熱材不足による壁面温度の低下箇所や

外壁タイルが浮いているのかを知ることもできたりします。

 

 

 

FLIR0007

 

 

 

例えばのお話しですが、体調が悪くて病院に行った時、

お医者さんがろくに診断もしていないのに病状を判断されて納得いきますか??

 

ちょっと受け入れにくいですよね。

 

しかし触診や血液検査をしたり、CT検査などをしてくれた上での病状判断で

あれば納得することができます。

 

今までも当社は塗り替え工事をする前に、建物劣化診断をすることが

大切と謳ってきました。

 

新たに頼もしい助っ人が加わり、今後は今まで以上に質の高い診断を提供することが

できると思います。

 

まずは何の塗料を塗るかの前に、現在の建物の状況を知ることから

始めてみませんか??

 

それから処方箋を考えていきましょう。

 

P1150374

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


施工中現場のご紹介~あま市H様邸~

今日は朝から池田氏と現調4件という

ハードな一日でした。

 

その合間に私の大事な仕事である現場の

管理に行った物件のご紹介です。

 

現場はあま市篠田で、今年の1月に塗り替えをしたK様邸

のご近所さん+春に屋上防水のやり替えをしたI様邸

の裏になります。

P1080990 P1100696

↑ 左:K様邸(外壁:パーフェクト・トップ使用) 右:I様邸(塩ビシート 機械固定)

 

美和建装OB様密集ゾーンである篠田地区のH様邸です。

工事内容は屋根の葺き替え&外壁塗り替えをします。

 

最近の雨で工事が遅れていましたが、ようやく屋根瓦の

解体に取り掛かることができました。

 

P1150368

 

 

今日は屋根瓦、ルーフィングの解体をして、屋根に水が

入らないように養生までしました。

 

来週から下地の合板張り、ルーフィング貼りをしていきます。

 

現場の確認が終わり、H様に挨拶をした時、

「皆さんで食べてください!」とお菓子をいただきました。

 

P1150422

 

 

丁寧にこのような物をいただき大変恐縮であります。

 

H様にご満足いただけるように全力で取り組んで参ります(*^^)v

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 


こだわり施工 ~リシンの塗り替え~

塗装にリシン吹きという施工方法があります。

 

当社の池田君が以前にブログでチラッと

書いていますが(池田氏の書いた記事)、

リシンを塗り替えする時のこだわりがあります。

 

P1120604

↑施工前  リシン仕上げの壁

 

リシン仕上げの壁を塗り替えした時の特徴として

艶にムラがあるように見えたりします。

 

また艶有り塗料で塗ると雰囲気も変わるので、リシンの塗り替え

を3分艶などでやられる方もいます。

 

今回は艶有りで塗り替えをした場合。

 

通常の3回塗りは見た目は綺麗になるけれど、私が納得する

もうワンランク上の仕上がりに

中々なりません。(完全に自己満足の世界ですが、、、汗)

 

もうひと押しが足りていない、、。

 

より綺麗に高品質な仕上げを実現する為のひと手間。

 

それはリシンの時は下塗りを希釈せずにたっぷりと2回塗ります。

CIMG0381

↑こちらが下塗り一回目の写真です。

白は下地が透けやすいのですが、御覧のとおり透けておりません。

如何にたっぷりと塗っているのかが分かります。

 

CIMG0383

↑ さらにもう一回。 壁は完全に真っ白(;O;)

 

CIMG0384 CIMG0385

 

更に溶剤型塗料で希釈をほとんどしていない状態で中塗り、上塗りを塗っていきます。

 

材料によってはシンナーで希釈する必要がないくらい

シャバい(薄い)塗料もありますが、溶剤の希釈なしは非常に

塗りにくいです(泣)。

 

P1140646P1140682

 

写真では分かりにくいかもしれませんが、

一般的な塗り替えの仕様と、この仕様とでは

間近で見ると差が一目瞭然でわかります。

 

私はリシンの場合はここまでする必要があると私は思っています。

 

 

この流れでもういっちょ~。

 

P1150115 P1150116

 

↑はサイディングを溶剤シリコンで塗り替えした写真です。

塗り回数は一般的な仕様の3回塗りです。(下塗り+中塗り+上塗り)

 

この質感&肉厚(塗膜)!! 是非とも実物を見ていただき、他との

違いを見比べていただきたいと思うぐらいです。

 

ただ単に3回塗っただけではここまでの質感になりません。

 

私が現場で品質の検査をするのですが、職人さんはきっちりと

指示を守って施工をします。

 

なぜなら手を抜いた施工は直ぐに私にバレるからです(笑)

 

塗膜の質感などを見れば高品質なのか低品質なのか分かります。

これは塗膜の質感に胸を熱くする、馬鹿な男にしか気づかぬ僅かな違い

かもしれませんが(笑)

 

 

 

私もこの業界で早10年、、、。

 

幾千もの塗装の仕上がりを見てきました。

 

その中でいま、当社の職人が塗った作品を私は

お客さんに自信を持って提供できます。

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ