11月

外壁塗り替え勉強会 ~七宝産業会館~

外壁塗り替え勉強会のお知らせです!!

 

12月3日(水)、11日(木)に会場は当社にて行います。

時間は10:00から開催しています。

 

P1030702

 

そして12月6日(土)、13日(土)あま市七宝産業会館

行います。

 

外壁塗装でご相談、お悩みがありましたら是非是非

ご参加ください。

 

創業47年。地域密着でやってきたので当然ではございますが

無理な勧誘、セールスは一切行いませんのでご安心ください。

 

 

12月3日(水)、11日(木) 会場 (株)美和建装 あま市中橋明円51

12月6日(土)、13日(土) 会場 あま市七宝産業会館 七宝町遠島十坪119-2

 


無機系塗料 ~続編その①~

では無機系塗料のお話の続編です。

 

どの塗料のカタログにも、この塗料はいいですよ~とメリットを

沢山書いています。

 

そりゃ~そうですよね。 デメリットなんて並べてたら誰も

使ってくれません(汗)

 

無機系塗料のカタログを色々と見ていて気になったことがあります。

 

無機=硬い を払拭する為に、塗膜のしなやかさをアピールする

塗膜を曲げた写真があります。

 

この写真を見て、「おお!!これなら外壁に塗っても壁、建物の動きについていける!」

私自身が素直に思えたのなら無機系塗料をすでにガンガン推していたでしょう。

 

何が引っかかったかと申しますと、曲げることに塗膜がついていけるのはわかるが

引っ張りにはついていけるのか?

 

壁材の伸縮する動きの時に発生する引っ張られる動きに

どこまでついてこれるのか?

 

塗り替えをしてコーキングの上の塗膜が割れる症状。

その要因の一つが引っ張られる動きについてこれなかったから。

 

これをクリアできなければ外壁の塗り替えで安易に勧めることはできません。

※コーキングの上に塗膜を被せた施工をすることが前提の考えです。

 

コーキングの上に塗った塗膜の割れを防ぐために、壁を塗ってから

コーキングを打つ(後打ち)場合は特に気にする必要はないのですが、

私は高耐久塗料を使うのにコーキングを後打ちにする施工はナンセンス

と思っています。

 

その理由は長くなるので今度書きます。

 

話しが反れましたが、塗膜の柔軟性には敏感な男なんです、、、。

 

カタログに引っ張りに対しても強いという試験結果が書いて

あれば良かったのですが、書いてないので自分で確かめています。

 

無機系塗料は有機塗料の要素が加わり塗膜がしなやかになった

と言っても塗膜の硬さは硬い部類に入ります。

 

メーカーの仕様通りの施工では足りていないかもしれないので、

社内試験をして石橋を叩きながら渡っています(汗)

 

 

社内試験も最終段階。

 

物がいいことは確か。

 

最終試験の結果次第では、施工方法を従来のやり方にプラスαをさせた

美和建装オリジナル対応になるかもしれません。

 

いずれにしても今後は無機系塗料のご提案もさせていただきます。

 

P1150182

 

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


無機系塗料  ~後編~

では無機塗料の主な特徴ですが、従来型の有機塗料にない

不燃性を持ち硬く光沢性耐候性に優れると言った特徴が

あります。

 

しかし反面柔軟性に欠け脆いため、躯体の動きに追従出来ず

割れてしまうと言う欠点がありました。

 

そのため戸建て住宅には向かず、躯体の動きが無く、不燃性を

求めるトンネル内壁や、コンクリート構造物の保護に用いられていました。

 

そんな中、塗料開発が進み、無機と有機をハイブリッドさせた

「無機・有機ハイブリッド塗料」が発売されました。

 

無機塗料の優れた耐熱不燃性・高硬度・高光沢・超高耐久性・低汚染性に

有機塗料の特徴であるフレキシブル性を併せ持った次世代の

超高耐候性塗料。それが「無機・有機ハイブリッド塗料」です。

 

 

戸建て住宅の塗装で使われる無機塗料と呼ばれる物は、無機・有機ハイブリッド塗料の

ことです。無機塗料とは違うのでお間違いのないようにしてください。

 

ですので当然ながら無機塗料とは違い、有機塗料が含まれている分

耐候性が劣ることになります。

 

ちなみに無機系塗料とは無機・有機ハイブリッド塗料の事を指しています。

 

ここまで聞くと、めちゃめちゃ凄い塗料じゃん!!

って感じますよね?

 

外壁の塗り替えにじゃんじゃん使いたい!

 

 

、、、、、って安易に思わないのが私でございます(汗)

 

その理由は次回!!

 

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 


無機系塗料 ~前編~

戸建の塗り替えに使われる塗料は有機塗料である

ウレタン樹脂、シリコン樹脂やフッソといった物が主流でした。

 

そんな中、近年戸建の塗り替えで徐々に使用が増えてきている

塗料が無機系塗料です。

 

有機と無機の違いとは??

 

まずは無機から。  ※KFスパーセラ カタログから引用

 

無機とは水・空気・鉱物及び無機化合物(炭素を含まない

化合物)からなる物質であり、身近な物では石やガラス、金属、

陶器と言った物にあたります。

 

これらの物は劣化の原因となる、太陽からの紫外線や熱の影響を

受けることなく安定しています。

 

それに対し有機とは炭素を含む化合物であり、生命起源の

物質や人工的に合成される物質です。

身近な物では動植物やプラスチックと言った物になります。

これらの物は経時と共に劣化し、太陽光の下では紫外線の

影響により、劣化致します。

 

 

続きは後編へ!

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 


ある農夫の一日。

「ある農夫が、朝早く起きて畑を耕そうとした。ところが、トラクターの

燃料がきれていたので近くまで買いに行ってきた。

途中で、ブタに餌をやっていないことを思い出して納屋に餌を

とりに行った。すると、ジャガイモが発芽しているのを発見した。

これはいけないと思い、ジャガイモの芽を取っているうちに、

暖炉の薪が無くなっていることを思い出して薪小屋へ足を運んだ。

薪をもって母屋へ向かっていると、ニワトリの様子が変である。

どうも病気にかかったらしい。とりあえず応急処置をほどこして、薪を

持って母屋にたどりついた頃には、日がトップリとくれていた。

農夫は、ヤレヤレ何とせわしい一日であったと思いながら、

いちばん大切な畑を耕すことができなかったことに気がついたのは、

床に入ってからであった。」

 

 

何とも深い話し、、、、。

計画性のない行動をしている農夫。

 

振り返れば私の日常もこの農夫と同じことをしているような、、、、。

 

この話を教訓にしていきます!!

 

皆さんはどうですか?

日常に計画性を持った行動ができていますか?

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく


いただきもの。

この仕事をしていると有難いことにお客さんから

様々なモノをいただくことがあります。

 

P1140651

愛西市勝幡町K様からお庭で栽培をしている柿をいただきました。

ありがとうございます。無事足場の解体まで作業が終わりました。

あと少しで完工となります。最後まで気を抜かず参りますので

宜しくお願いします。

 

P1150134

あま市七宝町秋竹M様からは畑で栽培しているお野菜を

いただきました。ありがとうございます。

工事が先日無事終了しました。その節は大変お世話になりました。

また顔を出させていただきますね。お体をお大事にしてくださいね。

 

P1140822

こちらは以前に工事が完了した岐阜県南濃町のT様より

図書カードをいただきました。

T様ご夫妻には温かいお言葉も厳しいお言葉も両方いただきました。

そのお言葉を真摯に受け止めて精進してまいります。

T様ありがとうございました。

 

 

このブログでも何度かお客様への感謝を綴らさせていただいていますが、

文才のない私ですので上手く表現はできませんが

皆様には心から感謝をいたしています。

 

「ありがとうございます!」

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 


リノベーション。

普段当たり前のように耳にする「リフォーム」という言葉。

最近広告などで見かける「リノベーション」

 

これらの違いとは?

 

まずリフォームとは老朽化した建物を新築の状態に戻すこと

いい、リノベーションとは既存の建物に大規模な工事を行う

ことで、性能を新築の状態より向上させたり、価値を高めたりする

ことをいいます。

 

日本は戦後の国策で住居を増やすことに重きをおいて進めてきました。

 

しかし近年では建物の空室が増え問題視されています。

 

今までのフロー重視からストック重視に政策も転換され

「中古住宅・リフォームトータルプラン」では、2020年

までに中古住宅・リフォーム市場の倍増を目指しています。

 

建てては壊すスクラップ&ビルドに比べ工事で出る廃材も少なく

環境保護の観点からも注目を集めています。

 

今後さらにリノベーション市場は広がりそうですね。

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 


人財。

今日は七宝町秋竹で外壁塗り替え工事をさせていただいて

いるM様邸に行ってきました。

 

その中でM様より嬉しいお言葉をいただくことができました。

 

「近所の人が後藤さんを褒めていたよ。礼儀正しくて一生懸命。

今時の若い子にしては珍しいって!」

 

嬉しいですね。お施主さまだけでなく、ご近隣の方にも褒めていただけるなんて。

 

P1140731

 

彼は24歳と若いのですが一級塗装技能士の資格を持っています。

 

技術もさることながら私が彼を高く評価しているところは素直さと

礼儀正しさです。

 

現場の前を通っていく人に自分から挨拶をします。

自然とそれができることが凄いです。

 

どのお客さんにもお褒めの言葉をいただきます。

 

貴重な人財ですね。

 

以前に施工をしたあま市のK様邸。そのお隣のO様邸。

P1000611 写真 1

 

これらは彼が職長で工事をしました。

 

そしてご紹介をいただきそのお隣も来週から工事が始まります。

3連棟!! もちろん職長はこの男で!!!

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 


測定。

建物の正確な寸法を測定することは大切な作業の一つです。

 

正確な塗り面積(壁の場合は窓等の塗装をしない面積を引いた数量)を

把握することで塗料を何缶使えばいいのか分かります。

 

そしてその塗料を使い切ることで品質が確保されます。

 

これは塗装の品質における大事なポイントの一つです。

 

現地調査で建物を測定するときにお客さんに図面をお借りして

コピーをとらせていただくのですが、私は図面をあまり信用していない

ので必ずスケールをあてていき照らし合わせます。

 

特に窓の寸法は図面と違う事が多いです。

あと建物の高さであったり。

 

現地調査のとき図面のコピーだけもらって、建物にスケールをあてて

いない業者には気を付けたほうがいいかもしれませんね。

 

結構誤差でてるはずです、、、。

 

塗装の金額は1㎡あたり¥○○○という見積書になりますので

実際の㎡数より多い数字ならお客さんは余分にお金を払う事

なり、㎡数が少なければ塗布量が足りていないことになります。

 

いずれにせよマイナス要素しかありません。

 

P1140975P1140973

 

↑ 新人の池田君。 スケールの扱いもおぼつかない状態ですが

一生懸命建物の計測を練習をしています。

 

私達の現地調査で時間が掛る理由が、建物の劣化状況を細かく調べることと、

正確な面積を把握する為ということをご理解していただければと思います。

 

全ては塗り替え工事を成功させるために。

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 


朝の習慣。

美和建装の習慣の一つに朝の清掃があります。

 

毎朝、会社の外を清掃しております。

P1140831

↑ 美和建装のお掃除大臣鈴木君

 

P1140836

↑ 美和建装のニューフェイスの川出君&池田君

 

最後はこの方!!

 

P1140834

社長です。

 

社長は毎朝トイレ掃除、外の清掃と誰よりも長い時間掃除をしています。

 

現場でも職人が毎朝清掃から始めます。

P1110228

 

以上、美和建装朝の習慣でした。


無知な男。

先日雨漏り診断で会社から車で2.3分のI様邸に行ってきました。

 

散水テストをしている合間にI様が何かをいじくっていたので

声を掛けると枝豆を乾燥させていました。

 

P1140761

 

私「これを乾燥させてどうするんですか?」

尋ねると

I様「味噌を作るんだよ!」

 

私「、、、、??」

 

無知な私は恥ずかしながら枝豆が成熟して大豆になること

すら存じませんでした(恥)

 

I様「自分で作った味噌を御裾分けしたら皆がおいしいと言うから

ついつい分けすぎて自分の分が少なくなってしまうのよ(笑)!」

 

P1140763

笑いながら話すI様の人柄の良さが伝わってきました。

 

この人の悩みを解決したい!そう強く思い雨漏り検査を

再開しました。

 

P1030486

P1140758

↑散水テスト中の川出君

 

結果2か所から水の浸入が確認されました。

 

原因が分かって良かった(嬉)

 

検査が終わったらI様がお茶をご馳走してくれました。

 

I様夫婦は非常に仲が良くて会話を聞いていると、なんだか

胸がほっこりしてきました。

 

I様「家を建てた大工さんが亡くなったから、今後家に何か

あったら美和建装さんにお願いするわ!」

 

とてもありがたいお言葉をいただくことができました。

 

責任を持って対応させていただきますので

お困りがありましたら仰ってくださいね!

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 


招かれざる客

床下に潜む招かれざるお客さん!?

 

彼らは木を主食としています。

食事をするとこんな感じになります。

 

P1140544

 

床下を徘徊したら彼らを発見しました!

 

P1140715

 

わかりにくいかもしれませんが白い物体がウヨウヨ動いています。

 

その名も「しろあり」です!!

 

彼らを野放しにしていると家が傾くことも!?

 

白蟻退治も行っている美和建装でした。

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 


職方会。

美和建装では月に一度職方勉強会を開いています。

 

今回の内容はマナーについて、クレームになりやすい事など

を話し合いました。

 

P1140724

 

P1140723

 

お客さんから今以上に満足していただけるように、このような

会を毎月やっています。

 

現状にうぬぼれ満足していたらそこでお終い。

 

「もっともっと」を求め続けていきます(*^^)v

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ