最新記事一覧

雨の種類

どうも!川出です。

日本には雨にまつわる言葉が非常に多くあります。

五月雨(さみだれ)、霧雨(きりさめ)、村雨(むらさめ)、時雨(しぐれ)

氷雨(ひさめ)、俄雨(にわかあめ)、夕立(ゆうだち)、梅雨(つゆ)

雨声(うせい)、天照雨(さばえ)、紅雨(こうう)・・・

とまぁ、雨の降り方一つとっても様々な表現がされています。

それだけ日本人にとって雨というのは生活に非常に大きな影響を与えていたと

考えられます。

 

それぞれ各国の文化に影響が大きいものほど

それにまつわる言葉が増えます。

例えば中国では、馬の表現に非常に多くの言葉があります。

前足が白い馬は「騱」、ベージュと白が混じる馬は「駓」、

尾の付け根が白い馬は「騴」、尾が真っ白なものは「駺」・・・

と、細かく分類され、その数は百近くまであるそうです。

(現代の中国ではほとんど廃れ、あまり使われていないそうですが・・・)

古代中国では今で言う車の代わりに馬が使われていたため

それだけ種類が増えたと考えれば、ある意味納得かもしれません。

(今の車でも「クラウン」「カムリ」「フェラーリ」など

数百種類以上ありますもんね)

 

日本は農耕民族であったため、それだけ雨に敏感だったのでしょう。

今ではあまり歓迎されない雨ですが、

雨ならではの情緒を楽しめたらいいですね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


雨の日の塗装はなぜできないか

どうも!川出です。

じめじめした日が続いていますね。

塗装業者としてはこういう日が続いてしまうと困ってしまいます。

なぜ、雨の日に塗装ができないかというと、

 

①塗料が渇きにくい

湿度が高いと塗料の中の水分が揮発しにくくなり、

渇きにくくなります。さらに、雨が降っている日は

雲で日光が遮られ、気温も上がりにくいので

余計に塗料が渇きません。

 

②雨で塗料が流れる

塗料が渇いていない部分に雨水が当たってしまうと、

塗料が雨水で流れてしまいます。

見た目的にはわかりにくいですが、流れてしまうと

塗膜が雨水に当たっていないところに比べ薄くなります。

塗膜の厚みによって塗装の寿命は大きく変わります。

結果、塗膜の厚いところ、薄いところがまだらにできてしまい

見た目的にも良い塗装ができません。

 

③塗料の効果が発揮されない

これは塗料が乾かないということにもつながりますが、

しっかり乾燥できないうちに上から塗料を重ねてしまうと

後々塗膜がベロンと剥がれてしまったり、ひび割れが発生してしまう

ことがあります。

また、塗料が雨水と混ざって薄まり、本来の性能が弱くなります。

 

このようなリスクが大きいため、雨の日は基本的に塗装作業は

行うことができません。

梅雨時に工期が延びてしまうのはこのためですね。

 

屋内やマンションの廊下の壁などは塗装を行うことがあります。

雨水が当たらないような場所であれば、しっかりと乾燥時間を

設けることができれば塗装を行えるためです。

しかし一般宅の塗装の場合は、絶対に雨水が当たらないような場所は

なかなかありません。

そのためマンションやビルの塗装にくらべ、一般宅の塗り替えは

天候によって工期の変動が大きくなります。

時期によっては大幅に工期が遅れてしまう事がありますが

天気は我々では操作ができない部分になりますので

御容赦頂ければと思います。

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


住宅のセカンドオピニオン

どうも!川出です。

先日健康診断がありました。

体重、体調ほとんど変化が無く、視力が両目とも0.1、

去年よりも上がってました。なんで上がったんだろう・・・。

 

セカンドオピニオンという言葉が一時期流行りましたが、

その意味はご存知ですか?

これは「今かかっている主治医以外の医師に意見を求める」という意味で、

一つの病院だけでは思い込みなどで見逃してしまう病原でも

二つの病院で診てもらえば見つけやすいため

第二のかかりつけ医を持ちましょう、ということです。

 

これは住宅メンテナンスなどでも当てはまります。

近頃弊社にも

「訪問業者から『ここが劣化している』と見積もりをもらったが、

念のため美和建装さんにも見てもらいたい」

というお問い合わせが増えてきました。ありがたいことです。

雨漏り補修など原因の特定が難しいものはもちろん、

出された値段が適正なのか、その工法が適正なのか

確認をする為にも、とてもいいことだと思います。

 

今では無料見積もりは当たり前の世界になっています。

「見てもらうだけになってしまうかも・・・」と遠慮せず

お気軽にお問い合わせくださいね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


キノコの家具?

どうも!川出です。

イギリスで、キノコを使った家具が開発されつつあるようですね。

これは、使わなくなった木片と、キノコの菌糸を混ぜることで

菌糸が木片同士をくっつける接着剤の役割を果しながら成長します。

あらかじめ型の中に入れておけば、その形に沿って固まるので

照明のシーリングや、椅子の天版などにも使えるそうです。

 

臭いは甘い紅茶のような香り、手触りはベルベットのような感触

なのだそうですが、もし実用化ができればプラスチックに代わる

究極のエコロジー素材になりそうですね。

成型するのも、完成するまでに2週間ほどかかるようですが、

型に合わせて菌糸をつけた木片を入れていくだけで

後は菌が勝手に成長をして作成してくれるため

生産コストも低くなりそうです。

 

疑問点としては、時間がたった場合、菌が成長しすぎて

形が変わったり胞子を排出しないのか、着色はできるのか、

耐久性はどのくらいあるのか、といったところでしょうか。

 

子供のころ、メルヘンな絵を描く時にキノコの家を書いたりする子がいましたが

もしかしたら実際にキノコでできる家が作れるかもしれませんね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


塗装シーズン始まりました

こんばんは。蟹江です。

最近なかなかブログの更新ができておらずお久しぶりです。

 

さて見出しの通りとうとう塗装のシーズンが訪れました!!!

 

といっても世間一般で3月~6月、9月~12月が塗装の人気シーズンと言われていますが、

実際は施工の方法さえ守っていればどの季節で塗装をしても基本的には問題はありません。

 

強いて言うなら真冬の塗装は避けた方がよいかと思います。

一般的にはメーカーの施工基準としては、湿度が75%以上、気温が5度以下は上塗り塗装が不向きとされています。

(※メーカーによって多少の違いはあるかもしれません。)

仮にそのタイミングで上塗り作業を行うと色艶が飛んだりする可能性が出てきます。

※美和建装ではそういった時間帯の上塗り作業は行っていませんので安心して下さい^^

 

今後外壁塗装をご検討の方はひとつ頭にいれておくといいかもしれませんね!

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

 


カビが増える季節

どうも!川出です。

雨が降る日が多くなりましたね。

こんな時に気をつけたいのがカビ。

外壁にもカビが繁殖します。

 

もちろん、見た目的に悪いということもありますが、

カビが繁殖をするということは水分がそこに留まっている、

つまり、外壁塗膜の防水性能が落ちてきている事を示します。

ひいてはひび割れや雨漏りが発生する可能性があるサインでもあります。

また、一度カビが発生した場所は綺麗に掃除をしたとしても

またカビが発生する可能性が高いです。

日当たりが悪い、近くに水場がある、風が通りにくいなど

カビが発生しやすい環境の場所である可能性が高いためです。

 

もちろん、「じゃあ環境が悪いから場所を変えよう!」と

簡単に移動できるものではありません。

そんな時には防カビ性能の高い塗料を使用すると良いでしょう。

「防カビ性能が高い」と言われても、どれが高いのか分からない・・・。

という疑問が浮かぶと思いますが、基本的には

対応できるカビの種類が多いものが防カビ性能が高いと考えて

問題無いでしょう。

 

住宅に繁殖するカビの種類は主に57種類。

これらに対応していれば住宅用の防カビ塗料と言えますが、

中にはこの57種類を含む500種類のカビに対応している防カビ塗料もあります。

ちなみに「防かび剤」とは、カビの発生・成長を抑制する効果はありますが

殺菌効果は無いため、既存のカビを無くす効果はありません。

防かび剤を塗布する前に、高圧洗浄や殺菌剤でカビを除去してから

塗布するようにしましょう。

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 

 


知ってると便利?DIYの豆知識

どうも!川出です。

日曜大工という言葉がDIYという言葉に代わって

広く浸透してきましたね。

ホームセンターに行ったら必ずDIYコーナーがあります。

 

そんなDIYをする際に役立つ豆知識を今回はお伝えします。

 

・板を割らずに釘を打つ

釘を打ち込む際に、板が割れてしまうことがあるかと思います。

これは釘の先端が鋭すぎるため、打ちこまれる時に

木の繊維を左右に押しのけながら入るために割れてしまいます。

そんな時は、釘の先端を軽く叩いて、釘の先を少しつぶすと

板が割れにくくなります。(その分叩く力が少しいるようになりますが・・・)

 

・ベニヤ板を綺麗に切る

ベニヤ板をのこぎりで切断すると、端が毛羽立ってしまいます。

これはのこぎりの刃が互い違いになるように少し左右に開いているために

端っこが刃に引っかかってしまうためです。

(この刃の左右の開きを「あさり」と言います)

このアサリがあると、太い物を着る時に、のこぎりと木材の間に

隙間ができるため、木屑が外に出やすくなる、木材とのこぎり本体の

摩擦を少なくするため切断がしやすくなります。

しかし、薄い物を切る時には端が毛羽立ち綺麗に切れません。

そんな時は切りたい部分にガムテープを張り、その上から

切るようにすると、毛羽立たず綺麗に切れます。

ちなみにこの「あさり」がないのこぎりもあります。

頻繁にDIYをする機会がある方は、そちらを購入されるのも手ですよ!

 

もうシーズンは終わってしまいましたが、お子さんの夏休みの

宿題などで使うことがあると思います。覚えて置くと便利かも?

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


放射冷却

どうも!川出です。

半袖では肌寒さを感じるようになってきました。

朝晩の冷え込みが厳しくなっています。

体調を崩さないように気を付けましょう。

 

夏に比べ、秋の気温差が激しくなるのは

湿度が下がり「放射冷却」が激しくなるためです。

「放射冷却」とは、例えば暖かい肉まんをそのまま

外に放置して置いたら冷めるように、

物質が周りの温度と同じになろうとして熱を放射する現象です。

夏場にも放射冷却は起きているのですが、

熱が宇宙に逃げるのを高い湿度や雲が防ぐため

夜でも気温が高くなります。

秋に差し掛かると湿度が下がり雲が少なくなるため

熱が宇宙に逃げやすくなり、昼と夜の気温差が激しくなります。

 

ちなみに風が強い日はこの放射冷却は弱まります。

これは風によって冷めた空気と暖かい空気が混ぜられるためです。

風が穏やかなほど寒く感じるのはこのためです。

湿度が高いほど放射冷却も弱まるため

また、水も空気に比べ放射冷却が起こりにくいので、

内陸に比べ海岸沿いの方が気温の変化が少なくなります。

 

気温の変化が激しいと体調を崩しやすいです。

寝る時は体を温かくして寝るようにしましょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


神無月

どうも!川出です。

雨粒が冷たく感じるようになってきましたね。

もう本格的に秋になってきました。

9月ももうすぐ終わりですね。

 

10月は旧暦で神無月と書きます。

これは、10月に神様が出雲に集まって

一年の会議を行うためといわれています。

そのため、神々が集まる出雲では「神有月」といわれるそうです。

とはいえ、土着神などはそのまま残っているなど

地方によってさまざまのようです。

 

ちなみに「出雲大社」の正式名称はご存知ですか?

「いづもたいしゃ」と読まれる方が多くいると思いますが

(これも間違いではないですが)

正式には「いづもおおやしろ」なのだそうです。

これは明治維新の際に「近代社格制度」という

神社の格付けが行われた際に、日本で唯一出雲大社だけが

「大社(おおやしろ)」を名乗ることが許されました。

つまり、大社は神社の階級を表しているわけですね。

 

ちなみに出雲大社に祭られている神様は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。

「護国の神」「農業の神」「医学の神」「商業の神」と

万能な神様です。中でも「縁結びの神」としても有名で、

これは男女限らず人間同士の縁を取り持つといわれています。

北の国でなにやら物騒なことが多いですが、

機会がある方はぜひ出雲大社でお祈りをしてみましょう!

 


シロアリに要注意!

どうも!川出です。

近頃雨が良く降りますね。気温の変わり目には

雨が降りやすくなります。

体調も崩しやすくなりますが、お変わりはないでしょうか。

 

この時期、群飛により飛来したシロアリが定着を始める時期になります。

また、シロアリは水分さえあれば家材を食材にし、

どんどん数を増やしてしまいます。

つまり、雨が良く降るこの時期は気温も上がり過ぎず

水分も沢山と、とても活発に動きやすくなる時期でもあります。

とくに雨漏りをしてしまっている家は、雨漏りの水分を辿って

家屋に浸入、繁殖しやすい条件が整ってしまっています。

もしも雨漏りに気付かれた方は、合わせてシロアリの点検も

行った方が良いかもしれませんよ!

※お勧めのシロアリ駆除方法

http://www.miwakenso.co.jp/sales-blog/?s=%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%AA

※雨漏りに関する情報ならこちら!

http://www.miwakenso.co.jp/sales-blog/?s=%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E3%82%8A

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ