最新記事一覧

塗料をこぼした場合あれこれ

どうも!川出です!
今週は工事の終わったマンションにて、塗装の手直しに伺ってまいりました。
初めて一人での手直しにちょっとドキドキしながらでしたが、なんとか塗料もこぼさず
手直しができたと思います。

さて、皆様も塗料をこぼしてしまって「あっちゃ~・・・」ってなった経験ございませんか?
そこで登場するのがシンナー!これさえあれば大抵のペンキなら簡単に落ちてしまいます。
そんなシンナーですが、種類が結構あるのってご存知ですか?

代表的なものが2種類。
塗料を薄める塗料シンナー
塗装を溶かすラッカーシンナー(本当はラッカーという種類の塗料を希釈するシンナーですが・・・)

大抵は塗料シンナーで落ちますが、しつこい場合はラッカーシンナーを使います。
しかし、これは溶解力が強いので、下の塗装まで禿げてしまう可能性があるのでご注意を。
また、ボテっと山になるように垂らしてしまった場合、乾燥するのを待って
金属のヘラか何かでこそげ落とすというのもいいですよ。
その場合下に傷をつけないように丁寧にこそげ落としてあげてくださいね。
意外なものではガソリンなんかを使っても綺麗に落ちます。
綺麗に落ちて乾燥も早いですが、ご存知の通り火気厳禁。
タンクに保管をする場合には危険物取扱免許が必要になってきますし
何より危険ですのでこれはあくまで豆知識として。
車に給油してこぼした場合、ちょっと気になる車の汚れ等ガソリンをふき取った布で拭いてみると
結構綺麗に取れたりしますよ!

ちなみにシンナーでふき取った後のにおいが気になる方。
空気清浄機を使われるのもいいですが、除湿機を一回使ってみてください。
においの気になる部屋で一時間ほど動かすと、あっけないほどにおいが取れますよ。

また、シンナーを使う際には十分な換気と、火気厳禁。
可燃性ですので十分火には注意してくださいね!

空気が乾燥して火事が多いこの季節。火の取り扱いにはご注意を!


寒い季節

どうも!川出です。

 

最近寒い日が続いておりますが、皆様体調の方はいかがでしょうか?

 

冬は我々塗装業にとって非常に厳しい季節になります。

 

寒さで手がかじかんでうまく作業が・・・

 

ではなく。

 

塗装作業の上で非常に重要なものとして、インターバルというものがあります。

 

インターバル。直訳すると「合間」になります。

 

しかし、塗装業においてのインターバルとは、「塗料の乾燥時間」にあたります。

 

塗装の基本は三回塗り。そしてこの時塗料を一回塗るたびに乾燥させ、その上に

 

塗り重ねる作業を行うのですが、この乾燥時間が非常に重要なんですね。

 

これが冬だとなかなか乾かない!作業が進まない!

 

そこでインターバルの時間のサバを読む業者さんがいらっしゃるようです。

 

皆様の中でも接着剤が綺麗に引っ付かなかった経験がある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな時は説明書をよく読んでみてください。その中に「薄く塗布した後、5,6分乾燥させてください」

 

と書いてないでしょうか。これを守らずにくっつけてしまうと、簡単にはがれてしまうのです。

 

塗装でも同じことが起こります。

 

インターバルの時間を守らないと、きちんとくっついてくれなくなってしまうんです。

 

今、塗り替えをご検討中の方。業者の方にインターバルの時間を聞いてみてください。

 

きちんと返答してそれを守る業者さんであれば、しっかりとした塗装をしてもらえることと思います。

 

業者さんを選定する一つの目安になると思いますよ!


塗装で環境対策?

こんばんは池田です!

タイトルはどういうことなのかというと

これです!

温暖化防止とヒートアイランド対策と書いてあります。

これはどういうことなのかというとこれを屋根に塗って頂く事によ太陽熱を部屋に通りにくくし夏場の冷房の消費量を減らすということなのです。

なのでその横に書いてあると省エネに繋がるわけですね!

外壁用にも同じく遮熱性のある塗料もありますがやはり太陽熱を一番受けるのは屋根だと思うのでこういったものを試してみてはいかがでしょうか?

また屋根は雨を一番受けるため塗料自体も劣化しやすいのでそれを保護するっていう意味でも屋根の塗り替えは大切なことであります。

おまけではありますがけっこう前に自然塗料について書いたと思いますが今日はまた別のメーカーの製品を紹介したいと思います。

その名もオスモカラー!!なんかコスモを感じますね・・・

これはドイツの会社の製品です。

なんとこの塗料撥水性耐水性があるの塗った木材が呼吸できるのです!

矛盾しているように見えるこの関係ですが液体は弾いて空気は通せる塗料なのです。

どういうことかというと紙おむつをイメージしていただくと分かりやすいそうです。

私もいろいろこの塗料について調べていて凄く分かりやすい例えだと思いました。

塗料でそういうことが出来るなんてこの仕事に就いていなければ一生知ることなかっただろうなぁ・・・と深く思いました。

まだまだ塗料の面白いことがたくさんあるので今後も書いていきたいと思います。


謹賀新年

あけましておめでとうございます!火曜日担当の川出です!お久しぶりです!
皆様有意義なお正月を過ごされましたでしょうか。
私はもっぱら寝正月・・・。
なにもない正月が良い正月とは言いますが、日がなTVを見てゴロゴロしておりました。

さて、我々美和建装メンバーは、年初めにお千代保稲荷さんへ参拝。
油揚げとロウソクをお供えして参拝した後、名物の串カツを頂いてまいりました。

仕事始めの企業様も多かったようで、かなりの賑わいでしたね。
さすが商売繁盛の神社だけあり、すれ違うたび
「美和建装さん!本年もよろしくお願いします」m(_ _ )m
と、関連企業さんとご挨拶。
雰囲気も相まって大変おいしく串カツを頂きました。
おいしい串カツもいただき、たっぷり休養をとらせていただきましたので、
気合たっぷり、頑張らせていただこうと思います!
本年もよろしくお願いいたします!


セメント!

新年あけましておめでとうございます!

お久しぶりの池田です。

皆様はどのような年末をお過ごしでしたでしょうか?

前回の川出さんの記事に風邪を引いたと書いてあったとおり熱が39度出てしまいインフルエンザかと思ったらどうも違うらしく最近流行ってる感染症と言われてしまいました。

胃腸炎も併発してしまいクリスマス~お正月は抗生物質を飲みながらダウンして年越しをしました。

社会人として体調管理が出来ていないということを体感し未熟だなと思うと同時に社会人失格だと思いました。

まだまだ寒い日が続くので手洗いうがいを必ずして変な病気にならないよう気をつけます。

今年はいろいろと自分の中でやらなければならないことが多く今までの人生で一番やりがいのある年になると思っております。

さてタイトルのセメントについてです。

セメントに水を混ぜるとノロというものになります。

強度はないけどきめが細かいです。

セメントに砂を混ぜ水で練りこむとモルタルになります(1:3)

セメントに砂と砂利を混ぜ水で練りこむとコンクリートになります(1:3:6)

コンクリートは強度をあげたい場合(1:2:4)にすると強度があがります。

これがセメントです!

手で触ってみるとこんな感じです。

今日は準備だけだったので実際に混ぜた写真はありません・・・

混ぜるところに同行させて頂いたらそのとき写真をうpしますね!

今年も美和建装をよろしくお願いします。


良いお年を!

どうも!川出です。
今年も残り一週間を切りました。美和建装も明日は大掃除なので、今日で仕事納め。
皆さんはどんな一年でしたか?

私にとっては激動の一年でした。
なによりも大きな出来事が美和建装に入社できたこと。
まったくの未経験、知識ゼロからのスタートですが、社長、先輩、お客様、いろんな方に
教えていただきほんの少しずつですが知識が増えてきているように思います。
まだまだこれから、ではありますが、来年は一層の努力と勉強で
皆さんの期待に応えられるよう精進していきたいと思います。

ちなみに池田さんは風邪をひいてダウンしてしまいました。
気温が低い日が続いております。皆様も体調には気をつけて
良い新年を迎えられることをお祈りいたします。
では、良いお年を!


どんな時が塗り替え時期?

どうも!川出です。

皆さんはどんな時にお家の塗り替えを検討されますか?

お家の配色に飽きてきた時?

ちなみに私は・・・この業界に入るまで一切考えたことがありませんでした(汗)

持ち家でないということもありますが、塗装の重要性が全く解っていなかったことが

大きな原因です。

お家を長持ちさせる重要な役割を担っているとはつゆ知らず、「配色に飽きた時かなー?」

なーんてことを考えておりました。我ながらお恥ずかしい・・・。

では、どんな時が塗り替え時期なのか。

それは、塗装が家を保護する効果が薄れてきたときです。

雨漏りはもちろん、壁を触って指に色がつく、壁にヒビ(クラック)が入っている、

色があせてきてしまっている、などですね。

ヒビが入ってしまっているのは見た目としても危ない、というのはわかりやすいですが、

触って指に色が付いてしまったり、色あせてしまっているくらいなら

別に問題ないんじゃないの?と思ってしまいがちです。

ですが、これは塗装の保護効果が落ちてきてしまっているサインなんです。

放っておいてしまうと、壁が反り返ってしまったりして壁全面貼り替え!なんてことにも

なってしまいます。

もしも気になる点がありましたら、お気軽に声をかけてくださいね!


つやっつや!

どうも!川出です。
塗装の仕事に携わっていると、ペンキの種類の多さにびっくりしましたけど
同じ塗料でも艶なし、三分艶、半艶、7分艶というものがあることに気付きました。
これは一体何が違うんでしょう?
もちろん艶がないのと、ちょっと艶があるのと、もうちょっと艶があるの、という
感覚的なものはわかりますが、同じ材料でなぜ艶があるのとないのがあるのか・・・。

これは艶消し材というものの配合によってきまるそうです。
つまり、ペンキはもともとつやがあるのが基本なんです。
そこに、「あんまりテッカテカなのは嫌だ」ということであれば、この艶消し材を入れて
艶をなくす、ということなんですね。
艶ありも艶なしも、もともとは同じ材料で、艶消し材を入れているかいれていないか
の違いだけなのだそうです。

じゃあこの艶消し材って何ぞや?
これは、ペンキを塗ることでできた滑らかな塗膜の表面を、あえてザラザラにする材料です。
艶なしの塗料は表面を荒く仕上げる形になるので、艶のあるペンキに比べると
耐久性などが若干落ちてきてしまうので、長く綺麗に保ちたい個所は
なるだけ艶ありを選んだほうがいいようですよ?


テスト

JQ196_72A


投稿テスト

JQ200_72A


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ