最新記事一覧

異物混入の危険!?

どうも!川出です。

今回私はパン工場の内部の塗装の見積もりを出させていただきました。

食品を扱う工場なので、塗装をする間は当然休業していただくことになりますし、

機械に塗料が飛んでしまうととんでもないことになってしまいますので、

養生などもしっかりしなければいけないなど、気をつけなければいけない事が

沢山あります。

特に一番怖いのが製品に異物が混入してしまうこと。

 

某Mドナルドさんでも大騒動が起こっておりましたが、塗装に関して言えば

経年劣化による塗料のはがれが懸念されます。

とくに工場となると、そうそう簡単に塗り替えも行えないので、

はがれにくく、対候年数の長い塗料が条件ということになりますね。

 

そこで私が提案させて頂いたのが、アステックのEC-2000。

この塗料は非常に弾性が高く伸びてくれるので、ボロボロ塗装が

剥がれ落ちるといったことを防いでくれます。

また、防カビ剤が非常に優秀で、対応している菌の数が

通常の防カビが3~6種にしか対応していないのに対し、なんと500種の

菌に対して効果のある塗料となっております。

 

もちろん一般の住宅にもご利用できる塗料となってますので、

壁のひび割れが気になっている方、日蔭の壁にカビや藻ができて困っている方

に特に自信を持ってお勧めできますよ!

 


長期新人研修修了 その②

こんばんは池田です。

 

前回同様どんなことをやってきたのか振り返ってきたいと思います!

 

研修3日目

 

不在会話について勉強をしました。

 

自分が発した言葉に対してお客様がどう思うのかを考え対応するというとても難しいこと勉強しました。

 

この研修でこの講義を受けるまであまり気にしていなかったことだったので確かに重要だなと実感しました。

 

対応力が必要となってくるのでまだまだ自分のレパートリーの少なさというのを思い知らされた日でした。

 

研修4日目

この日は営業同行ということで私は工事部の高田さんと阿部さんに同行させて頂きました!

 

瓦と言ってもパミールという塗装が不可能な瓦などがあるということを教えて頂きとても勉強になりました。

 

これを知らずに提案していたら・・・と考えると恐ろしいです。

 

また工事部のお二人にお昼に有名なお店に連れて行って頂きました!

image1(3)

 

工事部のお二方と同行した過去の研修生もこのかき揚げ丼にチャレンジしたみたいです。

 

次はだれがチャレンジするのかとても楽しみです(*^_^*)

 

 

 

その③へ続きます!

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


楽天的と楽観的

どうも!川出です。

私は、朝出社した際に必ず行うことがあります。

会社の社訓を読むことです。

その中の一つに「物事はすべて前向きに考える」というものがあります。

カッコよく英語で言うと、ポジティブシンキングって奴ですね。

 

似たような言葉で楽観的や楽天的という言葉があります。

ちなみに皆さん、楽天的と楽観的の違いってわかります?

 

楽天的・・・物事にくよくよしないでいつも明るいほうに考えていくさま。

楽観的・・・物事をうまくゆくものと考えて心配しないさま。

 

つまり、楽観的は「まーなんとかなるだろう」という考え方。

楽天的は「これだけやったのだから、きっと大丈夫」という考え方。

楽観的というと、いいのか悪いのか解りづらいですが、楽観視、と言うと

途端に甘く見ていた悪いイメージがはっきりしてきます。

 

昔、アドラーという心理学者が

楽観的であれ。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、
今現在の「ここ」だけを見るのだ。

という言葉を残していますが、楽天的、と訳した方がしっくりきますね。

(楽天的も楽観的も、英語ではどちらもOptimisticとなります。)

 

つまり、楽天的に、ポジティブシンキングになるためには「きっと大丈夫」と思えるだけの

「努力」が必要な訳です。ここがなければポジティブシンキングではない、というか、

シンキング=考える事自体を放棄しているので、ポジティブなだけということになります。

 

こうやって考えるとポジティブシンキングってすっごく難しく思えてきてしまいますが、

簡単にいえば「今、自分ができることを精一杯やろう!」ということなのだと思います。

近頃、まだまだ自分は精一杯やれていないんじゃないかと多く感じられるので、

明日からポジティブシンキングで頑張ります!

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


長期研修終了!その1

こんばんは池田です!!

 

14日間の長期新人研修が修了しました!

 

とても楽しく充実した2週間でした。

 

皆川先生、秘書の白石さん、飯田さん 研修センターの皆様ありがとうございました!!

 

そして同期の加藤さん、小宮山さん、中野さんこれからも盛り上げて生きましょう!!

 

振り返ってみたいと思います。

 

何回かにわけて更新していきます( ‘-^ )

 

初日

 

初日は自己紹介と懇親会で終わりました。

 

自己紹介はすごく緊張してあまり上手く話せなくてだめだめだったのを今でも覚えています(笑

 

 

2日目

 

本格的に研修が始まりました。

 

まずは素材の根本的な数字を叩き込むことから始まりました。

 

長々と説明するより数字をバシッと入れることが大切だと実感しました。

 

ある程度浅井さんにこれは覚えておいたほうがよいというものの資料を頂いていたので、基本的なことを頭に入っていたので少し心に余裕がありました。

 

それでも油断せずに必死に反復しました。

 

周りに絶対に置いていかれるわけにはいかないという意地というか意識をしていました。

 

少しでも先に行きたいと思っていました(笑

 

 

 

そういえばこの前資格試験を受けたのですが無事合格していました!

unnamed


積雪注意!

どうも!川出です。

今日は岐阜の山県市へお伺いをしたのですが、道中風が非常に強く、

何度もハンドルを取られそうになりました。

そうこうしている内に雪まで降り出してしまい、大雪になりそうな

勢いで降っております。(現在進行形)

この分ですと、明日の朝には一面真っ白になっていそうですね。

 

屋根に雪が積もると、大量に積もった場合、落雪の危険があります。

大雪が降る場所だと雪の重みで天井が潰れてしまうケースもあります。

そこで、屋根にフッ素塗料を塗布していただくと、親水性が高いので

屋根に雪が積もりづらくなります。積る前に滑り落ちてくれるわけですね。

また、耐久性にも優れており、汚れも付きにくく、長く屋根を守ってくれます。

これに遮熱機能を持たせた塗料を使っていただければ、夏は温度が上がりにくく、

冬は雪が積もりづらい屋根ができるので、非常にお勧めできると思います。

 

ただし、豪雪地帯などにおいては雪質によって、かえって落雪の音が大きくなって

しまったりするケースもあるようなので、一度ご相談いただければと思います。

 

屋根の塗り直しをご検討中であれば、一度ご検討頂く価値は十分にあると思いますよ!

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


花粉注意報!

どうも!川出です。

今週は、3月7日に藤浪防災コミュニティーセンターで行われる、塗り替え体験会の

チラシを配っておりました。2時間で塗り替え工事の事が丸わかり!

満足できる塗り替え工事をする為に、覚えておきたい8大ポイントを知ることができますよ!

 

・・・というわけで、セッセセッセとチラシを配っておりましたが、

近頃マスクをされている方が非常に多くいらっしゃいます。

私は非常に鈍いせいか、花粉症とはまったく無縁の生活を送らせて頂いておりますが、

花粉症のひどい方には辛い季節ですね。

花粉症というのは、体内に入ってしまった花粉に対して体が過剰に反応する結果

起こってしまう症状だそうで、一度発症してしまうとなかなか治らない、

また、発症する時はいきなり発症するそうです。

抗ヒスタミン剤など、体が過剰に反応するのを抑制するものはありますが、

根本的な治療法というのはないというのが現状だそうで、

毎年「あれがいい」「これがいい」というのが、もはや風物詩みたいに話題に上がっております。

 

今年のブーム(?)は、舌下にスギ花粉を薄めた液を垂らす治療法だそうです。

一年間これを続けていると症状の軽減が期待できるとか。

今や日本人の25%が花粉症という時代。

早く根本的な治療ができるようになるといいですね!


研修

こんばんは 池田です。

 

昨日は中間試験ということで研修も大詰めとなってまいりました!

 

素材などの虫食いテストではなく全部空白のテストでした。

 

実際やってみると書き忘れている部分があったりと凡ミスなどをしていて反省し帰ってから復習をしました。

 

覚えてるつもりでもテストとなると緊張し書こうと思ってたことが飛んだりしてしまったのでそのあたりを改善していかないと営業としてダメだなとも実感しました。

 

今日は市民講座に同行させていただいたあと、アパートの塗り替えの方の打ち合わせに参加し何か所か動いている現場を見させていただきました。

 

明日はCADの講習なのでがんばっていきます!


トンネルを抜けると、そこはサバンナだった

どうも!川出です。

先週アポイントを取らせて頂いた建築屋さんから、お見積もりの依頼を頂くことができました。

非常に嬉しいのですが、それ以上に何をどうしたらいいのかわからない。

 

いや、基本的な事はわかったつもりでは、いたのです。

積算をして、塗布面積を出して、材料費を計算して、どうですか?という提案をする。

でも、知っているのと実際にやるのは全くの別物で

ひび割れの部分はどうするのか?

膨れのあるところはどうするの?

業者さんはどこに頼むの?

見積もり提出は何日くらいかかる?

天井と壁は同じ塗り方してあったけど、本当に下地は同じ?

玄関枠は本当に鉄だった?

本当にその積算は合ってる?

心情的には普通に街を散歩していてトンネル抜けたら、なぜかサバンナのど真ん中に出たような感覚。

 

わかった『つもり』でいたのは、本当に『つもり』だけでした。

それでも、沢山の業者さん、先輩上司、事務員さん、社長に何度も何度も助けられ、

お客様にもいろいろとご迷惑をかけながら、なんとか見積もり作成までこぎつけました。

深く深く感謝です。

このご恩を返すためにも、今回の経験を自分の知識として生かしていけるように、

早く一人前の営業マンになるぞ!

 


折り返し

こんばんは池田です。

 

今日はお休みでした!

 

湘南台に来て1週間が過ぎました。

 

もう1週間!?とすごく時間が早いことに驚きを隠せないです(ー_ー)!!

 

ただ1週間経ったのにこのあたりあまり散歩していなかったので今日は少しふらふらと散歩にでかけました。

 

花粉症の私はもう鼻水が止まらなく大変なことになってしまいました(笑

 

でも花粉症になるってことは春が訪れているってことですよね。

最近とても暖かくすごく快適な気温でうれしいです。

 

さてこの2週間の研修も折り返し地点です。

 

やはり最初のころに比べると研修内容も難しくなっており復習の日々でございます。

 

明日はテストがあるので満点目指してがんばりたいと思います。

 

 


テレアポマン

どうも!川出です。

 

今週は私、建築屋さんにテレフォンアポイント(通称テレアポ)をして

新規開拓の営業を行っておりました。

とにかく「でんわをしなければっ!」といきごんだのはいいですが、

最初に何をしゃべったらいいのか、整理していないまま電話をかけてしまい

 

あああの美和建装の川出と申しまして、えー、塗装をやらせていただいて

おりまして、え?あ、いや、舗装じゃないです。塗装です。塗装。と・そ・う。

えー。ペンキ屋です。えー、おおお見積もりだけでもですね?

出させていたられればと思いましてたた担当者しゃまはいらっしゃいますか!」(早口)

 

・・・と、まぁ、見事なまでにしどろもどろな電話を掛けまくる不審人物の完成です。

さて、なぜこのような事になってしまったのかを振り返ってみますと

事前準備ができていなかったんですね。

 

この場合の事前準備は「何をしゃべるのか」を紙に書いておくこと。

頭の中では「これをこう話そう」と考えていたとしても、そこは人と人との会話。

すべてが自分の想像通りには、会話は進みません。

そんな時、「こう返ってきたらこういう返事をする」というテンプレートを

作って置いておくだけでも、気持ちにゆとりができます。

しどろもどろになったり、早口になってしまうのは、気持ちにゆとりがないからです。

ゆとりのない人と話をしても、相手にはなかなか伝わりません。

そんな時のためにテンプレートを用意しておくとよいですね。

 

・・・というのが私が今まで習ったテレアポ営業の基本なのですが、

最近そこに疑問を持つようになりました。

テンプレート通りに話をしても面白くないんじゃないか

確かに返事に詰まって無言になったり、間違ったことを伝えてしまうのが

最悪な事ではありますが、それでお客様の言葉をちゃんと聞きとれるのか?

お客様の言葉をちゃんと聞いて、自分の頭で考えて会話ができるのだろうか?

普段の会話でテンプレート表を持っている人に、私は会ったことがありません。

 

テンプレートも大事ですが、自分が言いたいことを喋るのではなく、

まずはお客様の話を聞かせていただくという姿勢が大事なのではないかな?

と思いました。

来週もお客様(予定)との会話を楽しめるように、テレアポ頑張ります!


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ