なぜ塗装をしなければいけないのか?

どうも!川出です。

塗り替えを考えられるお客様に

「なぜ塗り替えを御検討されたのですか?」

と聞くと、大抵のお客様が

「見た目が悪くなったから」「汚れが目立つようになったから」

と答えられます。

しかし、「塗り替え」の本来の目的は建物を長持ちさせる

「保護」にあります。

いわゆる汚れや見た目が悪くなった、というのは

外壁の塗膜による保護が切れかけているケースが

多いので、見た目が悪くなったから塗り替え、というのも

あながち間違いではありませんが、実際には

もう少し早いタイミングで塗り替えを行った方が

結果的に建物を長持ちさせる事につながるかもしれません。

大体、塗り替えを行う目安としては10年を過ぎたあたり。

一般的に家屋を建てる際、外壁や屋根には塗装が

施されていますが、大体が「アクリル」や「ウレタン」

といった、比較的安価な塗料が使われます。

それぞれの塗料の耐候年数としては早くて4年、長くても

10年と言われています。ですので、10年を過ぎたあたりでは

塗装の効果がほとんど切れてしまっていると考えても

よいかもしれません。

また、外壁を触ると白い粉が付く症状は、塗膜の

防水効果が切れている証拠。

そろそろ塗り替えを御検討される時期に入っていると

考えられます。

外壁に1mm以上の幅の亀裂が入っている場合は

家屋の中にまで雨水が浸入している事が考えられます。

家屋の保護の基本は「防水」。いかに家屋内に

雨水を入れないかが重要です。

早めの塗装を御検討された方が良いでしょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ