3月

現地調査は時間がかかります

どうも!川出です。

外壁を塗るには最適の季節になってきた事もあってか

多くのお問い合わせを頂いております。

一軒一軒丁寧に調査を行っておりますので、

実際にお問い合わせを頂いてからしばらく

時間がかかる事がございますが、御理解を頂けると

ありがたいです。

 

先日、弊社の営業が現地調査に伺ったところ

「こんなに時間がかかるものなの!?」と

お客様に驚かれたそうです。

実際に現地調査を行う業者さんにもよりますが

話によると、早い業者さんであれば5分ほどで終わってしまうとか。

もちろん、調査時間が短ければ依頼主様の拘束される

時間も減りますし良い事なのですが、

屋根裏に上がったり、屋根の上に登ったり、

細かい部分の調査をしていると、どうしても

時間がかかってしまいます。

ただ単に塗るだけということであれば

図面を見るだけで塗る場所や面積などは解りますが、

実際にどの程度劣化しているのか、見えない部分に

劣化している状況が発生していないかは

目で見ないとわかりません。

 

我々は「住宅塗装はお家の寿命を延ばすための工事」と

考えています。

「塗ったはいいけど他の所から水が入ってきていた」

では、我々としては塗装の意味がありません。

住宅寿命を延ばすための塗装工事をお考えであれば

お気軽にお問い合わせくださいね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


力の向きで脆さは変わります

どうも!川出です。

暖かくなってきて、土筆が沢山生えてきていますね。

アスファルトの隙間などにも新しい植物が芽吹いています。

 

植物の根を張る力は非常に強く、薄いアスファルトなら

押し上げ、割ってしまいます。

これは、植物の根を張る力が強い事もありますが

アスファルト自体が下からの力に弱い、という事も関係しています。

アスファルトはたわみ性舗装といって、上からの圧力には路盤という

硬い土の層と一緒になって耐えるものの、

下からの力には弱いという特徴を持っています。

 

上からの力は下の土との間に挟まれる形になります。

この圧縮される力にはアスファルトは非常に強いのですが

折り曲げる力にはそこまで強くありません。

これはアスファルトに限らず、どんな物でも

力の方向性によって堅くなったり、もろくなったりします。

例えばコンクリート。

コンクリートは圧縮される方向の力には非常に強いです。

逆にひっぱられる力には弱く、ひび割れが発生します。

鉄は逆に引っ張られてもなかなかちぎれません。

しかし、圧縮する力には弱く、折れ曲がってしまいます。

この特性を上手に生かしたものが鉄筋コンクリートです。

引っ張る力には鉄が、圧縮される力にはコンクリートが

耐えることで強度が増し、地震などにも耐える強度が得られます。

しかし、どちらか一方でも強度が弱まってしまうと

途端に全体の強度が弱まってしまいます。

コンクリートも鉄も、水が大敵。吸水してしまうと

あっという間に劣化を起こしてしまいます。

どちらも劣化が進行しないように、

日頃からのメンテナンスが重要ですよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


夏涼しく冬温かくする断熱シート!

どうも!川出です。

すっかり春らしい気候になりましたね。

弊社の事務所の前の桜も満開です。

お花見をされる方も多いのではないでしょうか。

最近は花粉も多く飛んでいるようです。

花粉症の方はお気を付けください。

 

日中は日差しが強く、室内が暑く感じる日が増えてきました。

夏場になるとお家でも「2階は暑過ぎて登れない!」と

感じている方もいるのではないでしょうか?

室内の温度が上昇する熱が入る一番大きな場所は「窓」です。

(例えば屋根外壁全てトタン板で窓がほとんどありません、

というような倉庫のような建物は別ですよ!)

本格的に暑くなる前に、対策をすると良いでしょう!

 

一番お手軽なのは窓に断熱シートを張る事。

ホームセンターなどによく売られている、窓用の断熱シートを

貼るだけでも、室内温度はかなり変わります。

やり方も簡単で、まずは窓を拭いて綺麗にした後、

霧吹きで窓を水が垂れるくらいまで湿らして、

シートを張り付けていきます。

シートが完全に乾いたら完了です。

 

ちなみに、この断熱シートが使えない窓もあります。

例えば、中に金網が入っているガラスや

熱線吸収ガラス、真空二重ガラスなどは

それぞれの特性上断熱シートを張らない方が良い事が多いです。

貼る前に適したガラス窓なのか調べてからにしましょう。

 

上手に断熱シートを使えれば、夏涼しく、冬暖かい

快適な室内温度を保ちやすくなりますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


営業が満足できるプランとは?

どうも!川出です。

弊社では塗り替えの御提案をする際に、

通常3~5パターンのお見積書を提出します。

高耐久タイプ、防水タイプ、低価格タイプ・・・

などなど、様々なプランがあります。

どれも自信を持ってお勧めできるプランであり、

当然実際に塗り替えをされる方の意向が一番重要なのですが

中には

(この塗料で塗りたい・・・。

これだったら絶対満足できる・・・。

塗った自分が。)

というプランもあります。

 

これはもちろんそれぞれのお家によって変わりますが

ある程度の傾向はあります。

例えばモルタルの外壁であれば、ひび割れが起こりやすいので

ひび割れに強い防水タイプのプランだったり

日陰の部分にコケが発生してしまっているところであれば

超低汚染タイプや防カビタイプであったり・・・。

 

ここで言う我々が塗って満足できるプランというのは、

「とにかく金額が高いプラン」ではなく、

「自分の経験上、お客様に長く喜んでもらえるプラン」です。

今後も長い付き合いになるお客様に自分が担当した仕事で

喜んでもらえるのがやっぱり一番うれしいです。

もしもいろんなプランでどれにしようか迷ってしまった時、

営業にどれが一押しなのかを聞いてみるのもいいかも知れません。

おそらく目を輝かせながらお勧めの塗料について

語ってくれると思いますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


水性なのに水に強いのはなぜ?

どうも!川出です。

先日施工現場にお伺いしたところ、お施主様が

いらっしゃったので、軽くお話をさせて頂きました。

その中で、

「この塗料って水性なんでしょ?雨が降っても大丈夫なの?」

と、御質問を頂きました。

たしかに、水性ペン等は水に濡れるとにじみますし

水に弱いイメージがあると思います。

 

塗料の中身は大きく分けて4つ。

顔料、添加剤、樹脂、溶剤(希釈液)です。

水性か油性かというのは、この溶剤が水なのか

シンナーなのかという違いになります。

この溶剤の役割は、顔料や添加剤、樹脂を

混ざった状態で液状にすることです。

液体じゃないと塗ることができませんからね。

塗った後はこの溶剤が揮発してなくなることで

樹脂が固体になり、顔料や添加剤を固めます。

樹脂は水溶性ではないため、一度固まると

もう水に溶けることはありません。

 

「じゃあ、なんで水で薄めることができるのか」

という疑問が出てくると思いますが、

これは塗料が乳化しているためです。

乳化とは、本来なら混ざらない水と油が混ざった状態のことです。

よく料理をされる方はご存知かもしれません。

ドレッシングなどはお酢と油が混ざっていますが、

酢と油は本来混ざりあわないため、しばらく静かに置いておくと分離します。

しかし、激しく振ると水が微粒子化し、混ざり合った状態になります。

これが乳化です。

この乳化のことを「エマルジョン」といいます。

エマルジョンペイント、略してEPなんて言い方をしますが

これは水性塗料の事です。

なので、水性塗料もずっと放置をしたままだと、

分離して固まってしまいます。

 

水性は油性に比べて臭いがきつくないので

一般家庭の塗り替えなどによくつかわれます。

しかし、揮発性はシンナーより水の方が悪いため

乾燥時間をしっかりと取る必要があります。

乾燥する前は塗膜がしっかりと固まっていないため

雨水に流れたり、その上から新しく塗料を塗ると

先に塗った塗膜に含まれる水分が上手く揮発できず

不良施工になってしまいます。

施工をしてもらう際にはこの乾燥時間を

しっかりと取ってくれる塗装屋さんにお願いしましょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


中古住宅のリフォームがお勧め?

どうも!川出です。

最近弊社の社員が新しくお家を購入しました。

購入当初はウッキウキでしたが、実際のお引っ越しや

お家を建てる際の打ち合わせはかなり大変そうで

疲労困憊していました。

でも、「一国一城の主」になった充実感はありありと

感じているようで、うらやましい限りです。

 

今の日本は少子高齢化が進み、昨年初めて

総人口が減少をしました。

それに伴い空き家問題なども起こり、

今中古住宅に注目が集まっています。

私達も現場を回っている際に、空き家をよく目にします。

空き家の何が問題かというと、

・不法侵入や不法占拠により、犯罪の発生源になりやすい

・手入れがされないため、倒壊の恐れがある

・害獣、害虫の温床になる

等があります。

しかし、実際に解体をして空き地にしてしまうと

税金が最大4倍になってしまったり、宅地にできなく

なってしまったり、そもそも解体をするお金がなかったりと

空き家を抱えてしまっている方にも負担が大きいです。

 

国も対策を考えており、今では住宅ローンが非常に

金利が安く借りることができるのですが、中古住宅購入の場合

このリフォーム金額も住宅ローンと同じ低金利で

お金を借りられるようになっているようです。

これからマイホームを購入される方は中古物件も

視野に含めて考えてみてはいかがでしょうか?

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


白色で塗り替えする時にお勧めの塗料!

どうも!川出です。

日が昇るのが早く感じるようになりました。

塗装工事をするには絶好の日ですね!(何かを訴える目)

 

冗談はさておき。(あながち冗談ではないのですが)

外壁塗装をされる際に、白色を使われる方も多いと思います。

白色は清潔、純粋、清楚なイメージがあり、

どの色でも調和を取る事ができ、実際の大きさよりも

広がりを感じることができます。

しかし、白色は汚れが目立ちやすい、というデメリットもあります。

小まめに水をかけ流してあげればある程度の

外壁汚れは予防ができるのですが、それも面倒。

そんな方にお勧めなのが「超低汚染タイプ」の塗料です。

これは塗膜の表面に水になじみやすい親水性のある

塗膜を形成してくれる塗料です。

この塗膜が緻密に表面を覆ってくれるため、汚れが定着しにくく

また、汚れが付着しても雨水などとなじみ、汚れを浮かせて

洗い流してくれます。

また外壁に付着する汚れは熱を蓄えやすいのですが、

汚れ自体が付着しにくく、白色は光を反射し熱を吸収

しにくい色になるので、屋内に伝わる熱も少なくなります。

そのため、白色での塗り替えを検討をしている方には一押しの塗料です。

(もちろん他の色でもお勧めできますよ!)

同じ白色でも微妙に違う色などもありますので、

そちらについてはまた後日ご案内しますね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


雲雀の鳴き声

どうも!川出です。

もうすっかり春模様ですね。

ヒバリのような鳥の鳴き声が聞こえてくるようになりました。

 

ヒバリは漢字で「雲雀」と書きます。

主に草原や農耕地で生息しており、「春を告げる鳥」として

昔から親しまれています。

主に植物の種子を食べるのですが、クモなど虫なども食べます。

そのため、地表を歩いて回っていることが多いようですね。

非常にきれいな声で鳴いていますが、鳴いているのは

ほとんど雄だそうで、なわばりを主張するためだそうです。

 

昔は高さや鳴き声を競う「揚げ雲雀」といった遊びが

されていたそうですが、今では保護をするため、

愛玩としての飼育も禁止されています。

しかし、最近では農地も減り、背の高い草が生えている場所が

減ってしまっているため巣を作る場所も減っているため

世界的に生息数が減ってきてしまっているようです。

いつかはこの素晴らしい鳴き声も聞けなくなってしまうのかも

しれませんね。

 

古今東西を問わず、世界中で雲雀の鳴き声は愛されています。

イギリスではバイオリンで、雲雀をモチーフにした曲が作曲されたり

しています。

今後もその素晴らしい鳴き声が無くなっては欲しくないものですね。

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


間違いのない業者を探す方法!

どうも!川出です。

塗替えを検討される際に相見積を取られる方は多いですが

相見積を取った所、余計に訳がわからなくなってしまった

経験がある方はいらっしゃいませんか?

 

例えば電化製品などは、同じ商品であれば値段で決めることも

できますが、塗装工事は他の塗装業者さんと全く同じ提案を

することは少なく、値段だけで決めることができません。

更によくあるのが、実際に塗装する面積が会社によってばらばら。

ひどい時には、同じ施工場所でも2倍近く違うことも。

おそらくはどこか計測忘れがあったのだと思いますが、

かといって、そこに頼んで安く上がった!と喜ぶことはできません。

なぜなら、安くしてしまった業者も、その施工で利益を上げなくてはいけません。

そうなると必要な塗料の数を減らしたり、工程を減らしたりしなければ

ならなくなり、結果不良施工になってしまいます。

そうなると困るのが、依頼者であるお施主様になってしまいます。

 

こういったトラブルを避けるには、見積もりをした際に

「根拠のある説明をしてくれる会社を選ぶこと」

例えば塗装面積でも実際にCAD等で製図をして面積を出したり、

塗装費用に「一式」ではなく一つ一つ細かく明示していたり、

実際に見積もりをお渡しする時に、営業さんがそれぞれの明細に

細かく根拠に基づいた説明ができるようなところを選ぶとよいでしょう。

「なんとなく、今までの経験上こんな感じです」という業者さんと

「ここがこうなっているのでこうなります」という業者さんでは

どちらの方が信頼できるか一目瞭然だと思います。

「実際にあった時の愛想がよかった」など、うわべだけの

営業にごまかされないように注意しましょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


足場設置の際のお願い!

どうも!川出です。

春も近付き、塗り替えを行うお客様も多くなります。

ご近隣の方には、足場組み立ての際に大きな音を

立ててしまうので、ご迷惑をおかけしていると思います。

安全で確実な作業をする為には必要不可欠なので

ご理解を頂ければと思います。

 

一口に足場と言っても、いろいろな種類があります。

今主流になっているのは「ピケ」と呼ばれる

くさび型足場です。

カンカン音が出るのはこのタイプの足場ですね。

これは足場にくさびを打ち込み、固定するタイプで

時間がたっても緩みにくく、安定性が高いうえに

作業性も良いため、足場組み立ての日数を短縮することができます。

欠点としては、ある程度の広さが必要な事。

また、ハンマーで打ちこんで設置をする為

大きな音が出てしまう事ですね。

 

お隣さんと家屋の間隔が狭いと、このくさび型足場が

使えない場合があります。

その場合は、お隣の方にご協力してもらい

お隣さんの土地を間借りして足場設置するか、

単管ブラケット足場という

ボルトで固定をする別のタイプの

足場を用意する必要があります。

この単管ブラケットも入らないとなると、

単管足場という、二本の棒を渡しただけの

足場になってしまいます。

当然作業性も悪く、安全性は比べ物にならないほど

落ちてしまいます。

 

どんなお家でもいずれはメンテナンスが必要になります。

万全なメンテナンスを行うためにも、

なにとぞご理解とご協力を頂ければと思います!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 3123
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ