廃塗料の処分方法

どうも!川出です。

塗装業をしていると、余ってしまい要らなくなった

塗料が出てきます。

この塗料は下水や川に流したり、地面に撒いたりできません。

(聞いた話では、環境問題に関して緩かった

むかーし昔は建物の土台に塗料を流し込んで

処理をしていたとか・・・。今やったら大問題ですね)

基本的にはドラム缶に詰めて、処理業者さんにお願いをします。

 

年末大掃除もあり、大量に出てしまった廃塗料は

大きいバケットに詰めて、そこにコンクリート粉を流し込み

固めて廃棄処分をするのですが、なかなかこれが固まりません。

表面がカチカチになって「固まったかな」と思っても

棒を指してみると中が全然固まっておらず、

固まった部分をクワで掘ってみると、下から液状の塗料が

どっぷりと・・・。

今は毎日表面をクワで耕しております。

 

ホームセンターなどで売られている塗料も

キチンと処理をしなければ処分することができません。

今では固める商品や、分離させて可燃ごみと

下水に流せるものに分離する商品などもあります。

環境保護のためにもキチンと処分方法を調べて

正しく処理しましょう!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ