コーキングは増し打ち?打ち替え?

どうも!川出です。

外壁メンテナンスには、ALCなどの外壁材のほかに

コーキングのメンテナンスも必要です。

 

コーキングの役割は

・外壁材と外壁材の隙間から水が入るのを防ぐ

・地震などで家屋が揺れた時、ひび割れを防ぐ

という二つの役割があります。

 

コーキングをメンテナンスをする時に

「増し打ち」と「打ち替え」の2種類があります。

増し打ちは肉痩せした既存のコーキングの上から

新しいコーキングを足す事。

「打ち替え」は既存のコーキングを撤去し、

新しいコーキングを充填します。

基本的にはコーキングは「打ち替え」が望ましいです。

「増し打ち」は劣化し、硬化したコーキングの上から

新しいコーキングを充填するため、硬い部分が多くなり

しなやかさや防水性の上で、「打ち替え」には及びません。

しかし、打ち替えは既存の

コーキングを剥がす→ケレン→養生→コーキング充填→ならし

と、増し打ちに比べ手間が多く、使用するコーキング材も

多くなるため、かかる費用が多くなります。

そのため、コーキングを実施する場所や劣化状況によっては

「増し打ち」で対応した方がコストパフォーマンス的に上の時があります。

 

ただし、外壁材の隙間に充填するコーキングは絶対に

「打ち替え」がお勧めです!

「かかる費用を抑えられるから」と、外壁のコーキングも

「増し打ち」しないように注意しましょう!

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ