3月

温かい(暖かい)季節

どうも!川出です。

今日は3月31日。明日はもう4月。気温も昼間は上着が暑く感じられ、

車はクーラーをつけるほど暖かくなり、もうすっかり春ですね。

桜もほぼ満開です。お花見を計画されている方も多くいらっしゃると思います。

そういえば、私が美和建装に入社したのがとても寒かった去年の10月。

ということは、私が美和建装に入社して半年たちます。

・・・ん?半年?え?あれ!?は、半年!?もう!?

 

そう。早いもので、つい先日年が明けたなぁ~とか思っていたのにもう4月。

自分ではこの半年で成長を出来ているのかさっぱり実感がわいておりません。

入社当初と変わらず、今でも覚えなければいけない事も山積みですし、

(というか、日々順調に増えていっているような・・・)

わからないことだらけ。なにをしても自分の知識不足を痛感する日々です。

 

ですが、

入社した当初は今のように一人でお客様の先へ訪問することもできませんでしたし、

塗装について話をするなど想像もできませんでした。

一人でお伺いして名刺交換を出来ているということは、入社した頃よりは

ほんの少しだけ成長ができているのかもしれません。

 

言葉はぶっきらぼうですが、最後はきちんと面倒を見てくれる藤森さん。

塗装の仕様やトラブルが起きた時にどうしたらいいのか教えてくれる井田さん。

見積もり提案をする際バチッと決まった提案方法を教えてくれる浅井さん。

何かと気にかけ凹んでいる時、決まって励ましてくれる鈴木さん。

同期でまじめで頑張り屋の池田さん。

厳しい言葉もありながら、期待して成長するヒントを出し続けてくれる社長。

振り返って考えてみても、本当に美和建装に入社ができてよかったと思います。

非常にゆっくりにしか成長していないかもしれませんが、

これからもよろしくお願いいたします!

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


乗り越えるべき壁

どうも!川出です。

 

私は今、一つの壁にぶち当たっております。それは見積もり作成。

「そんなの塗布面積数えて一缶でどれだけ塗れるか計算するだけだから簡単だわ~」

とか思ったあなた!

 

はい、以前の私です。

 

しかし、これがまた下地によってどれだけ塗れるのかも変わってきてしまいますし、

その作業をする職人さんがどのくらいの手間がかかって何日で作業を

終えることができるのかを予測して、考えなければなりません。

あくまで予測なので、見る人によって見方や考え方も変わってきますので

見積金額も、同じ物件でも出す人によって変わってきてしまうのです。

 

おまけに同じ工程数でも模様や場所によっても値段が変わってきてしまう上に

壁によっては使えない塗料などもあったり、壁にこの塗料を使っているなら

付帯部にはこの塗料を使わないとおかしいとか、足場を組むにしてもこの形では

ここが邪魔だからどかす手間も必要だーなど、覚えたり想像しなければ

いけない事が日々加速度的に増えていきます。

おまけに一生懸命計算して出てきた値段が他の方の出す見積もりと比べて

異様に安かったりして、どこがおかしいのか考えてまた一から計算しなおして・・・。

 

こればっかりは経験を重ねないとなんともならないとは伺ってましたがこれほどとは・・・。

しかし!この壁を乗り越えて、脱☆新米営業マンを目指して頑張りマス!


塗ってはいけない屋根?

こんばんは 池田です!

 

よくスレート瓦は塗ると雨漏れをする・・・などという話を聞いたと言われることがあります。

 

しかしそれは間違いで施工方法をしっかりと守ってやれば大丈夫なのです(*^_^*)

 

スレート瓦とスレート瓦の重なり部分である小口という箇所を塗料で埋めてしまうと雨漏れをしてしまいます。

 

この隙間は本来縦の目地から入った雨水を出す排水溝の役割をしております。

 

ここが塞がってしまいますと雨が排水できなくなり逆流し釘穴を伝って家の中に雨が侵入していきます。

 

これが雨漏れをすると言われている原因だったりします。

 

なので屋根を塗り替えする方はこういったタスペーサーというもので小口の隙間を確保してもらいましょう!

 

2015-03-26_173624

 

しかし塗ってはいけないスレート瓦というものも存在します。

 

それはパミールという屋根材です。

image1(4)

 

これは屋根が割れるというより崩れるに近いイメージのもので塗っても瓦自体が崩れ落ちていくため塗料が捲れたりしてしまいます。

 

こういう屋根材に塗り替えのご提案をしてはいけません。

 

カバー工法などで対応していかないとトラブルの元になってしまうので注意が必要です。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/

 


建築業から見た日本経済

どうも!川出です。

 

きたる3月28日、あま文化会館にて塗り替え体験会を実施いたします

塗り替えをお考えの方、そうでない方も、知識は多いに越したことはございません。

いずれ訪れる塗り替え時期のために、是非足を運んでいただければと思います。

 

さて、本日は新規の建設会社様に営業に伺わせていただきました。

 

リニアモーターカーの建造も相まってか、今、名古屋市内は新しいマンションなど

バンバン建ちあがっています。しかしその周辺地域、いわゆるベッドタウンまで

その勢いはまだ届いていなさそうです。リニアモーターカーが実質稼働してくれば

また状況は変わってくるとは思いますが・・・。

 

話は変わりますが、皆様がもしも家を買われるとすると

新築でお考えですか?それともリノベーションですか?

 

あまり聞き覚えのない言葉かもしれないリノベーション。

これは、一時期流行ったリフォーム(某大改造!劇的前後とかいうテレビ番組が火付け役ですね)

をさらに推し進めたものです。

リフォームは新築時と同等に改装すること。リノベーションは新築よりも住みやすく

改装することです。(劇的前後はそういう意味ではリフォームではなくリノベーションです)

まあ、実際の話そこの境界線は曖昧になっておりますが、要は今は誰も住んでいないような

古いお家を買い取って、現代風にアレンジをするわけです。

そして今、都心部ではリノベーションが流行りになりつつあります。

それはなぜか?

 

今の日本では少子高齢化が進み、それに伴い空き家がかなりの勢いで増えてきております。

空き家は管理する方が居ないため、放っておきますと老朽化が進み倒壊の恐れが出てきます。

そうならないためにも空き家を減らさなくてはなりません。そこでリノベーションが

出てくるわけです。私は今後、国からリノベーションに対してなんらかの支援策を

打ち出すのではないかとにらんでおります。

 

また、お見積もりをさせていただく図面を見ても、豪華絢爛で土地も広大か、

建て売りでリーズナブルなお家かの二極化が進んでおります。

その部分からも、今の日本に貧富の差がかなり出てきていることがうかがえます。

かつての日本総中流計画は今や見る影もなくなってしまいました。

 

なので、新築をメインでやってるから、今のところ見積もりお願いするところはないねー

機会があったらまたお願いね!、と、見積もり依頼は次回に持ち越しとなってしまいました(泣)

 

以上、塗装営業から見える日本経済でした。


長期新人研修その4

こんばんは 池田です。

 

新人研修の振り返りですが今日で終わりです!

 

9日目

この日は色の打ち合わせに同行させて頂きました。

 

皆さまが一番楽しみなのが色決めではないでしょうか?

 

色と言っても暖色や寒色で遠くからみたときに受けるイメージが変わったりしますし、色の組み合わせも非常に重要となってきます。

 

どんな感じになるのかイメージを付けるためにノートPCなどで実際にイメージ図を見せたりするのが良いということを教わりました。

 

10日目

 

この日は一緒に研修を受けていた中野さんと加藤さんにペイントブレインの使い方や、CADの作成の仕方を教えて頂きました。

 

一緒に研修を受けているのに帰ってからもこの日のためにいろいろと勉強をしていたのを知っていたので2人ともありがとうという感謝でいっぱいでした。

 

おおまかなではありますがCADも使えるようになり、ペイントブレインも扱えるようになりました。

 

本当にありがとうございました!

 

11日目

この日は本部長と岡田さんに同行し、現場調査をしました!

 

外壁の特徴や劣化箇所などを丁寧に教えて頂きました。

 

やっぱり凄いなと実感した1日でした。

 

 

12日目

いよいよ研修も最終日です。

 

最終テストということで緊張していましたが、無事合格できました。

 

しかし、社長の前だったりSVの方の前だったりしたので頭からスッポリ抜けてしまったりしたのでまだまだ自分の中では合格点ではないなぁ・・・と思いました。

 

2週間と長いようで短い研修でしたが怪我なく楽しく修了することができました。

 

帰って2週間ぐらい経ちますがここで学んだことを活かし、何をやってきたの?と言われないように日々努力していきたいです!

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


「塗り替え時期が来たから」

どうも!川出です。

本日は「塗り替えしないとお家が危ない!っていう電話が来たから見積もりしたけど

これって本当に大丈夫なの?」と依頼を頂いたお客様宅へ、現地調査に伺ってまいりました。

 

・・・一見、差し迫って危険そうには見えないんですけど・・・、なにかお家で水の垂れる

音ですとか、違和感を感じたことはありますか?

「ん~、今のところないわねぇ・・・」

・・・失礼ですけど、今回なぜ塗り替えをご検討されたのですか?

「いや、塗り替えないと危険だって言われたから・・・」

なぜ危険か、等の説明はありましたか?

「コーキングにひびが入ってそこから水が入るとか言われたけど」

・・お客様の壁はコーキング使われてませんけど・・・。

フッ素でお見積もりを出されてますけど、これはお客様の指定ですか?

「いや、とりあえずフッ素が一番いい!って言われたので・・・」

 

正直な話、私は他社のお見積もりを拝見するのは今回が初めてでしたが

こんなにもいい加減なのかとびっくりしました。

確かに、築年数からいっても塗り替え時期に入られています。

そこで、お客様が壁のデザインを大変気に入っていらっしゃったので、

今の色を維持するために、サイディングのデザインを生かせる透明で、

紫外線を抑える無機塗料をご提案させて頂きました。

こちらであれば紫外線による色あせなども防げますし、耐候年数もフッ素よりも

長いです。

そこで初めてお客様は「今より色あせるのは嫌だから塗装をしたい!」と

おっしゃられました。

 

私たちは、安い買い物ではないので、できるだけお客様の意向に沿ったご提案をさせて

頂きたいです。時期が来たから塗り替えを、というのも一つですが、

どうせ塗るのであれば、満足していただけるご提案をさせていただきたいのです。

そのためにも、お客様がどうしたいのか、この家の未来をどう考えているのかを

伺いたいのです。

大切なお客様の意見を聞かずに「これがいいからこれ!」なんて提案をしてくる

業者さんには要注意ですよ?


長期新人研修 その3

こんばんは 池田です!

 

前回に引き続き新人研修で何をやってきたのか振り返っていきたいと思います(*^_^*)

 

5日目

ここで実際に皆川先生が決めたクロージングの流れをボイスレコーダーで聞かせていただきました。

 

当日契約はとても難しいこと、キャンセルがあった場合その人の精神的影響がすごく大きいことを教えて頂きました。

 

6日目

オンカメラロープレ

 

アメリカでは一般的に行われているロープレですが日本ではまだまだマイナーな研修内容となっております。

 

自分を録画し客観的に自分を見るということで相手から自分がどう見えているのかが分かるのでとても重要な物となってきます。

 

録音だけだと仕草による癖なども分からないので録画することが大切です。

 

7日目

壁材についての知識をひたすら叩きこみました。

 

長文を覚えて2、3分で見ずに「えー」などの言葉を使わずに言う練習は難しく頭が爆発しそうでした(笑

 

ここで重要なのは短時間でこれを覚えるという意識と発言することによるアウトプットでより一層自分のものにできると実感できました。

 

8日目

 

中間テストでした。

 

実際口に出して言えても文字にすると書くのに全然時間が足りなかったり書き忘れがあったりとボロボロでした。。。

 

このテストは返却されず自分が出来なかったものを自分で把握し復習

 

そして同じテストを後日行い、満点を取っていくというシステムでした。

 

最終日に合格を取れなかったら・・・と思うと気が気ではなくホテルで必死に勉強をした思い出があります((+_+))

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/

 

 


異物混入の危険!?

どうも!川出です。

今回私はパン工場の内部の塗装の見積もりを出させていただきました。

食品を扱う工場なので、塗装をする間は当然休業していただくことになりますし、

機械に塗料が飛んでしまうととんでもないことになってしまいますので、

養生などもしっかりしなければいけないなど、気をつけなければいけない事が

沢山あります。

特に一番怖いのが製品に異物が混入してしまうこと。

 

某Mドナルドさんでも大騒動が起こっておりましたが、塗装に関して言えば

経年劣化による塗料のはがれが懸念されます。

とくに工場となると、そうそう簡単に塗り替えも行えないので、

はがれにくく、対候年数の長い塗料が条件ということになりますね。

 

そこで私が提案させて頂いたのが、アステックのEC-2000。

この塗料は非常に弾性が高く伸びてくれるので、ボロボロ塗装が

剥がれ落ちるといったことを防いでくれます。

また、防カビ剤が非常に優秀で、対応している菌の数が

通常の防カビが3~6種にしか対応していないのに対し、なんと500種の

菌に対して効果のある塗料となっております。

 

もちろん一般の住宅にもご利用できる塗料となってますので、

壁のひび割れが気になっている方、日蔭の壁にカビや藻ができて困っている方

に特に自信を持ってお勧めできますよ!

 


長期新人研修修了 その②

こんばんは池田です。

 

前回同様どんなことをやってきたのか振り返ってきたいと思います!

 

研修3日目

 

不在会話について勉強をしました。

 

自分が発した言葉に対してお客様がどう思うのかを考え対応するというとても難しいこと勉強しました。

 

この研修でこの講義を受けるまであまり気にしていなかったことだったので確かに重要だなと実感しました。

 

対応力が必要となってくるのでまだまだ自分のレパートリーの少なさというのを思い知らされた日でした。

 

研修4日目

この日は営業同行ということで私は工事部の高田さんと阿部さんに同行させて頂きました!

 

瓦と言ってもパミールという塗装が不可能な瓦などがあるということを教えて頂きとても勉強になりました。

 

これを知らずに提案していたら・・・と考えると恐ろしいです。

 

また工事部のお二人にお昼に有名なお店に連れて行って頂きました!

image1(3)

 

工事部のお二方と同行した過去の研修生もこのかき揚げ丼にチャレンジしたみたいです。

 

次はだれがチャレンジするのかとても楽しみです(*^_^*)

 

 

 

その③へ続きます!

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


楽天的と楽観的

どうも!川出です。

私は、朝出社した際に必ず行うことがあります。

会社の社訓を読むことです。

その中の一つに「物事はすべて前向きに考える」というものがあります。

カッコよく英語で言うと、ポジティブシンキングって奴ですね。

 

似たような言葉で楽観的や楽天的という言葉があります。

ちなみに皆さん、楽天的と楽観的の違いってわかります?

 

楽天的・・・物事にくよくよしないでいつも明るいほうに考えていくさま。

楽観的・・・物事をうまくゆくものと考えて心配しないさま。

 

つまり、楽観的は「まーなんとかなるだろう」という考え方。

楽天的は「これだけやったのだから、きっと大丈夫」という考え方。

楽観的というと、いいのか悪いのか解りづらいですが、楽観視、と言うと

途端に甘く見ていた悪いイメージがはっきりしてきます。

 

昔、アドラーという心理学者が

楽観的であれ。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、
今現在の「ここ」だけを見るのだ。

という言葉を残していますが、楽天的、と訳した方がしっくりきますね。

(楽天的も楽観的も、英語ではどちらもOptimisticとなります。)

 

つまり、楽天的に、ポジティブシンキングになるためには「きっと大丈夫」と思えるだけの

「努力」が必要な訳です。ここがなければポジティブシンキングではない、というか、

シンキング=考える事自体を放棄しているので、ポジティブなだけということになります。

 

こうやって考えるとポジティブシンキングってすっごく難しく思えてきてしまいますが、

簡単にいえば「今、自分ができることを精一杯やろう!」ということなのだと思います。

近頃、まだまだ自分は精一杯やれていないんじゃないかと多く感じられるので、

明日からポジティブシンキングで頑張ります!

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 212
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ