最新記事一覧

ふたご座流星群

どうも!川出です。

今日はふたご座流星群の一番の見頃の日だそうで。

 

なかなか町中にいると流星群を見ることができません。

これは別に空気が汚れているわけではなく、

それぞれ小さな家庭の明かりが集まり、小さな光が

かき消えてしまうためです。

 

私は高校生活を岡山の寮で過ごしたのですが、

その寮がバスで片道3時間かかる山奥にありました。

周りにはあかりを発するものが全くないため

夜空を見上げると、いつでも5分に一度は流れ星が見えていました。

 

流れ星の正体は宇宙に飛び交っている塵。

これが大気圏に突入した際に、空気との摩擦熱で

燃え上がったものが流れ星になります。

そのスピードは秒速40km。”秒速”です。

愛知から東京までの距離をわずか10秒程度で移動する速度です。

 

飛行機が上空を飛んでいる時にゆっくり動いているように見えますが、

実際は時速800~900kmで移動しています。

観察物が離れるほど、見える範囲が広がるため

ゆっくり動いているように見えるのです。

しかし、流れ星はその飛行機よりも高い高度にもかかわらず

ものすごい速さで移動するのが見えます。

運がよければ強い光を放つ流れ星を見ることができるかもしれませんね!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


タバコの投げ捨て

どうも!川出です。

美和建装は朝、事務所周りの清掃を行っているのですが、

今朝、近所の田んぼの中に大量なタバコの吸い殻が

捨てられていました。

同じ銘柄のタバコで、ほぼ同じ場所に落ちていたので

おそらく車の灰皿のゴミを投げ捨てたのだと思います。

 

タバコの吸い殻の大半はフィルターです。

このフィルターはアセテートという合成繊維からできています。

このアセテートはセルロースという木材から作られた素材から

できる繊維なのですが、同じセルロース由来でも

生分解プラスチックとは違い、バクテリアなどによる

生分解がほとんどされません。

(セルロースはシロアリが食べて分解してくれます)

つまり、地面に捨てても土にかえることが無いのです。

 

それがお米を作る田んぼに捨てられているのを見た時

何とも言えない気持ちになりました。

最近では喫煙者への風当たりが強くなっていますが

こういう事が多ければ当然の結果だと思います。

私自身もタバコを吸いますが、タバコは嗜好品です。

喫煙マナーはキチンと守らないと、今後ますます

風当たりが強くなっちゃいますよ!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 


どうも!川出です。

今朝は地面に霜が降りるほど寒い朝でした。

霜は雲が無く、風が弱い日におりやすいです。

風が吹くと寒く感じますが、これは体温が気温よりも低いためです。

気温が5℃以上でも、地表面では0℃を下回る事があり、

その場合0℃以下に冷やされた地面にふれた空気に含まれる

水蒸気が昇華し、霜になります。

風が強いと、地表面近くの冷やされた空気が暖かい空気と

かき混ぜられ、霜が降りにくくなります。

また、雲が無いと放射冷却がおき、地表面が冷やされるため

霜が降りやすくなります。

 

植物に霜が降りると、植物の内部も凍ってしまい栄養が行き届かず

枯れてしまいます。ガーデニングをされる方は注意が必要ですね。

予防方法としては扇風機を当てること。

風を起こしてしまえば冷え切った空気と暖かい空気を

混ぜる事ができ、霜が降りる事を防ぐことができます。

もしくは霜が降りる前に水を地面に撒くことで

地表面の湿度をあげ、放射冷却を防ぐ事によって

霜が降りる事を防ぐ事が出来るようです。

しかし、地面が凍結することで転倒する危険性も増えます。

人が通る場所には水をまかない方が良いでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


LEDライトも発熱しますよ!

どうも!川出です。

日が落ちるのが早くなりましたね。

もう5時にはあたりが暗くなってしまいます。

私は自転車で通勤しているのですが、

帰り道、無灯火で走っている自転車が結構多いです。

ライトをつけるとペダルが重くなるので面倒臭いのだと思いますが

ライトがついていないと非常に認識し辛く

交通事故につながる可能性が高いです。

ライトは自分が見るためと同時に、相手に自分を知らせる役目もあります。

面倒臭がらずにライトはきちんとつけましょう。

 

ライトといえば、事務所の近くの文化の杜でもイルミネーションが開催されています。

装飾されたLEDライトがとても綺麗ですね。

確か去年の事でしたが、新宿のイベントでライトアップしたオブジェが炎上し

オブジェを見ていたお子さんが焼死してしまう、痛ましい事故がありました。

 

この時火元になったのは白熱灯です。

白熱灯は熱エネルギーを光エネルギーにする照明器具です。

そのため、白熱灯の光にも熱が発生します。

LEDライトは電気をそのまま光エネルギーにするため、

光に赤外線がほとんど含まれず、長時間光に当たっていても温度が上がりません。

しかし、光らす器具自体は熱が発生します。

例えば、LEDライトの根元部分など、排熱をする部分を

テープなどでふさいでしまうと、LEDライトの寿命を縮め

最悪火災に発展することがあります。

また、取り付ける部分とLEDライトの種類が

ちゃんとあっていない場合、出火の恐れがあるようです。

 

クリスマスに向けライトアップをされるご家庭も

多くあると思います。発熱しにくく安全なLEDライトですが

取り扱い方法をきちんと守って楽しみましょう!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


オシャレな外壁

どうも!川出です。

年末に向けて慌ただしい日が続いております。

私は割と寒さに強い方なのですが、通勤時用に

手袋がほしくなってきました。

手袋にもいろいろな種類があるんですね。

素材はレザーやニット、今はスマホ対応できる

手袋もあるようです。

レザーグローブもかっこいいですが、

ちょっとフォーマルな印象が強すぎて、

会社の制服にはあまりあいそうにありません。

・・・値段で言えば軍手が一番コストパフォーマンスが高いのですが

流石に通勤用とはいえ、軍手ではかなりみっともないので、

ニット製の手袋を探してみようと思います。

 

さて、手袋はコストパフォーマンスよりも見た目を重視して

ニットの手袋を選びましたが、

塗装も同じように見た目を重視した塗装もあります。

良くマンションなどで、ゴツゴツした外壁を見たことはないでしょうか?

まるで大きな石を切り出して作っているように見えますが、

実は中はコンクリートで、表に石のように見える吹き付け塗装を

行っている事がほとんどです。

こういった塗装は一般宅ではほとんどなく、

特に新築マンションなんかで多いのですが、

吹き付ける塗料に小石等を混ぜ込んだ塗料があります。

これを吹き付けていくことで、大きな石を切り出したように見える

外壁が出来上がるのです。

初めて現場を見て、「あー!こうやって外壁を作っているのか!」

と知った時は驚きました。

(考えてみればそんな巨大な石を使っていたら施工費が

とんでもない事になってしまいます。)

 

塗り替えで使用されることはほとんどありませんが、

新築でオシャレな外壁にしたい方は『グラナダ』や

『ジョリパット』で検索すると、オシャレな外壁用の

塗料を探す事ができますよ!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


外壁も大掃除!

どうも!川出です。

年末に向けて大掃除の準備をされる方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、意外と「お家の顔」ともいえる外壁のお掃除は

あまりされていないのではないでしょうか?

 

日本には黄砂の影響もあり、外壁が汚れやすくなります。

あまりにも黄砂による外壁の汚れがひどい、とお悩みの方には

「低汚染型」の塗料で塗り替えることをお勧めします。

 

この塗料は塗膜が水となじみやすく、雨が降った時に

雨水が汚れを浮かし、洗い流してくれるため

他の塗料に比べ外壁が汚れにくくなります。

(このような機能のある塗料を「セルフクリーニング塗料」と言います)

 

外壁に汚れが付着していると、その汚れに

熱がこもりやすくなります。

温度変化は外壁の劣化を進行させるため、汚れが付着している外壁ほど

劣化の進行が早くなります。

 

「超低汚染型」の塗料を使用していなくても

外壁に向けて水道水をかけ流してあげるだけで、

ある程度の汚れなら洗い流すことができます。

頑固な汚れが付着してしまっている場合は

スポンジに中性洗剤を取り、優しくこすり落としてくださいね。

あまり無理に力を入れてごしごしこすってしまうと

かえって塗膜を傷めてしまう恐れがあります。

外壁も綺麗に掃除をして気持ちよく新年を迎えましょう!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 


結露の予防方法!

どうも!川出です。

まだ雪は降っていませんが、もうすっかり冬の気温ですね。

こんな気温の時に起こりやすいのが「結露」。

結露が起こると、見た目が悪い事も問題ですが、

窓枠が木部だった場合、木部が水分を含み、劣化がしやすくなります。

他にも湿気が多くなることでカビが生えやすくなるなど、

あまりいい事がありません。

 

結露が起こる原因としては、急激な温度変化

または寒気不足が原因です。

外の気温と室内の気温の差が激しいと、

窓ガラスに接した空気が冷やされ、飽和状態になった

水蒸気が結露として窓に現れます。

 

防ぐ方法としては、10倍に薄めた食器用洗剤をしみ込ませた布で

窓を拭くと、結露しなくなります。

これは、食器用洗剤が水を弾くことで、窓に水蒸気が

接しなくなるためです。

結露した状態で窓を拭いた場合効果が半減してしまうので

乾いたタオルで窓を拭いた後、洗剤を浸した布で拭いた方が良いでしょう。

 

根本的な解決方法としては、二重窓にすると結露しなくなります。

2重窓は外面に接したガラスと、室内のガラスの間に

空気層を作ることで断熱効果もあり、結露を防ぐことができます。

また、室内の温度が外に逃げる事も防ぐことができるので

光熱費の節約にもなります。

結露でお悩みの方には非常にお勧めですよ!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


追加料金は発生する?

どうも!川出です。

前回「冬や夏は工期が長引きやすい」ということをお伝えしましたが

工期が長引くことで追加料金は発生するのか?

ということを今回はお話させていただきます。

 

最初に結論から申し上げますと、弊社では発生しません。

・工事ができそうにない前日には職人に伝えるため手間賃が発生しない

・足場屋さんにも工期が伸びたことも考慮して契約している

・前もってお施主様と予定のすり合わせをしているため

 

追加料金が発生する要素がないのです。

しかし、中には「工期が伸びたため、追加料金が発生します」

という業者さんもいるのだとか。

工期が伸びるのはお施主様のせいではなく、業者の段取り不足が原因です。

我々からすると、そこで追加料金を請求するのは

筋が違うと思うのですが・・・。

 

最初の見積金額は安くても、後から追加料金の上乗せを続けて

最終的には返って施工料金が高くついてしまったケースもあります。

そのような無用なトラブルを避けるためにも、

契約を交わす際に追加料金の発生なども確認しておくとよいでしょう!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


季節で見る塗装のメリット・デメリット

どうも!川出です。

前回、塗装工事ができる条件をお伝えしましたが、

今回はもう少し詳しく、それぞれの季節に塗り替えをする

メリット・デメリットをお伝えします。

 

春・・・気温、湿度共に塗料が乾燥しやすい日が続きやすく

塗り替えをするのに適した季節。

その分繁忙期にもなるため、希望の職人さんを選ぶのが難しい。

場合によっては3か月前から予約が埋まってしまうことも。

 

夏・・・気温が高く乾燥しやすいが、湿度が高く雨が降りやすい。

運悪く雨の日が続いてしまうと工期が長引いてしまうことも。

また、窓が開けられない時間もできるので、

日中家にいることが多く、エアコンがない方は要注意。

 

秋・・・気温も下がるが、湿度も下がるため雨が降る日も少なく、

工期はあまり長引かないことが多い。春と同様、希望の職人さんが選びにくい。

 

冬・・・湿度は低いが気温が下がり、塗料の乾燥が遅くなる季節。

そのため、他の時期よりも若干工期が伸びやすい。

塗装の閑散期でもあるが、逆に職人も選びやすく

元々窓を開ける機会が少ない時期でもあるので

足場が気にならない方であればこの時期に塗装をするのも一つの手。

 

それぞれの季節にメリット・デメリットがあります。

自分のライフスタイルに合った塗装の時期を選びましょう!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


塗装工事中はそのまま生活できるの?

どうも!川出です。

実際に外壁塗装を行っている時によくあるご質問ですが

「そのまま生活してても大丈夫?」ということ。

基本的にはそのまま生活していただいて問題はありませんが、

 

・足場を組み立てるため、普段よりも暗くなってしまうこと。

・その日に行う作業内容によっては大きな音が出てしまうこと。

・施工場所によって窓が開けられない時間ができてしまう。

 

これらの条件がクリアできれば仮住まいを探さなくても

そのままで施工することが可能です。

 

しかし施工する時期によっては施工ができない日が続くことがあります。

「湿度85%以上、もしくは気温5℃以下の日」は

塗装工事をすることができません。

これは塗料メーカーから指定されており、

乾燥がうまくいかなかったり、不具合が起きやすくなるためです。

雨の日に施工ができないのは、このうちの湿度が

85%を超えてしまうためです。

 

そうなると、足場を組んだ状態が続くため、

日当たりが悪い状態が続くことになります。

ですので、塗装ができる条件が整いやすい

春と秋が塗り替えのシーズンといわれています。

「できるだけ工期は短くしたい」という方は春か秋を。

「ある程度工期はかかってもいいから職人さんを吟味したい」

という方は職人さんが選びやすい夏か冬がお勧めですよ!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 8912345...102030...最後 »
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ