最新記事一覧

失敗しない塗装のポイント②

今回は外壁塗装に失敗しないためのポイントについてご紹介します。

■塗装業者の種類を理解する。

外壁塗装を依頼できる業者には以下の種類があります。

・リフォーム会社
・営業会社
・工務店
・塗装屋
・塗装専門店

リフォーム会社、営業会社、工務店の場合、ほとんどの場合
実際の施工は下請け業者となるため、中間マージンが発生します。

下請けだけでなく、孫請け会社まで入ったり、営業への報酬も支払うことになるため
工事とは関係ないところで費用が消費されることになりますので注意が必要です。

■知人からの紹介、は失敗の元。最終的にはご自身の判断で。

外壁塗装の業者選びの際、
良くあるのが「知人の紹介」など紹介してもらった業者というケースです。

信用できる人からの紹介だから安心。本当にそういいきれるでしょうか?

外壁塗装について良くご存じな方からの紹介ならば良いのですが、
専門的な知識のない方からのご紹介の場合にはご注意ください。

紹介をしてくれた人の家とご自宅建物の状況が異なります。
場合によっては、ご自宅の建物環境を苦手とする業者なのかもしれません。

また、外壁塗装のトラブルや被害は、実際に分かるまで年数がかかることも多いのです。

経年と共に手抜きが発覚することもありますので、
​自身のご判断の上で依頼をするのが良いでしょう。

次回も引き続き失敗しない外壁塗装のポイントについてご紹介致します。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


失敗しない塗装のポイント①

皆さん、外壁塗装を業者に依頼されたことはありますか?

外壁塗装を行う業者は数多く、塗装専門業者もいれば、
リフォーム業者、大手業者、工務店など様々です。

数多くある業者の中から、
最終的にご自宅建物の外壁塗装の依頼先を1つ選択しなければいけないわけですが、
まずこの業者選びを始める前に必ず知っておくべき事があります。

今回は、まず外壁塗装を依頼する上での注意点についてご紹介します。

外壁塗装の依頼において注意しなくてはならないのは例えば以下のような内容です。

・手抜きをしても素人には分かりづらく、手を抜いたことに気付くのは数年後
・普通の人は、塗料や工法について詳しくないため、業者の言いなりになりやすい
・外壁塗装の相場が分からない
・工事や塗料に定価が存在しない

これらの点に注意するためには塗装における専門的な知識が必要だと思われますが、
​きちんと手順を踏んで依頼をすればリスクを最小限に抑えることができます。

次回は失敗しない外壁塗装についてご紹介したいと思います。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


塗料の種類について③

今回は、前回に引き続き「シリコン系」「フッ素系」塗料についてご紹介致します。

まず「シリコン系」塗料についてですが、耐久性と近年の価格の安定で人気の塗料です。
シリコンを含有し汚れにくさと性能を両立させ「超耐久」も実現させました。
現在では、コストパフォーマンスに最も優れた塗料といえます。

壁の汚れが目立たなくなるため、
従来できなかったモノクロやアクセント色を積極的に使用できるようになりました。

続いて「フッ素系」塗料については、まだ価格が高く、
一般住宅には少し高級なイメージがあります。
耐久性はどの塗料よりも良く15〜20年は保つといわれています。
もしご予算に余裕がある場合は一考の価値はあるかと思います。
とにかく長持ちで、東京スカイツリーの鉄骨の塗装などにも使用されている塗料です。

各塗料ともに現在も積極的に研究が進み、お求めやすい価格に近づいてきています。

まだまだ塗料が高価といえども、基本性能や耐久性から考えれば
​これら高級な塗料を使用する方が結果的にお得になる場合もあります。

実際の塗装状況によって場合が異なってきますので、まずはご相談をいただければと思います。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


塗料の種類について②

今回は外壁塗料について少し具体的にご紹介したいと思います。

今回は「アクリル系」「ウレタン系」の塗料についてご紹介します。

まずは「アクリル系」

約20年前に発売された塗料です。
耐久年数は約5〜8年。
発売当時、モルタルのひび割れに対応する画期的な商品でしたが、
汚れやすく耐久性がよくないという欠点がありました。
数年前までは外壁塗料の標準グレードでしたが、
塗り替えがしづらいのであまり使われることが無くなってきましたが
費用面においてメリットのある塗料です。

「ウレタン系」

柔らかい性質があり、万能塗料なので細部塗装には最も適しています。
耐久年数は7〜10年。
アクリル系に比べて若干費用は高価になりますが、使いやすく、
耐久年数と性能が向上した塗料です。
業者によっては、
現在もこのウレタン塗料を主に使用してる場合もあります。

現在最も主流な塗料はシリコン系塗料ですが、用途や費用面を考えた場合、
アクリル系、ウレタン系の塗料が用いられることもあります。

場合による使い分けになりますので実際に塗装を検討される場合には
​各塗料について詳しくお尋ねください。


塗料の種類について①

皆さん、外壁塗料には種類があることをご存じですか?

それぞれ塗料によって独自のメリットがあり、
ご希望によって最適なものをお選びいただくことができます。

主な種類ですが主にフッ素系、シリコン系、ウレタン系、
アクリル系に大別することができます。

フッ素から順番に高級な塗料とされ、耐久性のも高い傾向があります。

また、使用した塗料の種類によって、基本性能が違ったり、
同じ色で塗装した場合でも実際に感じる色味が違って見えたりします。

実際の塗装作業(塗料の濃さや塗り方)によっても出来上がりに差が出てきますので、

塗料や業者選びはしっかりとご検討いただきたい内容です。

専門的な内容になりますので、
もちろんある程度お任せいただければ最適な塗料選びを致しますが、
大事な要素ですので次回少し具体的に各塗料の特徴についてご紹介したいと思います。

塗料の特徴をしっかりとご理解いただいた上で、
​満足のいく外壁塗装にしていただければと思います。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁の健康状態について③

本日も外壁に生じる劣化症状について少し具体的にご紹介します。

■外壁を手で擦ると、塗料の粉が手に付く

塗料が剥げて粉が手に付く事をチョーキング現象と言います。
長期間、雨や紫外線などにさらされた塗装の塗膜は劣化して粉状になります。
防水の性能が格段に落ちている状態です。
この劣化が進行すると、雨水を吸い込み外壁の色が変わる事を確認できると思います。
このまま長期間、放置すると外壁全体が腐食してしまう事もあるみたいで、
ひび割れより緊急性の対応が必要です。

■外壁のひび割れ

外壁がモルタルの場合にはひび割れの発見は比較的簡単です。
サイディングの場合は少し見つけづらいのでよく観察してください。
ひび割れが生じると、微細なひびでも内部に水分が侵入してしまいます。
内部への水分侵入は内部構造にも劣化を生じさせることになりますので、
外壁にとって特に避けたい状況です。
また、ひび割れだけでなく、
膨らんでいたり変形している箇所がある場合には、緊急な対応を求められます。

劣化症状によって求められる対応速度が違うことをご理解いただければと思います。

なんにしても、外壁に劣化のサインが生じていた場合には
すぐにご相談いただくことが、ご自宅を長く健康な状態に維持するための秘訣です。

当社は外壁のそれぞれの劣化に対して最適な補修を致しております。
もし劣化が確認できたときにはぜひご相談いただければと思います。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁の健康状態について②

前回、ご自宅外壁に生じる建物劣化の主な症状についてご紹介しましたが、
今回は一部症状について少し具体的にご紹介したいと思います。

■鉄部のサビについて

家の鉄部や鉄の部品等がサビているのは劣化の証です。
鉄部がサビている事で外壁の劣化の目安にもなります。
鉄部がサビている状況なら外壁塗装も劣化していると思って下さい。
また鉄部のサビが周辺にも悪影響を起こすことも考えられますので、
特に迅速に対応したい劣化の症状です。

■サイディング(パッキン)の劣化

外壁がサイディングの場合には、
壁と壁の間の目地にコーキングというパッキンみたいなものがあります。
その目地がひび割れしていたり痩せて隙間が空いていたりと劣化してきます。
ひび割れや隙間が生じてしまうと、
当然ながら本来の機能が果たせなくなってしまいますので
パッキン部から劣化が進んでしまうことになります。

■屋根に苔と雨漏り

屋根に苔や藻が生えているかをチェックしましょう。
外壁と同じで苔や藻が少しくらい生えていても平気だと思われる方も多いようですが、
苔や藻が生えるという状況は塗装面が劣化してきている判断基準のひとつです。
長期間放置すると雨漏りの原因にもなります。
比較的には緊急を要する事態では無いですが、
​そろそろ屋根の塗装を考える時期が来たと考えた方が良いでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁の健康状態について①

皆さん、ご自宅外壁の健康状態はいかがでしょうか?

外壁は気をつけていないといつの間にか劣化が進んでしまいます。

外壁が置かれているのは雨・風・ほこり・太陽の光や熱などの過酷な環境下ですので、
日々健康状態を気掛けてあげてください。

外壁は様々な形で劣化のサインを発します。

これらの劣化サインをきちんと見極めることで
ご自宅建物の健康も長く維持することができるでしょう。

では、外壁の劣化のサインにはどのようなものがあるか、
今回はその劣化の症状についてご紹介したいと思います。

・外壁を手で擦ると、塗料の粉が手に付く
・鉄部のサビ
・サイディング(パッキン)の劣化
・屋根に苔と雨漏り
・外壁のひび割れ
・家全体の色褪せ
・外壁に苔や藻が生じる

以上が外壁に現れる主な劣化の症状です。

いかがでしょうか?
ご自宅建物にこれらの症状がなければひとまず健康な状態であると言えるでしょう。

ただし、新築の建物でも、塗装の仕方、屋外の環境などのよって
​数年で劣化の状況が見られるケースもありますので注意が必要です。

ぜひ一度これらの症状が生じていないか確認されてみてください。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


チョーキングについて③

ご自宅外壁の劣化において厄介な現象であるチョーキング現象。

チョーキングが発生していた場合にはなるべく早い段階で補修をしてしまいましょう。

皆さんはチョーキングが発生したとき、
どのような手順で外壁補修をするかご存じでしょうか。

チョーキングとは外壁を守るための塗装が壁のかわりにダメージを受けた結果、
塗料が劣化してしまった状態です。

ですので、チョーキングの補修は再度外壁に塗装を施すことで対処します。

補修は、まず高圧水洗で洗浄し表面の汚れ、劣化粉などをきれいに洗い流します。
その他の劣化症状がない場合には下地調整を行い、
中塗り、上塗りを行なう、という順序で行なっていきます。

高圧洗浄を行うのは養生と塗料の密着を良くする為です。
チョーキングの出ている外壁はいわば粉のふいた外壁に塗料を塗るようなもので、
後に塗った塗料が浮いてきたり、剥がれる原因になります。

なかにはご自身で外壁を再塗装される方ものいらっしゃいますが、
十分な洗浄を実施しないとせっかく塗装し直しても
下地の古い塗装から新しい塗装と剥がれ落ちてしまうことになってしまいますので注意が必要です。

きちんとした補修手順を踏んだ上で再塗装するとなると労力がかなり大きくなりますので、
労力・コスト面において専門業者にご依頼いただくのが良いかと思います。

当社は外壁に適切な手順でしっかりと補修を行なっていますので、
​チョーキングが発生したときにはぜひ一度おご相談ください。

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


チョーキングについて②

チョーキング現象は外壁の劣化が主な原因です。

太陽からの光や熱、雨や風に巻き上げられた砂によって
外壁が劣化し、この現象が生じます。

残念ながら建物に対する太陽の光や熱を遮断することは出来ませんから、
外壁には遅かれ早かれチョーキングが生じることになります。

一度チョーク現象になってしまったら、
そこから自然修復されることは無く、悪化していく一方です。

10年に1回と言われている家の健康診断ですが、
チョーキングに関しては年に一度は確認されることをお勧めします。

よく陽のあたる場所にチョーキングが生じていないか確認してみてください。

もしもチョーキング現象を発見した場合は、
外壁塗装を行っている業者に速やかに外壁塗装を依頼するのが好ましいです。

チョーキング現象を放っておくと、外壁ヒビや壁の歪みなども誘発します。

ヒビや隙間が生じてしまうと、雨が入りこんだりカビ菌が入り込んだりして
​大掛かりな補修が必要になる場合もあります。

チョーキング現象が見られたときはぜひ当社にご相談ください。
ご自宅外壁の健康状態をもとに最適な補修内容をご提案致します。

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


݂팚ւ̂₢킹͂
0120-44-2605
[ł̂₢킹
ςEk
ЂI΂5‚̗R
  • G}h@nCheNgR[g
  • ՔMh
  • Ő[̃R[fBOeNmW[@{yCg
  • carboline
  • AXebNyCgWp
  • Z~bN𑽑wZp@GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ