最新記事一覧

屋根にも定期点検が必要なんです!

住宅に関しては常に点検を行っておくことが推奨されている場所がありますが、その中には屋根も含まれていますよね。
屋根は住宅を雨や風、雪などから守る役割を持っていることになり、野ざらしの状態になることから、一般的には非常に丈夫な素材を使っていることになります。
しかし、それでも一定期間が経過してしまうと劣化を引き起こしてしまうことになり、定期点検を行う方法で住宅を守ることができます。
屋根の場合では屋根材によって作りが大きく変わるものですが、基本はどのような屋根材でも点検は必要です。
このことに関しては雨漏りを防ぐ意味でも重要なことになり、見た目で判断を行う方法も用意されていて、表面に塗られている塗料を点検する方法でもある程度の劣化状況を確認することができます。
通常では新しく屋根を葺き替えした場合であっても、約10年程度で劣化が進んでしまうことになり、状態次第では直ぐにでも屋根塗装を行うことが推奨されています。
また、屋根塗装を行う場面では、雨どいも同時に行うこともおすすめの方法になり、例えば枯葉やゴミなどが溜まっている場合では掃除を行うことが必要になるでしょう。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


カバー工法ってご存知ですか?

屋根が劣化したときには雨漏りという形で表れます。
ですが、雨漏りが発生していると言うことはすでに屋根の下と天井の間にはカビなどが生えてる可能性があります。

 
できれば雨漏りが発生する前の段階でリフォームするべきなのです。
リフォームをする場合には屋根の葺き替えや外壁塗装が思い浮かべるのではないでしょうか。
屋根の葺き替えは新品にすることでそこから20年近くは塗り替え等をしなくてもかまいませんし、外壁塗装なら50万円程度でできるため値段が安いのです。

 

ですが、それぞれデメリットもあり、葺き替えの場合は200万円以上かかり出費がかさみます。
また、外壁塗装の場合にはまた10年後ぐらいに塗り替えしなければならないのです。
これらの問題点を解消したのがカバー工法です。
カバー工法とは二重にサイディングを重ねた工法です。

 

値段は100万円ほどですが、20年ぐらいは外壁塗装をせずに済むというメリットがあります。
また、屋根材を二重にすることで外からの音を遮断することができます。

 

二重にすることで重みが増すと言う意見もありますが、ガルバリウム鋼板を利用すれば軽量のため重みはそれほど気になりません。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


フッ素系塗料の特徴

外壁塗装を行う場合では、選択する塗料によって耐久性が大きく変わってしまうことでも知られているでしょう。
アクリル塗料を最も基本的な塗料として考えた場合では、その対局上にあるのがフッ素塗料でもあり、中間にはウレタンやシリコンなどがありますが、フッ素塗料の場合では他の種類を圧倒するような耐候性を維持できることが大きな特徴です。
耐久性は平均すると約18年は持つ事になり、高寿命な塗料としても用いられています。
あらゆる項目において優れていることになり、高い撥水性能を維持できることや、ある程度の断熱性を持っていること、汚れをあまり付着させない性能なども発揮していることになり、変色などを起こしにくい塗料としても知られています。
フッ素塗料は一般的に外壁塗装用としては最高レベルの塗料に位置していることから、高価な塗料としても知られています。
そのため、普段はあまり頻繁にメンテナンスを行うことが難しいような大きな家を塗る際に活用することも推奨されていて、多くの場面で活躍できることも特徴です。
全体的に紫外線や雨や風にも強い性能を持っており、高価な塗料ですが十分な価値を持っていることがメリットです。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


シリコン系塗料の特徴

住宅を外壁が劣化してきており、塗装をしようと考えている場合には、まず業者に見積もりをお願いすることから始めるのが普通です。
順番的にはお気に入りの業者を見つけて自宅に来てもらい外壁の様子を確認してもらってから見積もりを出してもらうのです。
見積書には普通外壁塗装時に使う塗料の名前が書かれています。
その塗料の名前を見るとシリコンと言う文字が書かれていることが多いのです。
では、シリコン塗料とはどのような塗料でしょうか。

シリコン系塗料の特徴は、コストパフォーマンスが優れていることです。
つまり、値段の割には費用が安いのです。
耐候性や防水性に優れており、一度塗装をすると13年から15年ほどは塗装をしなくてよいのです。
そのおかげでシリコン系塗料の人気は1番で、外壁塗装の時に一番使われている主流の塗料なのです。
また、適度な堅さがあるのも特徴です。

シリコン系塗料は1平方メートルにつき3000円程度の費用がかかります。
床面積30坪程度の平均的な一戸建て住宅であれば100万円前後の費用がかかると考えておけば間違いないでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


北欧風な外観の家に住みたい!

北欧風の家に住みたいと考えている方もいらっしゃると思います。

北欧風と言われてぱっと思いつくのが、大自然の中に建っているレンガを積んだような壁や、急勾配の屋根の大きな家です。

しかし、現在住んでいる和風の家をリフォームして北欧風に出来るのか、何処から手をつければ良いのか分からないと言う方はまずリフォーム業者や工務店などに相談に行くといろいろな事を教えてくれます。

和風の瓦を葺いている場合勾配を急勾配に変える事は難しいですが、洋風の瓦に変えることでかなり感じは変わってきます。

壁も色を塗り変える事で変わります。

更に北欧風な外観に変えたいのであれば、壁の色を二階部分と一階部分を変えてみたり、思い切った色の壁にして角に屋根から真っ直ぐラインを入れてみるなど、自分好みの北欧風にするのも良いと思います。

また、サッシを変えてみるのも良いです。

上部が丸い形をした物や、格子が入った物などがあり、どれも今までとは違った物になって外観をかなり変える事ができますし、玄関の扉を交換したり、まるっきり土間から変えてみると、以前の面影は全く無くなります。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


和風な外観の家にしたい!

洋風建築の住宅が増えている一方で、中には和風な外観の家に仕上げることを希望される方もいます。
このケースでは余計な装飾品などを用いずに、シンプルな住宅に設定することも良い方法ですが、外壁に対しては用いる塗料のカラーリングが大きく影響することになるでしょう。
いわゆる和モダンとも呼ばれているスタイルに仕上げる方法もあり、例えばブラックを選択したり、モスグリーンやブラウンなども相応しい方法です。
ホワイト系でも他の部材との組み合わせでは良いカラーとして用いることもでき、比較的シンプルで落ち着いたカラーリングの方が向いている傾向にあります。
素朴なデザインなどに限定している住宅も多く見られますが、外壁であれば、漆喰などを使って施工する方法でも和モダンの住宅のイメージを作り上げることができます。
外塀や外柵などを設置するような場面でも、レンガやタイルを使う方法ではなく、敢えてブロックを用いる方法、石材を用いる方法、木製の外柵などを設置して素朴なイメージを作る方法でも和風な外観に仕上げることもできます。
屋根材も重要なパーツになり、できるならば瓦が適している素材として挙げられます。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


モダンスタイルな外観の家に住みたい!

住宅の外観は購入時にはあまり気にならないものですが、住み始めてみると、気になってしまうという方も少なくありません。

特に、一戸建て住宅のデザインは年々進化していき、流行りが生まれるため、他の新しい住宅を見てみると、自分の住宅が古く感じてしまうものです。

しかし、住宅の外観は外壁塗装の工夫次第で大きく変えることが可能となります。

そのため、木目調であったり、シンプルなモノトーンなど最近のスタイルに変えることで、新しい気持ちで生活することが可能となるでしょう。

そして、外壁塗装は定期的な塗り直しを行う必要があり、そのスパンは約10年程度となります。

外壁塗装は外観のイメージを作るだけではなく、住宅を雨風や直射日光からのダメージから守り、雨漏りを回避することや、室内の機密を保つこと、外からの騒音を防ぐといった役割も備わっており、放置しておくと、劣化が進んでしまいます。

その費用は決して安くはなく、時間もかかるため、費用の貯蓄や行う時期をしっかりと定めることが重要です。

10年に1度は大きく外観のデザインを変えるきっかけと考え、じっくりと計画してみるのも良いでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


外壁の色を変える時のポイント

外壁の色は家の「顔色」のようなもので、色選びによっては印象が非常に変わってきます。
外壁の色を変える際に、失敗しない「色選び」のポイントをおさえることがとても重要です。
基本的に白を外壁の色で選ぶ、「汚れが目立ちやすい色」とされていますが最近では「超低汚染」という汚れが目立ちにくい塗料が開発されてきた為、この点の心配は軽減できます。
また元々設置されている「サッシの枠」や「玄関ドア」などの既存色は変更できないので、ドアやサッシとの調和のとれたバランスのよい色を選ぶことも大切です。
最近では個性を表現したいといった観点から、単色ではなく二色の外壁の色を選ぶ方も多いですがその際は、青や赤といった極端な色の違いがある選択肢は出来ないですし、見た目にも派手すぎで近所の人や通りがかりの人にとっても「不快感」として残ってしまいます。
二色を選びたい方は、ベージュなどの同系色で色の強弱に変化をつけて配色すると統一感のある仕上がりになります。
また周りの住宅と見比べて、「色が鮮やかすぎないか」「周りと調和しているか」といった観点で配色を選ぶのも大切なポイントです。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


外壁塗装の意外な効果

外壁塗装を定期的に行うことが大切なことと判断されていますが、外壁の表面が傷んでいる場合では必ず必要な作業でしょう。
外壁塗装は単に住宅の見栄えを変えて、綺麗な状態を保つことを目的にしていることだけではなく、他にも意外な効果を発揮していることも注目できます。
まずは、防水性を高めることができる内容があります。
実際に使われる塗料の多くは油性塗料になり、一定の撥水効果を得ることができるので、壁の内部まで水が浸透してしまうことを防ぐ役割があります。
外壁を常に最適な環境に保つ方法で耐震性にも影響する可能性があり、意外な効果を発揮しています。
断熱性にも優れた部分が見られ、塗料を新しく塗る方法でひび割れなどをなくすことができるので、結果的に光熱費などの抑制にも貢献できることになります。
その他にもカビを防ぐ効果を持っていたり、汚れを付着しにくい状態に仕上げることもでき、外壁は定期的に塗り替えを行う方法で住環境を良好に保つことができるでしょう。
施工を依頼するような場面では常に信頼できる業者に任せる方法で質の高い外壁塗装を行うことができます。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


ALCパネルの特徴

主に外壁材として用いられている資材にはALCパネルと呼ばれているものがあります。
高温で高圧の蒸気で養生している軽量素材の気泡コンクリートという意味合いを持っているものですが、一般的な住宅からアパートやマンションなどの外壁にも使用されているものを見ることができます。
ALCパネルの特徴に関しては珪石やセメントで作られているので、防火性に優れていることやコンクリートに比べて軽い素材で作られていることを挙げられます。
他にも多くの気泡を含んでいることから、断熱性能にも優れた効果を発揮していることになり、遮音性や乾燥性などにも優れている特徴があります。
構造上では金属製のワイヤーを中に含んでいることになるので、湿気などを多く含んでしまった場合では、腐食の原因になる可能性が高まります。

 
外装パネルとしては非常に加工がしやすくデザイン性を保ったものも普及していますが、一般的には施工後に表面を塗装する場面が多く、シーリングや下塗り材などは欠かせないものとされています。
一定期間ごとに塗り替えを行う方法で長期的に保護できる素材です。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


݂팚ւ̂₢킹͂
0120-44-2605
[ł̂₢킹
ςEk
ЂI΂5‚̗R
  • G}h@nCheNgR[g
  • ՔMh
  • Ő[̃R[fBOeNmW[@{yCg
  • carboline
  • AXebNyCgWp
  • Z~bN𑽑wZp@GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ