最新記事一覧

屋根塗装のメリットって?

住宅の中で、屋根はとても大切や役割を果たしています。

たとえば、子供の頃に秘密基地を作るときには、まず屋根が必要ですので、そこら辺で拾ってきたトタン材などを屋根代わりにしたのではないでしょうか。

屋根については、普段あまり考えたことがない人も多いのではないでしょうか。

住宅の屋根は紫外線を防ぐだけでなく雨や雪を防ぐ役割があるのです。
そうだとすれば屋根を普段から大事にしなければなりませんよね。
したがって、屋根が劣化したら屋根塗装をするべきなのです。

ところが、自分の家の屋根は普段見ることができません。

これは致命的ですよね。

なぜなら劣化状態を確認できないからです。

しかし、雨漏りが発生してから屋根塗装をするのでは遅く、新築から15年経過したあたりから屋根塗装をするようにするべきです。

屋根塗装をする場合には、抗菌性・断熱性・防錆性が備わった塗料を使うことで、雨漏りがしにくくなるというメリットがあります。

それぞれ住宅を守るという点においてはとても重要な役割を果たしているのです。

以上のように、屋根塗装にはしっかりとしたメリットがあります。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁の色を変える時に注意すべき点

塗装工事は、どういった目的で行うかによって注意すべき点が異なってくるものです。

例えば、外壁塗装を行う時に見た目の印象を重視する場合には、色の選び方が重要になってきます。

外壁の色を変える際に、原色に近い鮮やかすぎる色を選んでしまうと、妙に目立ってしまい、周囲から浮いてしまう恐れがありますから注意が必要です。

こういった周囲とのバランスというのが、外壁の色を変える時の大事なポイントです。
自分の好みばかり追求していると、周りのことが見えなくなってしまいがちです。

何もない所に自分の家だけあるなら、また見え方も変わってくるものですが、地域全体の景観といったことも考えておくと良い形で完成させることができるでしょう。

さらに、色と自分の家との相性を考える場合には、住宅の形状にマッチするかどうかを考えることも大切です。

そして、家というのは壁だけで構成されているわけではなく、ドアや窓があったりもしますから、ドアやサッシとの調和といったことにも注意しながら色を決めるとより良い形で外壁塗装ができることでしょう。
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装の効果ってどんなものがあるの?

外壁塗装をすれば、住宅にとって有益な効果を得ることができます。

外壁塗装に断熱や遮熱効果がある塗料を使うことで、冷暖房効率が良くなるというメリットがあります。

夏は太陽光により熱い空気が生まれますが、それを中に入り込ませないようにし、冬は暖房などによる室内の暖かい空気を外に逃がさないようにすることができます。

そのため、エアコンの設定温度を夏は下げすぎず、冬は上げすぎずに済むので、電気代の節約にもつながります。

そして塗料を塗ることで塗膜を作ることができます。
塗膜は撥水性があるので、防水効果を期待することができるのです。

また、雨水や大気中の汚染物質などが外壁に付着することを防ぎ、苔や藻が発生しないようにすることができます。

家は湿気を嫌うので、防水効果があることで家全体を守ることにつながります。

そのほかに、外壁塗装することで耐震性効果を得ることができます。

塗料を重ね塗りすることで外壁を丈夫にすることができるのです。

さらに、外壁にコンクリートなどが使われているときは、塗装することで浸食を防ぐことができるので、耐震性強化を期待することができます。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁材の3つの種類

住宅の構造上として重要な場所には外壁がありますが、外壁材として使われている素材は非常に種類が多いものがあります。

 
その中でも3つの種類を挙げることができ、それぞれが人気を得ている外壁材になります。
1つはタイルなどを用いている住宅があります。

 

コンクリートなどの下地に対して施工していることが一般的になり、タイルの場合ではメーカーによって様々なカラーやデザイン、サイズの設定があるので、好みに合わせて利用することができます。
2つ目にパネルに分類できるものがあります。

 

現在ではサイディングをメインとして使っているものがありますが、サイディングの中にも窯業製や金属製、樹脂製や木質系など数々の種類があり、同じ素材であっても大きく異なるデザインに施されたものがあり、主流として使われている外壁材です。

 

最後に塗壁を挙げることができます。
外壁用の場合では漆喰がメインとして使われているものですが、漆喰の場合では手作業で塗り広げる方法になることから、他では表現することが難しいような柄に設定することもでき、人気を得ている外壁材になります。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


漆喰の外壁って憧れますよね!

外壁に対しては、現在ではサイディングを利用している住宅が増えている傾向にあり、実際に人気の高い素材として知られています。

 
一方で漆喰の外壁の住宅も増えている傾向にあり、古い時代に用いられてきたモルタルとは似ている部分がありますが、質感を含めて大きな違いが生じていることになります。

 

漆喰の外壁に憧れを持つ方も多く、他では再現することが難しいような独特の仕上がりに施すことができます。

 

漆喰は一般的にはコテを用いて施工する方法になり、職人の手によって出来栄えが左右される場合も見られます。

 

綺麗に単一に塗り広げる方法などもありますが、敢えてコテで模様を付ける方法なども多用されていて、自然的な風合いを楽しむことに最適な素材でもあります。

 

漆喰は安全な成分で作られていることも特徴になり、自然素材を用いているものなので、有害な物質を一切出さないメリットもあります。

 

また、見た目以上に長持ちをする素材でもあり、外壁に利用した場合でも長期的に綺麗な状態を保つことができます。

 

熱なども蓄積させない効果も合わせ持っており、質の高い住宅作りに向いている素材でしょう。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


フォレストスタイルの外装って?

フォレストスタイル(Forest style)とは森や緑といった自然の恵みに満ちたスタイルのことを言い、北欧住宅をルーツとしています。

 

 

日本では主に国産材を産地直送にて住宅建築にたっぷり取り入れる方法です。

 

 

森は生物にたくさんの恩恵を与えてくれています。
キレイな水・空気・緑など、日本の山間部を始めとする自然が支えてくれているのです。
その森林の国産材を適度に消費し林業への経済効果を整えることは、日本の森林の今後先にとってとても必要なことなのです。

 

 

そのフォレストスタイル住宅の外装は自然と調和することが基本となります。
自然素材を使い、周辺のグリーンに溶け込むような家づくりです。

 

形も無駄を削ぎ落としシンプルに、漆喰塗りの白い外壁には木肌の美しいドアなどにより、フォレスト(森)と同様にどんな時代にも左右されないしなやかさと変わらない美しさを外装に表現します。

 

 

内装ももちろん無垢材によるぬくもりがある造りを大事にし、内外ともに年々その風格・価値を増す住宅がフォレストスタイルです。

 

 

ルーツとしている北欧では100年住宅というのも珍しくありません。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


ヨーロピアンスタイルの外装って?

一戸建て住宅は定期的な修繕が必須となりますが、その大半は外壁塗装の塗り直しとなります。

まず、外壁は雨風や直射日光に常にさらされているため、それによるダメージが年々蓄積して劣化がすすみます。

劣化した外壁を放置すると、ひび割れや亀裂の原因となってしまい、雨漏りにつながります。

雨漏りが発生すると、家財道具を濡らすだけではなく、柱や壁内部といった構造部の腐食の原因になり、住宅寿命を縮めてしまうことや、カビが発生し、悪臭や体調不良の原因にもなってしまいます。

こうしたトラブルを回避するためにも、10年に1度のスパンで外壁塗装を塗りなおす必要があります。

しかし、その費用は決して少なくはありません。

そのため、せっかく予算をかけるのであれば、外観のイメージを変えることも選択肢の一つといえます。

最近では、外壁塗装のバリエーションが増え、明るい赤レンガ調のヨーロピアンスタイルの外装なども可能となりました。

外観を変える野と同時に、家具なども新調するだけで、新しい気分で生活を迎えられるため、節目節目に思い切って変えてしまうのもおすすめです。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


屋根にも定期点検が必要なんです!

住宅に関しては常に点検を行っておくことが推奨されている場所がありますが、その中には屋根も含まれていますよね。
屋根は住宅を雨や風、雪などから守る役割を持っていることになり、野ざらしの状態になることから、一般的には非常に丈夫な素材を使っていることになります。
しかし、それでも一定期間が経過してしまうと劣化を引き起こしてしまうことになり、定期点検を行う方法で住宅を守ることができます。
屋根の場合では屋根材によって作りが大きく変わるものですが、基本はどのような屋根材でも点検は必要です。
このことに関しては雨漏りを防ぐ意味でも重要なことになり、見た目で判断を行う方法も用意されていて、表面に塗られている塗料を点検する方法でもある程度の劣化状況を確認することができます。
通常では新しく屋根を葺き替えした場合であっても、約10年程度で劣化が進んでしまうことになり、状態次第では直ぐにでも屋根塗装を行うことが推奨されています。
また、屋根塗装を行う場面では、雨どいも同時に行うこともおすすめの方法になり、例えば枯葉やゴミなどが溜まっている場合では掃除を行うことが必要になるでしょう。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


カバー工法ってご存知ですか?

屋根が劣化したときには雨漏りという形で表れます。
ですが、雨漏りが発生していると言うことはすでに屋根の下と天井の間にはカビなどが生えてる可能性があります。

 
できれば雨漏りが発生する前の段階でリフォームするべきなのです。
リフォームをする場合には屋根の葺き替えや外壁塗装が思い浮かべるのではないでしょうか。
屋根の葺き替えは新品にすることでそこから20年近くは塗り替え等をしなくてもかまいませんし、外壁塗装なら50万円程度でできるため値段が安いのです。

 

ですが、それぞれデメリットもあり、葺き替えの場合は200万円以上かかり出費がかさみます。
また、外壁塗装の場合にはまた10年後ぐらいに塗り替えしなければならないのです。
これらの問題点を解消したのがカバー工法です。
カバー工法とは二重にサイディングを重ねた工法です。

 

値段は100万円ほどですが、20年ぐらいは外壁塗装をせずに済むというメリットがあります。
また、屋根材を二重にすることで外からの音を遮断することができます。

 

二重にすることで重みが増すと言う意見もありますが、ガルバリウム鋼板を利用すれば軽量のため重みはそれほど気になりません。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


フッ素系塗料の特徴

外壁塗装を行う場合では、選択する塗料によって耐久性が大きく変わってしまうことでも知られているでしょう。
アクリル塗料を最も基本的な塗料として考えた場合では、その対局上にあるのがフッ素塗料でもあり、中間にはウレタンやシリコンなどがありますが、フッ素塗料の場合では他の種類を圧倒するような耐候性を維持できることが大きな特徴です。
耐久性は平均すると約18年は持つ事になり、高寿命な塗料としても用いられています。
あらゆる項目において優れていることになり、高い撥水性能を維持できることや、ある程度の断熱性を持っていること、汚れをあまり付着させない性能なども発揮していることになり、変色などを起こしにくい塗料としても知られています。
フッ素塗料は一般的に外壁塗装用としては最高レベルの塗料に位置していることから、高価な塗料としても知られています。
そのため、普段はあまり頻繁にメンテナンスを行うことが難しいような大きな家を塗る際に活用することも推奨されていて、多くの場面で活躍できることも特徴です。
全体的に紫外線や雨や風にも強い性能を持っており、高価な塗料ですが十分な価値を持っていることがメリットです。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


݂팚ւ̂₢킹͂
0120-44-2605
[ł̂₢킹
ςEk
ЂI΂5‚̗R
  • G}h@nCheNgR[g
  • ՔMh
  • Ő[̃R[fBOeNmW[@{yCg
  • carboline
  • AXebNyCgWp
  • Z~bN𑽑wZp@GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ