読めば外壁塗装の必要性がわかる!?外壁塗装を放置した住宅の末路 Part1

「新築で家を建ててから、10年以上は過ぎている」
「外壁塗装のメンテナンスは必要って聞くけど、実際のところどうなの?」
 
10数年前に新築で家を建てられたみなさん。
ふと家の外壁を見てみると、汚れが目立っていたり、ひび割れが生じていたりしませんか?
 
そもそも外壁の塗装には、2つの大きな役割があります。
 
1つ目は、建物の外観を美しく見せるという役割です。
外壁の塗装は、色や艶の程度によって、見る人が受ける印象が大きく異なります。
その建物の雰囲気を演出するというのが、1つ目の大きな役割です。
 
そして、一般の方がなかなか意識することがないものとして、外壁本体を保護するという役割があります。
外壁塗装をしていない状態では、建物の外壁はすぐに劣化してしまいます。
外壁を劣化から守る、というのが外壁塗装の2つ目の大きな役割です。
 
今回は、2つ目の外壁本体を劣化から守るという役割に焦点をあてて、「外壁塗装を放置した住宅の末路」について、お話ししていきます!
外壁塗装を放置した際に起こる問題としては、初期段階、中期段階、最終段階の3つの段階がありますので、順を追って説明していきます。
 

■初期段階

まずは、外壁塗装を、10年以上メンテナンスを行わないまま放置した場合に、初期段階で起きる問題についてお話しします。
 

・外壁の耐水性が低下する

外壁塗装に使われる塗料には、色や艶をつけるための成分の他に、外壁の耐水性を上げる成分が含まれています。
普段は、この成分によって、雨水や湿気から外壁本体が守られています。
 
しかし、外壁は、常に紫外線や雨風などの刺激に晒されているため、外壁の耐水性を向上させる成分は、徐々に流れ落ちていきます。
一般的には、外壁の塗装を行ってから10年ほど経つと、防水成分がかなり流れ落ちてしまっていると言われています。
長い年月をかけて、防水成分が少なくなってくると、雨水や湿気が外壁本体に染み込みやすくなり、後に様々な問題を引き起こします。
 

・ひび割れが起きる

外壁は、紫外線や雨風の刺激はもちろんのこと、寒暖差という刺激にも晒されています。
外壁は、目では確認できないほど小さなスケールで、暖かい時には膨張し、寒い時には収縮します。
 
つまり、気温が高い昼の時間帯には、外壁は微妙に膨張し、気温が低い夜や早朝の時間帯には、外壁は微妙に収縮しています。
このように、外壁は毎日、膨張と収縮を繰り返しています。
 
膨張と収縮は、1日だったり1年だったりという短い期間では、全く問題ではありません。
しかし、10年ほど経つと、徐々に外壁が劣化し、ひび割れが生じます。
このひび割れは、放置するとさらに拡大してしまうことがあるため、注意が必要です。
 
外壁にひび割れが生じると、その部分から雨水や湿気が侵入し、そこからさらに外壁塗装のメンテナンスを放置すると、中期段階に入ります。
 

・初期段階のまとめ

ここまでで、外壁塗装のメンテナンスを放置した時に、初期段階で起こる問題を紹介してきました。
この段階であれば、ひび割れ部分をコーキングで修理したり、外壁塗装を塗りなおすことによって対処することが可能です。
 
しかし、このままさらに外壁塗装のメンテナンスを放置すると、次第に事態が深刻化してきます。
そこで、引き続き、中期段階で起こる問題についてご紹介します!
 

■中期段階

初期段階に続いて、中期段階で起こる問題についてお話しします!
 

・外壁内部が腐食する

塗料の防水性の低下やひび割れによって、雨水や湿気が外壁内部に侵入してくると、外壁内部が腐食されていきます。
腐食というのは、微生物によって木材が腐敗したり、雨水中の水分子や酸素分子によって、金属が錆びたりすることによって、外壁全体の強度が下がることを言います。
この腐食が、中期段階で起こる問題となります。
 

・腐食の悪循環

外壁内部の材料が腐食すると、その部分に小さな隙間が空いてしまいます。
この隙間が生じることによって、雨水がさらに外壁の内部へと侵入し、この雨水がさらに外壁内部を腐食していきます。
この腐食の悪循環によって、徐々に外壁の劣化が進んでいきます。
外壁の劣化がこの段階まで進んでいる場合は、早急に外壁のメンテナンスを行った方がいいでしょう。
 

■まとめ

今回は、外壁塗装のメンテナンスを放置した際に、起こる問題の中で、初期段階と中期段階に起こる問題をご紹介しました。
簡単におさらいすると、塗料の耐水成分が流れ落ちたり、ひび割れが生じたりする、というのが初期段階。
外壁内部に雨水や湿気が浸入することで、外壁内部が腐食し、隙間が生じることによって、深部がどんどん腐食されていくというのが中期段階でした。
 
この段階で外壁塗装の修理を行うことができれば、大きな問題にはなりませんが、そのまま外壁を放置し、最終段階まで進んでしまうと、建物全体が非常に危険な状態となります。
そこで次回は、この初期段階と中期段階の問題に引き続き、最終段階で起きてくる問題についてお話ししていきます!
 
 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ