5月

建物診断で我が家を長持ちさせるには?(耐震診断編)

家を長持ちさせるためには、地震に対して十分な耐震性を持たせる必要があります。家が十分な耐震性を持っているかどうかは、耐震診断により判明します。耐震診断は単に筋違い等の耐震壁の量だけでなく、地盤の状態、プロピィー形式の有無、劣化の状態も考慮して診断されます。

耐震診断は全ての住宅に対して行う必要はありません。建築物の耐震基準法は1981年6月に改正され、新耐震設計基準が採用されました。おもに改正されたのは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の耐震基準です。その後、新耐震設計基準で建てられた建物は、兵庫県南部地震や東日本大震災においても大きな被害はなく、安全性が証明されました。

住宅などの木造建築の基準では、筋違い設置位置のバランスが考慮される基準に改正になりました。木造建築の耐震基準は、その後も2000年までに接合金物の基準が順次改正され、現在の建築基準法と同じになりました。耐震診断が必要な建物は、1981年5月以前に建築確認を受けた建物です。

旧耐震設計基準で建てられた建物が、全て地震に弱いわけではありません。古い建物でも、十分な耐震性を持つ建物もあります。建築物の耐震性は、必ずしも法律の基準に連動して強さが決まるわけではありません。建築基準法は、あくまでも最低限度の基準を定めることで、国民の生命と財産を守ることを目的としています。

現在の建築基準法の耐震基準は、木造では筋違いなどの、耐震壁を設置することにより耐震性を確保する方法をとっています。筋違いは、戦後に建てられたバラック建築などの、仮設的な建物を地震による崩壊から守るには効果がありました。しかし、筋違いと筋違い同士が連動して働かないために、一部の部材に力が集中しすぎ、建物を壊してしまう恐れのあることも専門家の間で懸念されています。

建築基準法は、日本の伝統木工法である、木造軸組工法を採用せず、一部の学者が考えた筋違い工法を採用し、現在に至っています。筋違い法は多くの欠点がある不完全な工法のため、地震のたびに法改正が繰り返されてきました。現在の一部の住宅で耐震補強が必要となるのも、筋違い工法が不完全であるためです。

筋違い工法は不完全な工法のために、構造計算ソフトによる計算が出来ません。通常の構造計算ソフトに筋違いが設置された木造住宅のモデルを入力すると、NGが出て計算が不能となります。そのため国は、鉄筋コンクリート造や鉄鋼造の建物には認められている構造計算方法である許容応力度法を、木造建築に対して認めていません。木造住宅は事実上、構造計算により安全を確認することが認められていない、異常な状態が続いています。

建築基準法の木造に関する耐震基準が不完全である以上、地震のたびになんらかの欠陥が明らかになり、法改正が繰り返されるのは当然のことです。耐震補強も今後、大地震が起きるたびに基準が変わることを覚悟しけらばなりません。家族の安全を守るためには、法の耐震基準をあてにするわけにはいかず、民間の工務店や住宅メーカーでは独自の技術で住宅の耐震性を高めています。

耐震診断で耐震性に問題はないと診断されても、安心は出来ません。まして、耐震性に問題があると診断された場合は、巨大地震が起きた時に倒壊の危険が高いことは明らかです。在来工法で建てられた建物は、耐震補強により耐震性をある程度高めることが出来ます。

耐震診断で耐震性に問題はないと診断された場合でも、それは、不完全な建築基準法に基づいた不完全な基準を満たしているにすぎません。油断することなく、独自に耐震補強を行うことが、住宅を長持ちさせることにつながります。耐震補強をあつかう業者では独自の方法で耐震性を高めるための工法を提供しています。

建築基準法により定められている住宅の耐震性能は、50年に一度起こる可能性のある地震に対して安全性を確保するものです。500年に一度の頻度で起こる、巨大地震に対しては十分ではありません。熊本地震においては、新しい建築基準法により建てられた住宅にも倒壊の被害が見られました。

地震に対して安全な工法は、実は、日本の先人たちが確立していました。伝統木工法は、現代の構造形態では、木造ラーメン工法と呼ばれます。太い柱に対して、梁、差し鴨居、土台、地固めといった横材を組んで、構造を固めるものです。伝統木工法により建てられた建物に、奈良の東大寺大仏殿があります。巨大地震が起きても壊れることはありません。

伝統木工法はその後も大工棟梁により引き継がれ、戦前までは伝統木工法が用いられてきました。明治以降に建てられた木造建築が、近年の大地震で壊れるのは、工法によるものではなく、老朽化によるものです。現代の建築基準法で建てられた建物は、伝統木工法は引き継がれておらず、それ以外の方法で耐震性を高めることが求められます。

新築の木造住宅の場合は、2階床の剛性を高めること、筋違いを基準以上に設置することにより耐震性を高めることが出来ます。既存住宅の補強では、接合部分への補強金物の設置、壁に構造用合板を張るなどの方法が考えられます。


建物診断で我が家を長持ちさせるには?(赤外線診断編)

今住んでいる家を長持ちさせるには建物の見える箇所だけでなく建物内部の状態を診断しなくてはなりません。効率的な方法としては赤外線によりサーモグラフィによって診断する方法がベストをされており、断熱不良や雨漏れが発生している場所の詳細な状態を確認する事ができます。

まず断熱不良の場合ですが、断熱不良が起こる原因として屋根と壁の接合部や屋根を固定している部分からの冷気が建物内部に入るためサーモグラフィでチェックすると内壁の接合部分の温度が極端に下がる傾向があります。

また戸建住宅で屋根裏部屋がある場合、接合部から侵入した冷気が内壁へと冷気を伝え壁全体の温度が下がる傾向があるのでサーモグラフィを使用すれば即座に把握できます。同じ原理で窓際の小さな隙間から冷気が侵入している事もあるので建物診断をする場合は建築材料の接合部分を中心にチェックする事をお勧めします。

次に雨漏れが発生してしまう原因についてですが、多くは外壁の表面が老朽化で剥離してしまい中に雨水が侵入してしまうのです。

通常外壁が工事を行う場合塗装作業を何層かに分けて行うのですが、そのうち一つの層が剥離してしまうとドミノ倒しの様に他の外壁への負担が増し次々と剥離してしまいます。そのためサーモグラフィーでチェックして雨漏れが少しだけだから安全と考えていると1年も経たずに大規模になってしまうので即座に修繕する事をお勧めします。

老朽化の多くは外気が建物内部のイレギュラーな場所に侵入している可能性が高く、破壊活動を行わなくてもサーモグラフィでチェックできるようになっているので自分の家を長持ちさせるためにも定期的な診断をお勧めします。

サーモグラフィの原理は人間の目では判別できない温度の違いを判断する事ができるため、可能であればより詳細な診断を行うために建物の接合部分や屋根に水をかけてみると、水自身やそこから発せられる冷気の侵入経路が分かりやすいので建物内部の状態を診断する時の参考にするようにしましょう。

建物内部の状態を診断できたら次に老朽化している部分を補修するための工事を行うのですが、建物の材質によって工法が大きく違ってくる点に注意してください。例えば木造住宅の場合は充填断熱工法と外張断熱工法どちらの場合も適している工法になっているのですが鉄筋コンクリートを使っている場合は外張断熱断熱工法が適しているので施工前に確認するようにしましょう。

木造住宅の場合はコストの安い充填断熱工法がお勧めできますが、湿気が発生する事で逆に老朽化を促進させてしまう事もあるので防湿気密層と呼ばれている断熱層の低温部に湿気が移動してしまうのを防ぐ層の工事を慎重に行う必要があります。

この作業さえ上手くいっていれば断熱性能が劣化しにくいというメリットが充填断熱工法にはあるので、木造住宅に住んでいる方は充填断熱工法を強くお勧めします。

反対に外張断熱断熱工法の場合は外壁に施工を行うので施工後の経過を確認しやすいというメリットがあります。また外壁に施工を施すので内部のデザインが自由にできるというメリットがあるため自分のデザインした戸建住宅の建築を考えている場合は外張断熱断熱工法がお勧めです。

注意点として外張断熱断熱工法はコストがかかる上に、外壁部分に施工を施すため時間経過とともに劣化する可能性が高く老朽化した場合は再び工事を行う必要がある点が挙げられます。さらに強い地震の際にも施工した物が変形する恐れがあるのでそこから断熱不良や雨漏れを起こす可能性がある点も留意しておきましょう。

反対に外張断熱断熱工法は外壁に施工を施すという仕様上、充填断熱工法と比較して建物内部の建築材が腐朽する可能性が少ない等のメリットがあります。

最後に窓の断熱方法についてですが、近年ではガラスに日射熱を遮蔽したり反射や吸収できるタイプが登場しているので従来と比較して建物内部にイレギュラーな冷気が侵入する等といった事態が発生しにくくなっています。

こういった高機能なガラスは特殊な金属膜をコーティングしてそれを2枚重ねにする事で、より快適な生活空間に仕上がるようになっています。金属膜の種類は遮熱タイプと断熱タイプが存在しているので住んでいる地域に合わせて使う窓ガラスを変えたり季節によって変えたりする事もできるので留意しておきましょう。

この様にサーモグラフィで建物内部の状態を診断し、断熱不良や雨漏れを改善するにはそれに合わせた工法が存在しておりそれぞれメリットとデメリットが存在しているので効率的な運用が必要になってきます。

特に外張断熱断熱工法は家の内装が自由にできる魅力的な工法ではありますが、充填断熱工法と比較して施工箇所が劣化しやすい上に工費も高額になっているので注意が必要です。

また外張断熱断熱工法で施工した箇所の経年劣化を見過ごさないように定期的にサーモグラフィで建物内部の状態を診断する事を強くお勧めします。


建物診断で我が家を長持ちさせるには?(時間と費用編)

住宅は年月が経つに従って劣化して行くものです。とくに外壁などにヒビ割れが発生していたりすると旧耐震基準の時代に建てられた住宅では大規模地震が来ると不安も大きいものです。

そういうことから日々の建物の保守管理は大切になって来ます。少しでも変化が現れたりすると早めの処置を施しておくことが将来にわたって長持ちすることにつながるものです。

時間を先延ばしにしておくと知らない間に外壁の一部が剥がれて落下することもありますし、建物の実態は外見では分からない面も多く地震の繰り返しの揺れで倒壊に至る事態になるかもしれません。

もし床下換気口などの周辺に亀裂が入ったりしているのを発見した場合には建物診断を行っておくともし改修するべきところがあった場合にはどれぐらいの費用がかかるものか、どこを改修すればよいかも教えてもらえます。

建物診断についてはこれまで主として劣化診断が行われて来ましたが、最近は耐震診断や機能診断、省エネ診断や環境診断、安全診断の改良や改善のための診断も行われています。

建物診断にかかる費用については申し込みを行ってからおよそ1週間程度待つと可能となります。建物診断にかかる時間は建物の延べ面積が100平米程度であれば1時間から2時間程度で済むとされていてアパートとか1棟のビルなどの場合は1日がかりになることも十分に考えられます。

建物診断にかかる費用については国土交通省のデータによると8万円から10万円ということになっているようですが一戸建て住宅の場合は5万円程度と言われているようです。

耐震診断料金についてはRC造で延べ床面積が千平米から三千平米の場合だと概ね平米当たり約千円から二千五百円とされています。但し竣工時の一般図面や構造図が存在し、検査済証がある場合で現地調査費も含んだ額とされます。

同じくS造の場合は延べ床面積が千平米から三千平米の建物の場合は概ね平米当たり約千円から三千円とされています。但し竣工時の一般図や構造図があり、検査済証がある場合で現地調査費用も含んだものになるようです。

木造住宅の場合は耐震診断料金は延べ床面積が120平米程度であれば木造在来軸組工法の場合で20万円から50万円とされ、竣工時の図面がある場合の通常料金とされています。

壁式工法や伝統工法ではまた費用も変わってくるようでこれらから住宅を始めとして建物種別価格帯というものもあるようです。従ってこれにかかる費用の見積をとる必要もあります。

建物診断においては今後中古住宅の取引の際にはインスペクション済みというような形で建物診断が常識的になる可能性もあります。ちなみに米国では国土面積も広大なところから遠隔地にいても不動産の状況がよくわかるようにホームインスペクション制度が進んでいて常識的になっているとされます。

建物診断には呼び名も建物調査、建物診断、建物検査、建物チェック、建物チェック、さらには中古物件売買の際に必要とされるインスペクションなどの種類があり、会社によって内容も変わって来るようです。

建物診断は無料でできるところもありその際の診断完了までの手続きとしては、建物診断の問い合わせがあると家屋診断士によって住宅診断が行われ、調査結果の報告と保険申請用の書類が作成され保険申請が行われます。

保険会社による審査が行われて連絡があると修繕工事の請負契約が交わされ、保険会社から保険金が支払われます。入金があると5営業日以内に施工者に対して支払いを行い修繕工事に取り掛かります。約1週間で完了すると工事完了報告書が送付されます。

木造一戸建て住宅の場合は新築や中古を問わず殆どの物件の場合住宅診断や建物診断および耐震診断が実施されるべきと言われています。新築の建売住宅などはハウスメーカーが下請けに出したりすると現場監督の目が行き届かない場合や職人の技術にバラツキもあるとされ建物診断は受けるべきと言われています。

地元の工務店の場合であっても古い技術基準にこだわる場合があり従って施工ミスの生じることもあるものです。このことから購入前にはあらかじめ物件を見極めることが大切になって来ます。

仲介手数料をゼロにするところがあり無料で建物診断を実施しているとされています。ここの考え方は目視による診断と水平器や赤外線水平器、含水率計測など測定機器による診断までは一般的に行われている方法です。

それに加えて鉄筋探査機や超音波クラック深度測定器、赤外線サーモグラフィーやコンクリート圧縮強度検査などの非破壊検査、ホルムアルデヒド測定や放射線量測定、電磁波測定などを含むシックハウスの診断、そして劣化の度合いによる軽減係数を出したり壁量のバランス計算、耐震評点の算出、1級建築士による耐震診断までを行っています。

引き渡しまでに合計4回建物診断が行われますので完了検査では発見できない欠陥も見つけることができるようになっています。よってこういうシステムのとられているところに依頼するのが望ましいとされています。


ただ塗るだけじゃもったいない!?高機能塗料を使うメリット!(防カビ編)

外壁は家の顔ともいうべき部分なので、常にメンテナンスを心掛けて美観を保つことが必要です。特に外壁は紫外線や雨、風が直接に当たる部分なので、家の中でも劣化しやすい部分だといえます。劣化をすると美観を損なうだけでなく、建築素材にまで劣化が影響してくるため、家の耐久性や強度にまで影響を及ぼすことがあります。

外壁をメンテナンスする方法としてが、外壁塗装を行うことが有効な手段です。外壁塗装を行うことによって、時間をかけてこびりついた汚れやカビなどを洗い流すことができます。そしてひび割れしたり欠けている部分を手作業で補修をして下地を整えてから、外壁塗装を行うので新築と同じような美しさを取り戻すことができます。

外壁塗装は一般的に新築の場合は10年に一度が目安になっていて、中古住宅や一度外壁塗装をした物件は8年に一度の目安になっています。ただあくまで目安のため、外壁塗装を行う時期は実際の外壁の状態を確認することが大切です。手で触ると白い粉が付着する場合は塗料に含まれる顔料が剥き出しになっているので塗り替えの時期に入っています。

また、ひび割れが起こっている場合は、すぐにでも外壁塗装が必要です。ひび割れた部分は放っておくと、さらに広がったり深部にまで達するので、建築素材にまで影響を与えてしまいます。早めに必要な補修をすることによって、補修費用も安く済みますし、家の価値を下げないようにすることができます。

自分で外壁塗装をすべき時期がわからないときは専門業者に依頼して、外壁の状態を確認してもらうのも1つの手段です。ただ外壁塗装工事の費用は、業者によって違いますから、複数の業者から見積もりを取ることが必要です。見積もりを請求して、実際に工事担当者と話し合いをして信頼できると感じた業者を選ぶことが大切です。

外壁塗装を行うときに使用する塗料には様々な素材のものがあります。今までよく使用されていたのが、アクリルやウレタン、シリコンやフッ素といった素材を原材料にした塗料でした。それぞれ耐久性や特徴が異なっており、工事にかかる費用も異なります。予算や外壁に求める耐久性などを踏まえて塗料選びをすることが大切です。

そしてさいきんでは、これらの塗料の他に、高機能塗料と呼ばれる塗料の開発が進んでおり、興味を持つ人が増えています。高機能塗料とはその名の通り、外壁に塗るだけの目的ではなく、その他にプラスアルファをした機能を持っている高性能な塗料です。性能が優れているので、価格は比較的高めですが環境に関心を持つ人を中心に人気があります。

高機能塗料にもさまざまな種類があり、断熱効果や遮熱効果、太陽熱を反射する効果がある塗料などがあります。既存の塗料に比べると、高い耐久性があるため、住宅やビルの外壁だけでなく、今までにも宇宙事業に使われたことがあるほどの塗料もあります。開発に高い研究費用がかかっているので、塗料としては値段が高く一般住宅には向いていないこともあります。

高機能塗料のうちの1つである、光触媒塗料を使えば、外壁の耐久性が高まって見栄えがいいだけでではありません。光触媒塗料を塗った外壁に太陽光があたれば、太陽光で汚れを分解して浮かせることができます。さらに浮いた汚れは雨によって汚れが流れるので、自然にセルフクリーニングができるということになります。

外壁の劣化は汚れが付着することから始まります。汚れが付着したところからさらに加速度をついて劣化が進み、そこからカビが発生したりひび割れが起こりやすくなります。しかし自然にセルフクリーニングができるのであれば、汚れが元々外壁に付着しにくいことになるので、劣化が始まるのをおくらせる効果が期待できます。

その他にも高機能塗料の中には、塗るだけで遮熱や断熱効果を得られるものがあります。遮熱や断熱効果があることによって、夏は太陽からのあつい日差しで熱せられる温度を家の中にもちこませないようにすることができます。同じく、冬は家の中の暖房であたたまった気温を外に逃がさないようにする効果があります。

遮熱や断熱効果があることによって、1年を通して室内は快適に過ごしやすくなります。室内の温度を暑すぎず寒すぎないようにする効果が期待できるので、その分、エアコンや暖房器具などの使用を控えることができます。それは光熱費の節約にもつながるので、環境にやさしい塗料だといえます。

高機能塗料は、性能が高く耐久性が高いので、一般的な塗料よりも費用が高くなります。しかし耐久性が一般塗料よりもかなり長いため、長い目で見るとそれほど工事費用が高くない場合もあります。環境にやさしい塗料を選びたい、家を快適に過ごしたいという場合は、高機能塗料を選ぶのもおすすめです。

大切な家に使用する塗料ですから、高機能塗料のようにこだわった塗料を選ぶことで、さらに家への愛着がわきますし、家の寿命をのばすことができます。


ただ塗るだけじゃなもったない!?高機能塗料を使うメリット!(耐水性編)

マンションの場合には、マンションの管理組合もありますし、経年劣化に伴い、修繕をしたりそれにかかる積立をしているケースがほとんどです。

もちろん外壁であったり、共用部分の不具合などが出た場合には、修繕費などから使われることになりますので、個人宅で急な出費が発生するということもありませんし、どういった素材のものをつうか、また業者選びであったり、内容なども全体的に決めるということになりますので、あまり自分で調べたりということは必要ないかも知れません。

しかし、一戸建てとなりますと、すべて自分で決めたり選んだりしなければなりません。

リフォームの不具合なども、自己責任になってしまいますし、業者選びから始まり、さらにどういったものを使っていくか、その方法なども、見積もりをしたり、調べたり、また目的に合わせて選択していくことになります。

各所において、耐久年数というのがありますので、それぞれメンテナンスをしていくことが必要です。

それを怠ってしまいますと、建物自体の耐久年数も早まってしまうことになりますし、長く住むマイホームですので、大切にしていくために、メンテナンスはマメにしておく方が安心です。

壁や屋根のひび割れでは、専門業者に依頼することになりますが、その選び方としては、やはり口コミ評判から始まって、作業時のリフォームの不具合などの体験談なども参考にしながら選んでいきましょう。

さらに、現地訪問をしてもらい、見積もりを取るということが流れとしてあります。

業者によって、設定されている金額も異なりますし、使用するものや材料なども異なりますので、ニーズに合わせて選んでいくことが求められます。

壁や屋根のひび割れにおいては、雨漏れを防ぐことができるような高機能塗料を使うということがおすすめです。

これは、できれば注文住宅であれば、この塗料を使っておくということが理想的です。

もちろん分譲住宅の場合には、もう出来上がってしまっていることが多いこともありますので、選択することが出来なかったりしますが、分譲住宅でも、場合によっては、施工前の段階であれば、オプションとして色々選択をすることが可能なこともありますので、相談されてみる事をおすすめします。

雨漏れを防ぐことができる後期の塗料を使っていることで、耐年数を長くすることができますし、リフォームの間隔を広げていくことができるというメリットがあります。

素人ですと、どういった塗料を使うかなど、細かいことはよくわからないで、そのまま任せてしまうということもよくあることです。

しかし、知識としてこういったものがあるということを知ったうえで、見積もりを取ってもらったり、要望として取り入れてもらうことができますので、特に一軒家で自分でカスタマイズしていくことができるのであれば、より長くきれいに使っていくことができる環境に整えていくということがおすすめです。

費用は、高機能塗料の方がもちろん高くかかりますし、その費用だけ比較すると、高く感じてしまうこともあるかも知れません。しかし、最終的に次回のメンテナンスやリフォームの時期を遅らせることができるということになれば、それだけ節約できるということになります。初期投資という考え方をすれば、その時の出費の多さだけで決めるのはやめた方が良いでしょう。

同じ高機能塗料にも色々な種類がありますし、メーカーも違います。それぞれの特徴があったりしますし、取扱いをしている業者も限定されていることもありますので、素人さんですとなかなか難しいかも知れませんが、ネットなどでの知識だけでも少し入れておくと、話もスムーズに進めていくことができるでしょう。

やはり、たかが塗料と思うこともあるかもしれませんが、実際に壁や屋根のひび割れもしにくく、また雨漏れを防ぐことができる塗料ですと、全然耐年数にも影響してきますし、その違いは数年間たった時に一目瞭然です。

その時には色などだけで選んでしまうこともあるかもしれませんが、より深いところで考えたときに、この高機能塗料は耐水性もあるものは、本当におすすめですし、実際に利用された方の声としても、満足度が高い傾向があります。

満足度が高く、口コミで話題になっているものというのは、それだけ理由があるという考えも入れておきましょう。

作業を依頼するのにあたり、同じ費用であれば、安いところを選びたいところですが、丁寧さであったり、作業の取りかかりから終了までのスピード、そして料金の明確さ、色々な点で、比較をして施工してもらう業者を選んでいくようにしましょう。

勿論ひとつの会社で即決する必要はありませんし、いくつかの会社に実際に訪問してもらい、見積もりを出してもらうということから始めていくのが良いでしょう。

その際、対応の良さというのも選択ポイントの一つとなる場合もありますし、相性もありますので、まずは見積もりからです。


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ