1月

外壁を長持ちさせる方法 part2

今回も前回に引き続き「外壁を長持ちさせる方法」についてお話ししたいと思います。
ぜひ前回の記事と合わせてご覧いただければと思います。

・塗る回数を増やす
外壁塗装では「三度塗り」と呼ばれます。
その名の通り、下塗り、中塗り、上塗りの3回を行うというものです。
これを行うことで、塗料が厚く成り、頑丈な壁となるのです。
この三度塗りをしない悪徳業者に依頼した場合、耐用年数がぐっと下がってしまいます。
ある意味業者選びをしっかり行うというのも、外壁を長持ちさせる方法なのかもしれません。

・立地条件に合わせた塗装を行う
外壁といっても、立地条件によってさらされる環境は異なってきます。
例えば南側は太陽が当たるので北側よりも早く劣化します。
また、北側は光が当たりにくくコケやカビが発生しやすいといえるでしょう。
このような環境に合わせて特性のある塗料を用いるのも効果的です。
それぞれの特徴を理解して、それにあったメンテナンスを行うことをこころがけましょう。

いかがでしたでしょうか。
外壁を長持ちさせるということは、お家自体にも、さらには財布にも優しいものです。
ぜひこれらを参考に外壁を長持ちさせてくださいね。

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁を長持ちさせる方法 part1

外壁というのは多くの方の目に触れる部分でもありますし、いつまでも新築の時のきれいな状態を保ちたいですよね。
そこで今回・次回の二回にわたって「外壁を長持ちさせる方法」をご紹介したいと思います。

一般的に「新築から10年」というのが外壁塗装の目安だといわれています。
もちろん、その後も定期的に塗り替えを行う必要があるでしょう。
これはお家を守るためには大切なことです。
しかし、なるべくきれいな状態を保つよう心がけることで、大規模なリフォームは避けることができるのです。
大規模なリフォームになると当然費用も掛かりますので、財布のことを考えてもなるべくきれいな状態を保ちたいですよね。

ではいったいどうするのがいいのでしょうか。
今回は外壁を長持ちさせる方法をご紹介していきます。

・コケやカビなどはしっかり掃除を行う
外壁でコケやカビを目にしたことはないでしょうか。
見た目が汚いこれらは見つけた時になるべく早く掃除をしてしまいましょう。
放っておくと外壁の劣化の原因になってしまいます。

・耐久性の優れた塗料を用いる
こちらは単純ではありますが効果的な方法です。
塗料にはさまざまな特性が付与されています。
塗料を選ぶ際に「耐久性が優れている」ことに重点を置くのも言うまでもなく効果的です。

いかがでしたでしょうか。
次回も外壁を長持ちさせる方法についてお話しするので合わせてご覧ください。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


ナノテク塗料について~メリット・デメリット~

前回は、ナノテク塗料の特徴についてお話ししました。今回は、他の塗料と比較し、メリットデメリットを分析したいと思います。まずは、メリットから。
まず、前回、ナノテク塗料にはセルフクリーニング効果があると話しました。セルフクリーニングができる理由は、ナノテク塗料がナノレベルでの超微粒子から構成されてり、外壁に均一に分散されることで、滑らかな塗膜を形成できるからです。汚れが侵入できなくなる、つまり、汚れが浮かされ、雨が降れば、汚れはそのまま洗い流されるということです。したがって、外壁をいつもきれいな状態に保つことができるのです。

また、防カビ・防藻性があります。微生物繁殖を抑えることができるのです。

三つ目は、ナノテク塗料は、速乾性があります。速乾性があるということは、工事期間が短縮できるということです。なるべく早く工事を終わらせたい方にいいかもしれません。

一方で、デメリットとしては、かなり高額なコストとなります。高額な理由はまだあまり広まっていないことが考えられます。したがって、広まっていけば、徐々に価格は下がるでしょう。

いかがでしょうか?ナノテク塗料は、かなり高額なのがネックです。しかし、それに見合うパフォーマンスがあります。ナノテク塗料を採用すれば、あなたの家の外観はきれいな状態に長期間持続することができるでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


ナノテク塗料について~特徴~

さて、今まで、多くの塗料について記事を書かせていただきました。塗料の種類をどれにするか決めることはできましたか?決めることができている人もできていない人も今回紹介する塗料を知っていただき、検討してほしいです。その塗料は、ナノテク塗料です。ナノテク塗料とは、最新テクノロジーを駆使した塗料のことです。

まず、ナノテクノロジー塗料とは、最新技術により、塗料の樹脂量を最小限まで減らしたものです。また、この塗料は、光触媒塗料と同様に、セルフクリーニング効果があります。光触媒塗料は光が必要でしたが、ナノテク塗料はあまり光を必要とせず、ナノテク塗料を塗装することで雨水により汚れを洗い落とせます。つまり、防汚性が高いのです。

また、ナノテク塗料は、水性塗料なので、環境に優しい塗料です。ナノテク塗料はナノレベルの超微粒子から構成されており、外壁に均一に分散されています。こうすることで、滑らかな塗膜を形成することができ、汚れが入り込みにくくなるのです。これにより、セルフクリーニングを可能にしているといえるでしょう。

いかがでしょうか?ナノテク塗料は、水性塗料であり、セルフクリーニングができるところが大きな特徴です。地球問題を考慮しつつ、塗料を選ぶのなら、ナノテク塗料を採用してみては?

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


光触媒塗料について~デメリット~

前回は、光触媒塗料のメリットについてお話ししました。紫外線により汚れを分解し浮かせ、雨が降るだけで洗い流すことができるようにする効果(セルフクリーニング効果)をもつ光触媒塗料。環境に最も優しい塗料といえます。さらに、耐用年数も長いので、機能面も優れています。まさに次世代の塗料である光触媒塗料なわけですが、大きなデメリットがあります。

まずは、光に当たらないと、光触媒塗料は効果が薄いという点です。光が当たってはじめて、有機物分解をし、塗膜表面は超親水状態になるのです。日陰部分にある場合は、光触媒塗料は最大の効果を発揮することはできません。

また、当然ながら、雨が降ることではじめて、汚れが洗い流されます。そのため、雨水が外壁に触れることが前提です。したがって、雨が降っても、雨水が当たらない壁は有機物を分解することはできたとしても、セルフクリーニング効果は期待できません。

そして、分解能力が限界に達すると、分解できません。たとえば、無機質系の汚れの場合や多量の汚れなどは、分解することは難しいかもしれません。

いかがでしょうか?光触媒塗料にも限界があるということです。しかし、光に当たること、雨水に当たること、有機物であることなど、これらの条件を満たすことができれば、光触媒塗料は最も優れた塗料の中の一つでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


光触媒塗料について~メリット~

前回は、光触媒塗料の特徴についてお話ししました。光触媒塗料のメカニズムを理解することはできましたか?光触媒塗料は、自然の力を利用するという点では、今までの塗料にはない特徴かもしれません。そんな光触媒塗料は他の塗料と比べてメリットはあるのでしょうか?

まず、あげられるのは、防汚性です。前回、光触媒塗料のメカニズムを話しました。光に当たると、二つの結果を得ることができたと思います。それは、有機化合物の分解と超親水状態になることです。超親水状態になることで、雨が降っただけで、セルフクリーニングすることができるのです。これにより、長期間外壁をきれいな状態に保つことができます。

また、上記の効果により、カビや藻の繁殖も防ぐことができます。つまり、防カビ性と防藻性もあるということです。

さらに、大気にある有害物質も分解し、除去する効果もあります。外壁だけなく、空気もきれいにしてくれるのです。

いかがでしょうか?光触媒塗料を採用することで、外壁をきれいにするだけでなく、空気もきれいにしてくれます。つまり、環境に最も優しい塗料ということができます。環境問題を考えなければならないという状況にあるので、これから光触媒塗料が主流となっていく日も遠くない気がしますね?

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


光触媒塗料について~特徴~

光触媒塗料をご存知ですか?
光触媒塗料は、ラジカル塗料と同様に、最近発売された塗料で、次世代の塗料と呼ばれるほど期待されている塗料なのです。また、光触媒塗料をご存知の方も、光触媒塗料のメカニズムを説明することはできますか?そこで、今回は、光触媒塗料の特徴を、メカニズムとともに、お話ししたいと思います。

まず、光触媒塗料は、一言でいえば、以下のメカニズムを取り入れた塗料のことを指します。

塗料の原料である酸化チタンが光に当たり、活性酵素を生成

この活性酵素は、有機化合物を水と炭酸ガスに変える

酸化チタン表面が水となじみがいい状態になる

そして、このメカニズムを取り入れることで、塗膜表面にくっついている汚れ(有機化合物)を分解し、雨が降れば、汚れを洗い流すことができます。

つまりは、自然の力で汚れを洗い流すことができるというのが、光触媒塗料の最大の特徴です。

さらに、耐用年数も約20年とされていて、耐久性は非常に高い塗料となっています。

いかがでしょうか?光触媒塗料を採用すれば、いつも外壁をきれいな状態に保つことができます。工場地帯などの密集地にお住まいの方は、ぜひ検討してみてください。

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


ラジカル塗料について~デメリット~

前回と前々回では、ラジカル塗料の魅力についてお話ししました。ラジカル塗料は、外壁をきれいな状態に保ち、寿命も高めてくれる、スーパーな塗料です。さらに、価格もフッ素塗料より低いことから、コストパフォーマンスにも優れているといわれています。そんなラジカル塗料に弱点はあるのか?実は、あります。では、ラジカル塗料にはどんなデメリットがあるのか、今日は、そんなところに焦点を当て話したいと思います。

それは、ラジカル塗料が最近発売されたことから起こるデメリットです。

まず、最近使用されはじめたということは、アクリル塗料、ウレタン塗料、そして、シリコン塗料などに比べて、実績が少ないということを意味します。したがって、お客様は少し不安を抱くかもしれません。

また、知名度が低い。やはり、この記事で初めてラジカル塗料を知った方は多いです。これも、ラジカル塗料採用になかなか踏み出せない要因かもしれません。

そして、ラジカル塗料を扱ったことがない塗装屋もあります。ですので、もしラジカル塗料で塗装をお願いするのであれば、実績のある塗装屋を選びましょう。

いかがでしょうか?ラジカル塗料は、塗料界の新星といえるようなグレードの高い塗料ですが、それはまだ実績が少ないことも意味します。塗装屋選びには注意が必要です。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


ラジカル塗料について~メリット~

前回は、ラジカル塗料の特徴についてお話ししました。
今までの塗料にはない特徴を持った塗料でしたね?その特徴は、ラジカルの発生を抑えることができる点でした。ラジカル塗料に含まれている2つの成分、高耐候酸化チタンと光安定剤がラジカルの発散を抑え、劣化しにくい塗膜を形成しているとお伝えしました。そんなラジカル塗料は、他の塗料と比較すると、どんなメリットがあるのでしょうか?

まずは、耐久性の高さと価格です。シリコン塗料よりも耐用年数が長く、フッ素塗料よりも安価な点がラジカル塗料の大きな魅力といえるでしょう。

また、前回もお話しした2つの成分、高耐候酸化チタンと光成分のおかげで、塗膜の寿命を高めることができます。フッ素塗料以外に塗膜が長持ちする機能はありませんでしたが、ラジカル塗料にも同じような機能があることは大きなメリットです。

さらに、ラジカル塗料には低汚染性があります。ラジカル塗料の塗膜はツヤ有りの光沢が出る塗膜で、それには汚れを付着しにくい効果があります。

そして、防藻、防カビ機能があります。カビが出やすい外壁でも、カビの発生を抑えてくれます。

いかがでしょうか?汚れや塗膜の寿命に悩みを抱えているあなた。ラジカル塗料はその悩みを解消してくれる塗料なのかもしれませんよ。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


ラジカル塗料について~特徴~

ラジカル塗料をご存知ですか?おそらく、この塗料を知らない方は多いと思います。というのも、最近発売された新しい塗料だからです。今までの塗料にはない大きな特徴を持っているラジカル塗料。どのような塗料なのでしょうか?

ます、ラジカル塗料とは、一般的には、ラジカルの発生を抑え塗膜が劣化しにくくする塗料とされています。では、ラジカルとは何のことでしょうか?

ラジカルとは、紫外線や水などが顔料に触れることで生まれる劣化を促進する因子のことです。ラジカルが発生してしまうと、塗膜が劣化し、塗装も劣化するという負のスパイラルが起きてしまいます。

そんなラジカルを抑えるために、ラジカル塗料には以下の2つの成分が含まれています。

・高耐候酸化チタン
酸化チタンとは、ラジカルを発生させている成分。しかし、高耐候酸化チタンはラジカルバリアという能力があり、ラジカルを外部に発生させない機能を持っています。

・光安定剤
発生してしまったラジカルを捕まえてラジカルの働きを抑える能力を持っています。

ラジカル塗料は、この2つの成分を含むことで、ラジカルの発散を抑え、劣化しにくい耐候性のある塗膜にするのです。そんなラジカル塗料を採用してみませんか?

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 212
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ