12月

外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方 ~パート5~

こんにちは、美和建装です。
前回は、外壁塗装の悪徳営業マンを見極める手段として、塗料の説明を要求する質問や社長に関する質問をするとよいとお伝えしました。こういった質問に加えて、営業マンの質を見極めるのに有効な手段があります。それは、実際に訪問してきた営業マンに宿題を出してみるということです。

例えば、「提案してもらった2つのパターンの見積もりの項目別の差額がわかるような資料を用意してほしい。」といった質問が有効になります。なぜなら、自分が知りたいことであるのに加えて、ある程度の手間がかかる資料であるからです。契約すると100万以上もするような買い物ですから、一般的にもこういった質問は全く問題ありません。

こういった宿題を出したときの、営業マンの反応によって信用していいかどうかがわかります。この手の宿題に対して、面倒くさそうな態度を取られたのなら、信用すべきではありません。

仮に反応が良くても、もう一度確かめるために次は作られてきた資料の質を見極めるようにしましょう。手抜きだったり、的外れな内容だったりした場合、その営業マンを信用すべきではありません。

外壁塗装の訪問販売で、営業マンがやってきた際には今まで挙げた点について注意しましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方 ~パート4~

こんにちは、美和建装です。
前回は、外壁塗装の悪徳営業マンの特徴についてお話し、すぐに契約の決断を迫ってくる営業マンは避けるべきだということをお伝えいたしました。今回は、そういった悪徳営業マンを見極めるために使える有効な手段を伝授いたします。

有効な手段として挙げられるのが、営業マンに塗装に関する知識を問う質問をしてみることです。工事の手順や塗料の種類など、そういった知識すらもない営業マンなら絶対に信用しない方がいいでしょう。

問うべき質問を2つほどご紹介させていただきます。

1つ目が、「ガイナの特徴を教えてほしい」という質問です。ガイナとは、塗料の1種で、特殊セラミック層で構成されています。ガイナは、塗料の中でも比較的値段が高いですが、高性能です。上質な塗料であるがゆえに、塗装業者の営業マンはこれについて深く知っておく必要があります。これについて知らない営業マンはまず信用しない方がいいでしょう。

2つ目が、社長の人柄を問う質問です。ちゃんとした会社の営業マンなら、堂々と社長について語れますが、何か裏目のあるような会社の社長について堂々と語ることはできないでしょう。

最後の質問については、次回ご説明させていただきます。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方 ~パート3~

こんにちは、美和建装です。
前回、前々回と、外壁塗装の営業の現状についてお話しし、歩合制というシステム上、悪徳営業マンがはびこりやすいとお伝えしました。今回は、そんな営業マンの見極め方についてお話しさせていただきます。

まず、結論から申し上げますと、基本的には訪問販売にやってくる営業マンとは関わらない方がいいでしょう。まともな会社の営業マンである可能性も十分高いですが、確率的に訪問販売にやってくる営業マンはよろしくない人であるケースが多いです。

よくある手口としては、長話になり話が盛り上がってきたところで、見積もりの話をしてくる営業マンです。この話の後に、顧客の住宅の外観をざっくりと見渡し、持っている見積もり表に数字をどんどん書いていきます。この数字が、外壁塗装にかかる費用となります。

なぜ、このような行動に出るかというと、実際の数字を出して、顧客に契約するかしないかの決断を迫りたいからで、そうした方が全体的な効率も良いからです。また、その数字も相場より高めであることが多いです。

ですので、こういった手口を使ってくる営業マンは避けるようにした方がいいでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方 ~パート2~

こんにちは、美和建装です。
今回も前回に引き続き、外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方をご説明させていただきます。

リフォームの訪問販売は、前回ご説明させていただいた通り、トラブルが起こりやすく、それは担当の営業マンの質の悪さが原因です。実は、外壁塗装はそういった悪徳営業マンにとって、一番やりやすい商材なのです。なぜなら、外壁は外に晒されていて、攻めるポイントが事前にわかるので、町を散策しながら狙いを定めやすいからです。狙いを定めると、訪問して口八丁手八丁で値段を高めに設定し、顧客に契約させようとしてきます。

ただ、すべての外壁塗装の訪問販売の営業マンが悪いというわけではありません。しっかり、顧客の声を聞いて対応してくれる営業マンも多くいます。

しかし、こういう現状があるからこそ、皆さんはその特徴をしっかり理解した上で、訪問販売にやってくる外壁塗装の営業マンをきちんと見極めなければなりません。

次回は、本題である訪問販売にやってくる営業マンの見極め方についてご説明させていただきます。

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方 ~パート1~

こんにちは、美和建装です。
みなさんは、外壁塗装の訪問販売営業を受けたことはありますか?その際、皆さんはどういった観点で塗装業者を選んでらっしゃいますか?または、選ぶ予定でしょうか?

考慮する点としては、費用や工事にかかる期間など色々あるかと思いますが、これらの点よりも重要で、かつ注意しなければならない点が一つあります。

それは、訪問販売にやってくる営業マンを信頼できるかどうかという点です。実は、担当の営業マンは、外壁塗装工事の成功、失敗に大きく作用します。今回は、外壁塗装における訪問販売の営業担当の選び方をご説明させていただきます。

一般的に、リフォーム、不動産などの営業マンは、歩合制で出来高によって給料が変わってきます。なので、受注をなるべく多く取れるよう無理に契約をしてもらったり、時にはうそをついてしまったりする方が多いのが現状です。

営業の中でも、特に問題が起こりやすいのが、訪問販売の営業です。かつて、リフォームの訪問販売でもトラブルが多発し、社会問題になりました。そのせいでリフォームの訪問販売は悪だという考えが世間的に広がってしまいました。

次回に続きます。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における足場について パート2

こんにちは、美和建装です。前回は足場の必要性と、その相場についてお話し、足場はあるに越したことがないということをお伝えしました。今回は、そんな足場の種類についてお話いたします。

まず足場の種類の1として挙げられるのが、単管足場です。これは単管というパイプを2本並べて組み立てていく足場で、パイプとパイプの間に、隙間があるので少し危険です。細いので融通が利く分、狭い箇所で使われます。

次に、単管プラケット足場についてご説明させていただきます。こちらは、単管足場に比較すると、安定して足を乗せられるスペースがあるので安全です。ただ、ボルトを締め間違えたり、閉め忘れたりすると、揺れやすくなってしまう。また、組み立てるのにも時間がかかってしまうのがデメリットだと考えられます。

最後にクサビ足場をご紹介いたします。プラケットを基礎土台に差し込んでいくだけで完成するので、素早く作ることができる足場です。また、足を置けるスペースも広いので、作業している人の安全性も確保することができます。

足場は、塗装のクオリティーに関わってくるので、それぞれの特徴をしっかり理解しておきましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における足場について パート1

こんにちは、美和建装です。
外壁塗装工事をする際に、必要になるのが足場です。足場とは、名前の通り塗装業者が屋根や外壁の高いところを塗装しやすいように用意する足場のことです。今回は、足場の必要性と相場についてお話しいたします。

まず足場が必要かどうかについてですが、結論から述べますと、あって悪いことはないです。近年では、足場がなくても塗装を行えるから大丈夫だろうと考えられる方は多いです。たしかに、足場がなくても塗装工事はできます。しかし、問題なのは足場なしの工事では、塗装のクオリティーが下がってしまうことです。ですので、足場は組んでもらうに越したことはありません。

次に足場の相場についてお話しいたします。足場は1平方メートルにつきおおよそ700円から1000円と考えてもらえれば大丈夫かと思います。ですので一般的な一軒家ですと、だいたい合計金額は15万から20万くらいと考えられます。明らかに、この相場よりも高い金額を要求された場合は、その業者にしっかり話を聞いた方がいいでしょう。

次回は、足場の種類についてお話しいたします。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


塩害による外壁塗装の被害について パート2

こんにちは、美和建装です。
前回は、外壁塗装における塩害の特徴についておおまかにご説明させていただきました。今回は、そんな塩害への対策法についてお話しさせていただきます。

まず、塩害対策の有効な対策法の1つとして、外壁をこまめに洗うことが挙げられます。塩害が発生するそもそもの要因は、風によって運ばれてきた塩が家の外壁に付着することです。それを、こまめに洗い流すことによって、塩害の発生を防ぐことができます。このときに使えるツールが高圧洗浄機で、ブラシなどで洗うよりも手間を省くことができます。

また、外壁を塩害に強いものにするのも1つの手段です。塩害に強い外壁材として有名なのが、樹脂サイディングと呼ばれるものです。この外壁材の特徴としては錆びないという点が挙げられます。

最後に、外壁をガラスでコーティングするのも有効です。ガラスは、基本的には塩害の影響を受けません。ですので塩害に弱い外壁の上に、塩害に強いガラスをコーティングすれば、中の外壁が痛むこともありません。

いかがでしたでしょうか?

塩害の特徴をしっかり理解して、しっかりと対策を行うようにしていきましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


塩害による外壁塗装の被害について パート1

こんにちは、美和建装です。皆さんは、海の近い家に憧れを抱いたりしたことはございませんか?毎朝、波の音に目を覚まして、窓から外を覗けば、一面に広がるオーシャンビュー。こんなに理想的な家は他にはないでしょう。しかし、実は海に近い家は、塩害という被害にあってしまいます。今回は、そんな塩害について詳しく説明させていただきます。

まず、塩害とは潮風が家の壁面に当たり、家の劣化を促進してしまうことです。通常の雨や風でも、家は少しずつダメージを受けてしまいますが、潮風はそれよりも早いスピードで、家を劣化させます。

塩害の被害を受けている壁はわかりやすい特徴があります。それは塩害を受けている壁には、白い塩の塊ができていることです。無垢材にこびりつくと、取りにくいのでこまめにチェックする必要もあります。

また、金属製の外壁の場合、塩害によってさび付いてしまうことがあります。海沿いに家を建てる際は、基本的には、金属製の外壁を避けた方が無難かと思います。

いかがでしたでしょうか?塩害は海沿いに家を建てるとどうしても発生してしまいます。次回は、塩害の対策方法についてお話しいたします。

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装における塗料の基礎知識 ~塗り替え季節編~

こんにちは、美和建装です。
前回は、外壁塗装で使われる塗料の寿命について、種類別にご説明いたしました。今回は、外壁塗装をする際の季節別の注意点についてお話しします。

外壁塗装は基本的には1年間季節を選ばず行うことができます。しかし、以下の条件を満たしていることが必要です。

1つ目は気温が5度以上であること、2つ目は湿度が85パーセント以下であることです。

この条件を満たしていない場合、せっかく塗った塗料がすぐに剥がれ落ちたり、そもそも接着させることができなかったりします。つまり、乾燥するのに良い条件ではないのです。

1年中外壁塗装工事はできるといっても、季節によってやりにくい時期もあります。避けた方がいい時期は、梅雨です。皆さんご存知の通り、梅雨は雨の季節ですので、自然と湿度が上がってしまいます。 また、夏や冬もできれば避けた方がいいでしょう。夏は湿度が高なりますし、冬は気温が極端に低いです。また夏のもう1つのデメリットとしては、非常に暑いことによって職人さんの作業効率が落ちてしまう点が挙げられます。

上記の点を考慮すると、外壁塗装工事を行うのに適した季節は春か秋ということになります。

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 3123
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ