外壁塗装の工法~ローラー~

みなさんは、外壁塗装を行う工法にも種類があるってご存知ですか?
実は、工法には「ローラー」と呼ばれるものと「吹き付け」と呼ばれるものがあります。
イメージしがちな刷毛は、外壁や屋根といった塗装で全面に用いられることはないのです。驚きですよね。
工法が二つある、と知ったら気になるのは「どっちがいいのか」ですよね。
そこで今回は二回に分けてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

 

まずは「ローラー」についてみていきましょう。
ローラーにおける塗装のメリットとしては、まず飛散が少ないことが挙げられます。
塗装を行う上で、ほかのものに塗料が付着するというのは大きな問題です。
飛散が少ないと、塗装を行う側もしてもらう側も、その心配が少しは和らぎますよね。

 

 

また、塗りむらが出にくいというのも大きなメリットでしょう。
きれいな塗装を行う上でむらになるというのは大敵です。
それが起きにくいというのはうれしいですよね。

 

 

一方でデメリットとしては、工事が遅いことが挙げられます。
また、細かい部分の塗装には向かないともいえるでしょう。
不安な場合は、業者の方に聞いてみるのもおすすめですよ。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ