10月

塗装工事中の外出

外壁塗装・屋根塗装の工事は、家の周り、生活の近いところで職人さんが作業を行います。
実際に工事が始まってみると、「外出しても問題ないのかな?」と思う方も多いことでしょう。
そこで今回は、悩みがちな塗装工事中の外出についてお話ししたいと思います。

 

 

結論から言うと、基本的に外壁塗装・屋根塗装の工事中は普段通り外出して問題ありません。
ただ、注意したいことがあるのでお伝えしますね。
普段も気を使われている方が多いのは承知ですが、工事中はいつにも増して戸締りを意識してください。
塗装工事中は、家の周りに足場が組まれることがほとんどです。

 

 

職人さんたちが作業しているときは、職人さんに一言かけて外出するのもいいでしょう。
また、工事期間といっても常に職人さんが近くにいるとは限りません。
そんな時、もし戸締りを怠っていると簡単に空き巣は家に侵入することができます。
また、家の中が外からも見えやすいので、空き巣にとってはこれほどよい状況はありませんよね。

 

 

これらのことに注意をして、安心して外出をするようにこころがけましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


塗装工事中の洗濯

外壁塗装も立派な工事のひとつです。
足場を組んだり、養生を行います。
そうなると、気になるのは「洗濯」問題ですよね。
みなさん一度は疑問に感じたことがあるのではないでしょうか。
そこで今回は塗装工事中の洗濯についてお話ししたいと思います。

 

 

結論から言えば、工事内容によって洗濯が干せないということもあります。
最近では塗装において塗料が飛び散ることは少ないです。
しかし、高圧洗浄の際などに汚れが飛び散ることは十分にあるでしょう。

 

 

また、ベランダやバルコニーの塗装を行う際には、特に洗濯物を外に干すのはおすすめできません。
可能性として、塗料が飛び散ることはあり得ます。
近年ではそのような塗料を使用することは少ないですが、シンナーの臭いがつくこともないとはいえません。
さらに、作業を行う職人さんにとっても、洗濯物を干しているとプレッシャーになります。
もともと慎重な作業ですが、洗濯物があると気になりますし、さらに緊張してしまいますよね。
工期の間だけは、部屋干しを行うことをおすすめします。
もしどうしても外で干せないか気になる、という方は専門業者の方に聞いてみるのも一つの手かもしれませんね。

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


洗浄について~バイオ高圧洗浄・高圧トルネード洗浄~

前回に引き続き、今回も塗装をするには欠かせない工程、「洗浄」についてお話ししたいと思います。
今回は、高圧洗浄ではなく、バイオ高圧洗浄・高圧トルネード洗浄をご紹介していきますね。

 

 

バイオ高圧洗浄は、コケやカビが発生してしまっている場合や、今後コケやカビを発生させたくないときに用いられます。
高圧洗浄と異なるのは、薬剤が含まれた洗剤を使うという点です。
洗剤を用いることで、高圧洗浄では落としきれないカビやコケ、藻を落とすことができます。

 

 

では、次に高圧トルネード洗浄についても見ていきましょう。
高圧トルネード洗浄は、主に屋根の洗浄の際に使用されます。
コケやぬめりをとるのに効果的です。
しっかりと汚れを落とすと、屋根の見た目が見違える、なんてこともあります。
屋根がきれいだとおうちも引き締まって見えるのでおすすめです。
バイオ高圧洗浄のように洗剤を用いるというわけではないのですが、
水を噴出するノズルの形が特徴的だといえるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?
前回と今回で紹介したように、洗浄には様々な種類があります。
ぜひこのような特徴も知った上で、塗装工事に挑んでくださいね!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


洗浄について~高圧洗浄~

塗装工事を行う際に、高圧洗浄というのはよく聞きますよね。
高圧洗浄は塗装を行うにあたって非常に重要な工程です。
そこで今回は「高圧洗浄」についてお話ししたいと思います。

 

 

高圧洗浄とは、その名の通り高圧洗浄機を使って汚れやカビ、コケ、旧塗膜などを洗い流すことを言います。
高圧洗浄機は100~150kg/平方cmという強い圧力で水が噴射されます。
その力で汚れがきれいにとれるのですね。
洗浄の際は汚れなどが飛び散りますので、一般的には防止のためにシートがかけられます。

 

 

また、サイディング・モルタル・鉄部といった素材に合わせて、水圧を変えます。
サイディングにおいては、チョーキング現象が進行していると、しっかり洗浄をしないと塗料のはげにつながります。
モルタルの場合は、あまりにもカビがひどいとバイオ高圧洗浄、トルネード洗浄などが行われることもあるといわれています。

 

鉄部は、カビやコケの発生が多いため、高圧洗浄機でしっかり落とすことが必要となります。
このように、素材にはそれぞれの症状の特徴があります。
ただ、共通して洗浄をしっかり行うことが塗装の土台をつくるのです。
意外と重要な洗浄、ぜひ頭の片隅にでもおいておいてくださいね!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


雨の日の外壁塗装工事

外壁工事というのはあまり馴染みがなく、分からないことが多い!という方も多いことかと思います。
その中でも「雨の日の塗装ってどうなるの?」と疑問を感じたこと、一度はあるのではないでしょうか。
そうです、塗装を行う工事で雨の日というのは厄介なのです。

 

 

基本的に、雨や雪が降った日というのは工事は行えません。
水性塗料の場合は、塗装の際に雨がかかってしまうと仕上がった時にむらになってしまいます。
また、湿度が上がっていると外壁の乾燥にも影響がでてしまうのです。
屋根の塗装を行う際には、雨が降っていなくても、塗装後1~2時間で雨が降りそうな天気の時に行わないこともあります。

 

 

しかし、雨の日の工事が行われない理由は、仕上がりや施工だけではありません。
雨の日はご存知の通り足元が滑りやすくなります。
足場の上での作業となると高い位置での作業になりますし、職人さんたちのことを考えると、雨の日は作業を行わないほうが賢明な判断だといえます。
ただ、雨の日でも足場の設置・解体であったり、高圧洗浄や下塗りといった作業は行えるので安心してくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?
もしどうしても雨で工期が遅れるのが困るという方は、梅雨などは避けたほうが無難でしょう。
ぜひこのようなことも視野に入れて、外壁塗装の時期を検討してみてくださいね。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁塗装と植木・車

外壁塗装工事で不安な点、といえば周囲のものに塗料が飛び散らないかということですよね。
今回は、特に植木と車において、みなさんのその不安を解消したいと思います。
ぜひ最後まで目を通してみてください。

 

 

外壁塗装工事では、一般的に「養生」が行われます。
養生とは、塗装したい部分以外に塗料がつかないようにシートやテープなどで覆うことを指します。
この際、植木はシートの外に移動すれば問題ありません。
影響のありそうなものは業者の方に教えてもらえるでしょう。
また、わかる範囲では自分で移動しておくことをおすすめします。

 

 

では、車はどうでしょうか。
車はしっかり養生しておけば、塗料の飛び散りを防げますので心配の必要はありません。
もしそれでも不安に感じるという場合は、近くの駐車場を借りるなどするのも一つの手です。
ただ、費用はかかりますし、移動にも時間がかかりますので、その点はよく考慮しましょう。

 

 

また、基本的には外壁塗装中も生活はそのままで問題はありません。
しかし、一時的に窓が開けられなかったり、エアコンが使えないという可能性もあります。
心配なことは事前にしっかり聞いておきましょうね。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


塗膜がはがれるのはなぜ?

外壁の劣化症状として、「塗膜のはがれ」があります。
外壁の色あせなどはなんとなく原因が予想しやすいとは思いますが、
塗膜のはがれ、というのはいまいちピンとこないですよね。
そこで今回は塗膜のはがれについてお話ししたいと思います。

 

 

塗膜のはがれが生じる原因としては次のものが挙げられます。

 

 

・経年劣化
意識はしにくいですが、外壁も時間がたつとどうしても劣化してしまいます。
経年劣化は塗膜のはがれをはじめ、さまざまな症状をもたらします。
一般的なシリコン塗料は10~15年が寿命なので参考にしてください。

 

 

・塗装する際の状態が整っていなかった
塗装の際にごみや汚れが付着していることが原因となることもあります。
最近ではご自身で塗装を行うことも増えていますが、このようなデメリットがあることも押さえておきましょう。
また、洗浄が不十分、下塗り剤が甘いなどの手抜き工事にも注意しましょう。
気付いた時にはすぐに業者に連絡を入れるようこころがけましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?
塗膜がはがれるのにはさまざまな原因があります。
この機会にぜひ理解して上手に対策をとり、きれいな外壁を保ちましょうね。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


DIYと塗装業者の違い

最近ではすっかり有名な言葉となった「DIY」。
専門業者ではない人が自分で何かを作ったり、修繕したりすることをいいます。
ただ、このDIY、塗装においてはあまりおすすめはできません。
なぜかというその理由を、DIYと塗装業者の違いからお伝えしたいと思います。

 

 

まず違うのは知識や経験が異なるということです。
当たり前ですが、業者の方は何度も外壁塗装を経験されているので、知識や経験の面で圧倒的に勝ります。

 

 

また、具体的な塗装についての違いは、使用する道具、工事の工程が異なるということにあります。
下地の調整や三度塗り、また用いる道具や塗料、足場とはしごなどのようにDIYと塗装業者とでは大きく異なります。
こうして、もちの良さであったり、細かい部分では大きく仕上がりにも差が出てくると考えられます。

 

 

また、外壁塗装という工事は基本的に30人くらいの人出が必要だといわれています。
さらに、雨が降ると作業は行えませんので、相当な時間がないとなかなか難しいといえますよね。
時間がある方は別として、働かれている方が行うには少し無理があると思われます。
自信がない、不安だなと感じた方は無理をせずに専門業者に依頼しましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


モルタル壁について~劣化症状~

前回はモルタル壁における、代表的な3つの種類の仕上げ方をご紹介いたしました。
今回は、いったいどのような症状が見られたら劣化のサインなのかという、
モルタル壁における劣化症状についてお話ししたいと思います。

 

 

・色褪せや変色がみられる
こちらは日光などのダメージを受けることで見られる劣化症状です。
見た目にもきれいとはいえませんよね。

 

 

・チョーキング現象
チョーキングとは、壁を触った時に手に白い粉が付く状態のことをいいます。
この現象が見られたら、メンテナンスのタイミングだといえるでしょう。

 

 

・クラック(ひび割れ)が発生している
経年劣化などが原因でひび割れが生じることがあります。
このままの放置は危険です。
雨水が侵入する要因にもなるので、なるべく早く対策を打ちましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?
一般的にこれらの症状は、新築のモルタル壁で5~13年、塗り替え工事後10~15年で見られるとされています。
その時期に当てはまったという方、また上記に述べた劣化症状に心当たりがあるという方は一度塗り替えを検討することをおすすめします。
きれいに塗装をして、壁を労わってあげてくださいね。
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


モルタル壁について~種類~

みなさんはモルタル壁をご存知でしょうか?
最近ではサイディングを選ぶ方が増えているようですが、
今でもモルタル壁を選ぶという方はもちろんいます。
そのモルタル壁に、代表的な3つの種類の仕上げ方があるのはご存知でしょうか?

 

 

・リシン
このリシンは昔からある仕上げ方だといわれています。
塗料の吹き付け時に細かい砂を混ぜることで模様をつくるというものです。
ただ、汚れなどが発生しやすいのが弱点だとされています。
耐用年数は8年ぐらいだと考えておきましょう。

 

 

・スタッコ
このスタッコは、リシンに比べてよりざらざらしているといえます。
塗料をたくさん使用する、手間がかかる工法だといえるでしょう。
耐用年数は一般的に10年くらいだといわれていますが、10年経ってもあまり劣化しないケースもあるようです。

 

 

・タイル
こちらは上記二つとは異なり、比較的つるつるした仕上がりになります。
上塗り材によってその対応年数は異なりますが、シリコンの場合は13年、フッ素だと18年が一般的だとされています。

 

 

いかがでしたでしょうか。
このようにモルタル壁の仕上げ方には様々な種類があります。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 3123
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ