6月

外壁塗装をしないとこんなことが

住宅には必ず外壁が設定されていることになりますが、外壁に関しては一定の期間が経過してしまうと、自然と劣化してしまうことでも知られています。

10年や15年程度の期間で外壁塗装をし直すことが求められていることになり、放置してしまった場合では、いくつかの不具合が起きてしまうことになります。

代表的な例を挙げる場合では、クラックやヒビ割れから湿気が入り込むことが多く、住宅内部を腐食させてしまうことになります。

その結果として、塗装しないと家を長持ちさせることができなくなるので注意が必要です。

壁内部に設置されている木材に水分が蓄積されてしまった場合では、柱や土台部分の腐食を起こしてしまう可能性も否定できないので、やはり早めの対策をとることが必要です。

他にも外壁塗装をしない場合では、単純に外観が美しくないことも挙げることができ、住宅の美観を考慮した場合でも、定期的に外壁塗装を施すことがおすすめです。

塗装を依頼するには、必ず信頼できる業者選びを行うことも基本になり、実績豊富で評判の良い業者を選ぶ方法で、安心できる外壁塗装を済ませることができます。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


雨漏りしやすい場所ってどこ?

住宅には数々の場所において、雨漏りのしやすい場所があるので、小まめに点検作業を行って、常に良好な住宅に仕上げることが良い方法です。

雨漏りしやすい場所に関しては、直接原因は棟板金の浮き、スレートの浮き・崩れ、漆喰の崩れ、コーキングのはがれ、谷桶の雨仕舞いの不備などを挙げることができ、素人では対応することが難しい部分になります。

ですから、プロの専門業者に依頼を行い、修理修繕を施工することが何よりです。

雨漏りの間接原因は突風や強風、暴風雨、経年劣化、地震、施工不良などを挙げることができ、災害による影響を受けた場合や、自然的に劣化を起こしてしまうことがあります。

ですので、やはり、小まめに点検を行うことが推奨されています。

雨漏りの原因になる場所に関しては、一般的には屋根をメインとして挙げることができます。

しかし、実際には屋根以外でも雨漏り発生多発箇所はサッシまわり、外壁などを見ることもでき、シーリング工事や外壁塗装を定期的に実施する方法で、ある程度は防ぐことができるので、プロの専門業者に依頼を行った上で、対応してもらう方法が何よりです。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁の汚れの原因って何?

外壁に汚れが付くと、外観の良さが損なわれてしまいます。

外壁が汚れる原因を把握しておくことによって、きれいな外観を維持することが可能となります。

まず外壁が汚れる原因として挙げられるのは、気象的な要因です。

雨水や空気中には非常に小さい埃や塵が含まれている、この油成分が含まれている塵や埃には、外壁に当たってそこに接着するようになっています。

防塵制のある塗料を外壁に塗布することによって、外観を損なうことなく汚れを弾くことができるようになります。

そして成る可く汚れを少なくするためには、塗料を光沢のあるものを施工した方が本当は、汚れ難いとされています。

光沢のあるものは見栄えがいいだけでなく、汚れを弾きやすくしてくれる効果もあるので積極的に利用してみるのがお勧めです。

また、塗装面には、埃や塵が刺さったように吸着している場合もあり塗料に粘着性が有る場合には、硬い表面を持つ塗料を選ぶべきです。

どんなに汚れを弾きやすい塗料を使用しても、埃や塵が吸着しやすい状態を作ってしまっては元も子もありません。

埃や塵を塗装の段階で取り除きつつ、これらが吸着しにくい仕組みを作り上げてしまうことを強くお勧めします。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


サッシってなんのこと?

窓は住まいの顔とも言われ家の印象を左右する大きなポイントとなるものですが、窓にまつわる用語にサッシというものがあります。

サッシ(sash)とは、サッシュともいい、窓枠として用いる建材のことをいい、現代建築には欠かせない素材となっています。

アルミ製のシルバーのサッシの印象が大きいものですが、最近では住まいの印象をサッシにてより自由に演出できるように木製サッシや樹脂製サッシなども出てきたという特徴があります。

木製のサッシは温かみがあり手触りもよく、ナチュラルな雰囲気を印象を演出できるのが特徴です。

樹脂製のサッシはカラーバリエーションが豊富で住まいの外壁のカラーや建物の雰囲気に合わせて自由なカラーを演出できるのが特徴です。

サッシの色形が外観に及ぼす影響は割と大きいので、このようにこだわりのサッシを選んで、より上級の住まいの演出を楽しむことをおすすめします。

サッシは、窓ガラスの機能を受け止める大事な設備でもあります。

断熱機能が高い窓や、防音効果が高い窓などさまざまな窓がその機能を十分発揮するためにも良いサッシを選びましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


10年たったら必ずメンテナンスを

住まいにおいて重要なことは、利便性や防犯性など色々とありますが、メンテナンスをするということも重要なことです。

長く住んでいると色々な部分に不具合が生じてきてしまうものです。

ですから、定期的にメンテナンスをすることが重要になってきます。

問題はどのぐらいの頻度でメンテナンスをした方がよいかです。

これを覚えておき、適切なタイミングでメンテナンスを行うことが大切です。

住まいというのは、一般に10年経つと家全体の補修点検をした方がよいと言われています。

10年も住めば家の中が色々と傷んでくるものですが、これは外観も同じで、外壁のダメージが目立ってくることもありますから、必要に応じて塗り替えなどの作業を依頼することが重要になってきます。

ちなみに、最初の塗り替えは早目(出来れば8年以内位)をお勧めします。
なぜ最初の塗り替えは「早め」が良いのかは新築時のモルタル壁には低グレード、低価格のアクリルを使用した材料が吹付けられるからです。

こういったことを知識として覚えておけば、快適な生活を送っていきやすくなることでしょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁デザインの人気傾向

商品を選ぶ時には、種類が多いと迷ってしまうものですが、そんな時には人気の物に目を向けてみて、気に入ったらそれにしてみるというのも選び方の一つです。

人気のある物であれば、変に周りから浮いてしまうこともなく、落ち着いて使っていくことができるものです。

これは住まいにおいても当てはまることで、外壁デザインの選び方で迷った時にも人気傾向をチェックすると、決めやすくなることがあります。

外壁デザインというのは、数年ごとで人気のデザイン傾向が変わるものです。

最近は1種類の外壁材を使用した全面張りより、2種類の外壁材を左右や部分で張り分けた外観が多く見られるので、色々と施工事例を見たりして、参考にしてみると考えがまとまりやすくなることもあるでしょう。

また、外壁デザインとともによく考えられることがあるのが屋根デザインで、こちらも同様に人気傾向をチェックしてみると良いものです。

人気の屋根形状は切妻、片流れタイプです。

切妻屋根はよくある三角の形をした形状の屋根で、見た目が落ち着いていますし、メンテナンスが安価というメリットがあります。

片流れは屋根が片方に流れているタイプで、工事費用が安くなるメリットがあります。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


外壁が原因で雨漏り?

住宅の屋根や外壁と言う部分は常に自然の猛威を受ける部分でもあり、日々劣化が生じてしまうため、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

劣化した部分をそのままにしておくと、雨漏りの原因に繋がってしまったり、建物内部に雨水が入り込むと、建材の腐食、カビの発生などに繋がることになります。

また、雨漏りと言うのは住宅の屋根からと言ったイメージが強いのですが、雨漏りの多くは外壁からの侵入によるものが多く在る為、外壁は定期点検が必要となります。

特に、台風などの自然災害や外壁材の劣化や壁自体の損傷で雨漏りが発生するなどの理由からも、外壁は定期点検が必要不可欠と言えます。

尚、外壁には色々な建材が在りますが、最近はサイディングボードを使って住宅の外壁を造り上げている事が多く在ります。

ですが、サイディングボードは施工が容易に行えることや、コストが安いなどの理由からも一戸建て住宅の主流となります。

サイディングボードも、自然の猛威により劣化を引き起こすことになります。

また、サイディングボードの繋ぎ目にはシーリング材が打ち込まれており、劣化が生じやすいなどの理由からもシーリング材に注意が必要です。

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


シックハウス症候群って?

シックハウス症候群は、住居内の空気汚染による健康被害をさします。

その症状はアレルギー症状と似ており、頭痛・くしゃみ・しっしん・目のかゆみなど人により様々な症状があります。

シックハウス症候群とは新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内空気が化学物質などに汚染されるために、それにより住んでいる人に健康被害を及ぼすものです。

新建材の他に壁紙や接着剤、塗料や家具など近年の住宅に使用されるあらゆるものから化学物質がでているため、家庭だけでなく学校へ行けない生徒も出てきています。

原因は換気不足やダニやカビが発生する環境によるものですが、密閉されていると高湿度で結露を起こしやすくなりますので、その点を解決しなければなりません。

通気性のよい昔ながらの住宅から、近年の高断熱・高気密の住宅に変化してきたことで冷房や暖房の効率はよくなりましたが、換気の面においては弊害を招くことになりました。

最近は換気口の役目をする物が付いたサッシなども増えていますが、家の対角線の窓を開けるなどの換気を良くするようにしましょう。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


工事期間はどれくらいかかるの?

外壁塗装の工事期間は、家の大きさや天候によって変わります。

平均的に30〜40坪ほどの4LDKの家が多いですが、その場合であれば、職人は2〜3名で行い、8日間〜12日間で終了します。

工事を開始する前に、提案書や見積もり書を提出します。

理解できない部分や不明な部分がすべて解決し、見積もり書に納得したら、契約を行い、工事の日程を調整します。

工事は8日間〜12日間で終了しますが、氷点下が続く冬場や、梅雨や台風が多い時期など、塗装に問題が起こる場合は工事が延長する場合があります。

塗装工事は足場を組むことから行います。

そして外壁にこびりついた汚れを高圧洗浄で落とし、洗浄液や水分を乾燥させるために1日以上時間をおきます。

下地処理を行ったら、塗料を使った塗料作業になりますが、塗料は3度塗りが基本になっています。

下塗りをした後に十分な乾燥時間をとり、さらに中塗りをして再び乾燥時間をとります。

そして最後に仕上げとして上塗りを行い、やはり十分な乾燥時間をとって、足場を解体したら工事が終了です。

塗料はしっかり乾燥させることで耐久性が高くなるので、最低でも工事期間は8日以上になります。

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


住宅瑕疵担保責任保険について

住宅瑕疵担保責任保険とは、住宅瑕疵担保履行法に基づいて、消費者を守るために整備された保険のことです。

販売した事業者には住宅の引渡しから10年間の保証責任が法律で義務づけられているので、新築住宅に何らかの瑕疵が見つかった場合、その事業者に補修を依頼することができます。

ですが、10年間の間に販売した事業者が倒産してしまうと、購入した消費者は補修を請求する事が難しくなってしまいます。

そこで販売した事業者に対し、保険への加入、あるいは保証金の供託といった手段を法律により義務化することによって、10年以内に瑕疵が見つかった時の補修費用に充てる資金を確保することにしました。

つまり、万が一、販売した事業者が倒産したとしても、消費者は保険会社から最高2000万円まで補修費用を受け取ることができます。

また、仮に販売した事業者が倒産していなくても、保険会社から事業者に保険金を支払うことによって、新築住宅に瑕疵があった場合、事業者から保険金が支払われる、あるいは事業者が負担するべき修理費用を補填し、瑕疵の修理を確実に行えることになります。

 
あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 212
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ