11月

外壁の状態をセルフチェックするコツとは

一戸建て住宅であれば、随時外壁をチェックして、問題が発生してしまうことがないように配慮することが必要です。

 
不具合などを感じた場合では専門業者に修理の依頼を行う方法がありますが、事前に外壁をセルフチェックする方法もあるので、いくつかの内容を把握しておくことが良い方法です。セルフチェックの方法の中には、ひび割れを見つける方法があります。

 
主にモルタルやコンクリート製、塗り壁などに対応できる内容になり、割れてる部分があれば被害が広がる前に対処することが必要です。

 
金属製の外壁ならば、サビの状態も気になる部分です。

 
サイディングなどの継ぎ目に用いられる釘がサビてしまう場合もあり、メンテナンスを行うことが大切です。

 
亀裂が入っている外壁も見ることができ、この状態であれば浸水被害が起きてしまう場合も多く、できるだけ早期に解決したい内容です。

 
塗料が塗られている外壁であればチョーキング現象を起こしてしまう場合があります。

 
塗膜が劣化することで、白い粉が表面に出てしまうことになり、これらの状態を見つけることができたならば、補修を終えた後に外壁塗装施すことが一般的です。


屋根を塗り替える必要性とは

一般的な戸建て住宅の場合では、屋根の塗り替えを行う場面があります。

 
人によって目的が異なる場合が見られますが、屋根塗装に関しては重要な意味合いを含んでおり、常に雨や紫外線に当たる場所でもあり、自然現象によって経年劣化を起こしやすい場所になります。

 
屋根の塗装が劣化してしまった場合では、下地の素材が傷んでしまうことだけではなく、雨漏りに繋がる場合も多いので、建物を守るという意味合いでも定期的に点検を行って、屋根を塗り替えする方法で常に良い状態を維持することができます。

 
また、イメージを変化させることを希望している方や、劣化したことで塗装する場合であっても、色彩を変えてみる方法を選択すると、住宅のイメージチェンジを行う効果を発揮できます。

 
きれいなままの状態をできるだけ長期にわたって維持できるように配慮することも必要になり、この内容をクリアすることによって、雨漏り等の被害から住宅を守ることができます。

 
屋根塗装については、できるだけ高機能な塗料を使う方法でも長持ちさせることができ、その結果として住宅環境を良好にすることが可能になります。


雨漏りを引き起こす意外な原因とは

一戸建て住宅に暮らしていると、築年数に応じてメンテナンスが必要です。

 
とくに気をつけたいのが雨漏りです。

 
雨漏りの発生には、さまざまな原因が考えられますが、木造建築の建材を傷めてしまう要素にもなりますし、家具などの財産にもダメージを与えてしまうので、迅速な対応が重要です。

 
エアコンを設置した壁から雨が侵入してきてしまうケースもあります。

 
壁に開けた穴を塞ぐためのシーリング処理が甘いと、わずかな隙間から雨が浸透し、壁材の内部に影響します。

 
壁材は外部からの圧力が加わったときに、わずかながらも変形したり歪むこともありますので、適切な処置が必須です。

 
さまざまな原因が雨漏りに影響しますが、基本的に穴を塞いで防水対策としてシーリング処理してあれば安心できる住まいになります。

 

快適に暮らすためのエアコンですから、設置した場所から水漏れトラブルが発生しないように注意しましょう。
雨漏りと言っても、壁材の内部に雨が浸透してゆきますので、最初のうちは壁材の表面や壁紙の表面にシミとなって現れるのも特長です。
早めに相談しましょう。


外壁塗装の種類

イメージチェンジや保護のために、外壁塗装を行う場面があります。

 
現在ではサイディングなどを利用している住宅が多いものですが、素材としては従来型のモルタルを利用している住宅、漆喰などの塗り壁を利用している住宅も見ることができます。

 
タイルやレンガ以外の多くの外壁では、一定の年数が経過すると外壁塗装を行う方が存在しています。

 
塗膜が剥がれ落ちている場合や、ひび割れなどができてしまっている状態では、補修を行った上で外壁塗装を施す方法で、住宅を長持ちさせることができます。

 
その際に用いる塗料に関してはいくつかの種類が用意されています。

 
基本的な塗料ではアクリルになり、以前は最も活用された経緯があり、比較的低予算で施工できます。

 
その上にはウレタン塗料があり、6年から7年程度の耐久性があります。

 
次にシリコン塗料があります。

 
ワンランク上の塗料になり、シリコンによって耐久性が向上しており、約13年程度の耐久性を維持できます。

 
一般的に用いられる外壁塗料の中では最も上のランクになるものが、フッ素塗料になります。

 
フッ素の場合では約20年程度の耐久性を維持できる場合があり、耐久性を見ながら選択する方法が最適です。


屋根塗り替えのメンテナンスサイクルとは

住宅の屋根に関しては雨漏りを引き起こしてしまうことがないように配慮が必要です。

 
一定期間ごとに定期的なメンテナンスを行うことが大切になりますが、屋根の素材ごとで異なる傾向にあり、その素材やスタイルを把握した上でチェックを行うことが必要です。

 
例えば瓦屋根の場合では塗り替えを必要としないタイプがあります。

 
このタイプであっても張り合わせ部分が劣化してしまうことがあり、点検を行うことが必要です。

 
金属製の屋根材やスレート屋根などの場合では、その多くが塗り替えを行うタイミングというものがあります。

 
いわゆるメンテナンスサイクルになりますが、使われている塗料によって変わる傾向にあり、おおよそ10年から15年の間隔で塗り替えが必要なケースが多々あります。

 
しかし、常に状況を把握しながらメンテナンスを施す必要があり、塗膜などが剥がれていたり、白化現象を起こしている場合、シーリングが劣化している場合や、金属板などに歪みが発生している場合では、できるだけ早期に修理を行うことが必要です。

 
塗装に関しては長期的に維持できるものがあり、利用することで長い期間にわたって良好な状態を保つことができます。


雨漏り修理で気を付けるポイント第三弾

屋根や外壁が経年劣化を起こしてしまうことで、雨漏りが起きてしまうことがあります。

 
この現象はある意味では避けることが難しい一面があり、雨漏りを確認したならばできるだけ早急に雨漏り修理を行うことが必要です。

 
100%経年劣化の場合では、専門業者に依頼をした上で、外壁塗装を行う方法や、シーリング工事の再施工などを行う方法で解決することができ、屋根の場合では同じように塗り替えを行う方法や、葺き替えが必要になる事例もあります。

 
屋根の場合では下側に位置している防水シートの張り替えを行う方法も重要です。

 
一方で火災保険に加入をしている方のケースでは、雨漏りが発生した経緯によっては扱い方が異なることが一般的です。

 
火災保険は火事だけに対応しているものではなく、風災補償を備えていることが多い傾向にあり、例えば台風によって外壁や屋根が剥がれてしまったり破損してしまうこともあり得ます。

 
積雪の多い地域の場合では雪害によって破損してしまうことも多く、このような内容ならば、火災保険によって雨漏り修理を行うことができます。

 
そのため、火災保険に加入をしておき、万が一に備えることも大切な対策方法になります。


雨漏り修理で気を付けるポイント第二弾

住宅を長期的に守る方法として、雨漏り対策を出すことができますが、雨漏りは住宅にとって致命的な損傷になることも多く、気を付けなければならない内容です。

 
雨漏が既に起きてしまっている状態であれば、住宅内の天井や壁などに水のシミができてしまっている場合があります。

 
この状態では直ぐに応急処置を行うことが大切になり、上がることのできる屋根の場合では、ブルーシートを用意して、強力なテープなどで屋根に張り付ける方法や、重石などを用意して周囲を固定する方法があります。

 
金属製の屋根や瓦屋根など凹凸の少ない状態の屋根であれば、防水アルミテープを用いる方法もあります。

 
防水アルミテープは外装用やキッチン用など、多くの水周りに対応しているものが多く、粘着性も高いこともあり効果的に応急処置を行うことができます。

 
平らの屋根の住宅の場合では、屋上に排水溝が設定されていることも基本です。

 
このタイプの屋根であれば、枯葉やゴミが排水溝に溜まっている場合も見られ、綺麗に取り除く方法で雨漏り対策を行うこともできます。

 
常に屋根の状態を把握した上で生活を送ることが必要です。


雨漏り修理で気を付けるポイント第一弾

住宅は常に野ざらしの状態になることもあり、雨や風に注意することが必要です。

 

住宅を守っている資材には屋根や外壁がありますが、どちらも劣化してしまった場合では雨漏り修理を行う必要が出てくる場合があり、注意が必要な場所です。
実際に雨漏りが発生しやすい箇所としては棟板金という場所があります。

 
棟板金はスレート屋根など多くの屋根材で用いられているものになり、屋根の高い位置に設置される金具です。

 
長い期間にわたって放置してしまうと、固定している釘などが浮いてしまう可能性があり、その隙間の部分から浸水を起こしてしまう可能性があります。

 
随時チェックを行う方法で解決できます。

 
屋根に関してはシーリング処理が行われている場所もあり、継ぎ目部分が相当しています。

 
シーリングが劣化してしまっても雨漏りの原因になるので、随時修理を行うことが必要です。

 
瓦屋根の場合では漆喰を用いて隙間を埋めていることが多いものですが、漆喰が劣化してしまうことでも雨漏りが起きやすくなり、点検を常に行うことが望ましい方法になり、注意を怠ってはならないポイントです。


雨漏りによる二次災害②

前回は雨漏りの二次災害について、木材の腐食とシロアリ被害に関してお話ししました。
今回は、カビによる二次災害についてお話しします。

雨漏りが起こるということは、家の木材の内部にまで雨水が浸入しているということです。
そうなれば、当然その場の湿度は高いものとなります。
湿気が多い室内は、カビの繁殖にとって最も都合の良い環境です。
目に見えているいないに関わらず、雨漏りが起きている家屋ではカビが発生していることが多くあるのです。

カビによる健康被害がどのようなものか、ここで確認しておきましょう。
カビ菌自体は、そもそもそれほど強力な菌ではありません。
病気の原因になることは稀でしたが、医学の発達によって抵抗力のない体でも生きていけるようになった私たちの体には、立派な毒として襲い掛かるようなってしまったのです。
抗生物質の大量摂取によって起こるカビ菌の異常繁殖による感染症である「カンジダ症」は有名ですね。
また、カビ菌が作り出す毒として、食品につくカビがつくる「マイコトキシン」という毒があります。
マイコトキシンは発ガン物質も含まれており、大変有害です。
他にも、水虫や肺炎などもカビによって引き起こされるものがあります。
カビの繁殖は甘く見ず、しっかり対処するようにしましょう。


外壁塗装と一緒に他のリフォームをするとお得な理由①

リフォームをするうえで、圧倒的に効率的かつ費用を抑える方法があります。
それが、様々なリフォームは同時に行ってしまうことです。
なかでも外壁塗装の時期に合わせて行うと非常に効率的です。

外壁塗装と同時に行ったほうがいいリフォームというのは、外壁の補修が必要になるものをいいます。
例えば、キッチンや浴室などの窓を大きくしたり位置を変えるような部分的なリフォームや増築や改築です。
こういったリフォームをいくつか部分的に繰り返していくと、それに合わせて外壁の形も変化していきますよね。
リフォームをして外壁の形が変わるたびに外壁塗装を繰り返していれば、業者がよほどうまく塗装を行ってくれない限りツギハギだらけの外壁になってしまいます。
さらに、何度も細々と塗装を繰り返すということは、それだけ余計な費用もかかってしまいますよね。
そういった事態は回避したいものです。

そこで、初期投資はかなり必要になってしまいますが、外壁に影響が出そうなリフォームはまとめて行い、その後に外壁塗装を行ってもらうようにしましょう。

 
そうすればツギハギだらけの外観の美しくない家になることもありませんし、何度も外壁塗装を依頼する必要性も無駄な費用もなくすことができますね。


1 / 212
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ