10月

雨漏りによる二次災害①

雨漏りの起こす二次災害の恐ろしさについて、ご存知でしょうか?
雨漏りの真の恐怖は、室内が水浸しになることでも、雨漏りになるという憂鬱な気分に襲われることでもなく、家屋全体に与える二次災害に潜んでいます。

雨漏りが生じるということは、家の内部にまで雨水が浸入しているということです。
水を多分に含んだ水を多分に含んだ支柱や土台といった木材は、信じられない勢いで腐食が進みます。

家屋における腐食は家そのものに対してダメージを与え、安全性を損なうだけではありません。
シロアリを呼び込み、家屋の劣化を加速させます。

シロアリは湿気が多い場所を好みます。
湿気に吸い寄せられたシロアリたちにとって、好みの具合の柔らかさまで腐食が進んだ木材はどう写るでしょう。
格好の餌食ですよね。

 
被害がない場合は忌避剤や殺虫剤の使用でシロアリを遠ざければ良いかもしれません。
しかし、腐食が進んだ木材のある場にシロアリが住み着いてしまえば、木材を住処としてしまう場合もあるといいます。

 
そうなってしまっては、もう自らの手でシロアリの駆除を行うことはできません。
業者に駆除を依頼しましょう。

 

 
腐食とシロアリ被害の同時進行によって、壁面を剥がしてみたら柱がなかったという事例もあります。
甘く見ず、異変を感じたらしっかりと調査を行いましょう。


外壁塗装と一緒に他のリフォームをするとお得な理由②

前回は、外壁塗装と他のリフォームを同時にするとお得になる理由について、リフォームの度に外壁塗装をするということの無駄の多さからお話しをさせていただきました。
今回は、足場作りの面からお得になる理由について見ていこうと思います。

外壁塗装を行ううえで欠かせないのが、足場です。
足場は一度掛けるだけでも多大な費用を要します。
一戸建てで20万円前後とも言われています。
外壁塗装においては、ケース次第では費用全体の半額あるいはそれ以上を占めることもあります。
それほどの費用を費やして掛けた足場を、外壁塗装だけで撤去してしまうのはもったいないと思いませんか?

屋根の葺き替えや雨樋の交換、軒天の工事などの工事を予定している場合は、この機に一緒に行ってもらえば、足場をかける費用を全て節約できることになります。
また、費用だけではなく足場をかけて撤去して…という期間を省略することにもつながるので、期間の短縮にもつながります。
順々に行っていこうと思っていたリフォームが上記した中にあれば、外壁塗装を機に一緒にやってしまうほうがお得です。
外壁塗装は一軒家に住んでいるうちは避けては通れません。
リフォームを複数回に分けすぎることで余計なお金がかかってしまうことのないように、リフォームしたい場所はしっかり把握し、外壁塗装の際に一気にできるよう準備しておきたいですね。


外壁に個性を出したいときは…③

前回までは外壁塗装で個性を出すために、ツートンカラー・柄のつけ方についてお話ししてきました。
今回は、少し趣向を変えて、サイディングの塗り替えにおける個性の出し方についてお話しさせていただきます。

左官仕上げに比べて施工期間が短く済むうえ、安価なサイディングボードでは、通常の外壁では出すことができない模様を出すことができます。
タイル調のものが最もポピュラーですね。
手軽におしゃれで洋風な家を作ることが可能で、たいへん人気なようです。
外壁塗装とおおよそ同等の期間で塗装を行う必要のあるサイディングですが、せっかく塗装を行ったとしても、模様があるせいか新鮮味を感じにくいですよね。
模様が独特のものであればあるほど色味をいじることも難しく、年数が経てば経つほど新鮮な気持ちを味わえなくなってしまうかもしれません。

そんなときに試してみたいのが、サイディングの凸凹を生かした2色塗りです。
下塗りの後にまず凹部分に塗りたい色を全体的に塗ります。
そしてその塗装がしっかり乾燥した後で凸部分に塗りたい色を塗っていきます。
ローラーの刷毛の芽が出てしまう可能性がありますので、2回塗るようにしましょう。

重ね塗りによって重ね塗りによってより強い耐候性を持つことができるほか、仕上がりもきれいです。
もちろんこういった配色でサイディングのカラーリングを行っているおうちはそうないでしょうから、個性を出すこともできます。


外壁に個性を出したいときは…②

前回は、外壁塗装による個性の出し方としてツートンカラーによる方法を紹介しました。
今回は、塗装による柄のつけ方についてお話しさせていただきます。

外壁の仕上げ方の方法の一つとして、吹き付け工事というものがあります。
吹き付け工事とは、吹付けタイルやリシン・スタッコなどの仕上げ材をコンプレッサーし、外壁仕上げの下地面に吹き付けて仕上げる工事です。
吹付を用いることで、その仕上げ段階でローラーやコテ、コンプレッサーなどを用いて外壁に柄をつけることが可能になります。
その種類は主に2つあります。
表面に凹凸模様を作るものと、その凹凸の凸部を押さえて仕上げしたものです。

こういった模様は、街中で家をじっくり観察してみれば意外と簡単に見つかります。
うまくイメージがわかない…という方は、画像を見ることももちろんですが、実物を見てみることをお勧めします。

 
知らずに我が家の外壁の模様はこれだったという方もいらっしゃるかもしれません。

吹付タイルは下地への密着性・耐久性に優れ、施工も簡単で安定感のある仕上がりが可能です。
リシンタイプは汎用的な経済タイプで、着色することも可能となります。

 
スタッコ素材は立体感のある重厚な壁面を作ることができます。

それぞれの特徴の理解と、作り上げたい外壁のイメージをしっかり構築し、選ぶようにしましょう。


外壁に個性を出したいときは…①

外壁塗装をするという、せっかくの家のイメージを変える機会があるのなら、その機に家の外観に個性を出してみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、個性を出すとは言っても簡単なことではありませんよね。
周囲の景観も意識して計画しなければ、街から一つだけ浮いた悪目立ちする存在になってしまいます。
周囲と景観を合わせつつ、個性を出す手段の一つにツートンカラーによる配色があります。

ツートンカラーによる外壁塗装は、個性を出すことができる他、一色だけで外壁塗装をするよりもおしゃれ感を出すことができます。
しかし、上下でに色を組み合わせるとなると、その組み合わせの難しさに頭を抱えてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これにはコツがあります。

まず、簡単にツートンにする方法としてあるのが、同系色の色で揃えてしまうということです。
暖色や寒色などといったくくりでまとめられているものを参考にすると、わかりやすいでしょう。

少しレベルを上げて、個性を出すならトーンを合わせた配色にするのがいいかもしれません。
黄色と青のような組み合わせでも、両方を暗めのトーンで統一することができればそこまで奇抜なものになる心配は必要ありません。


水性塗料と油性塗料の違い②

前回は水性塗料と油性塗料の違いについて、水性塗料を中心に紹介しました。
今回は油性塗料を中心に紹介します。
耐久性に関しては、一般的に油性塗料の方が水性塗料に比べて長持ちします。
ただ、油性塗料は水性塗料に比べ、全体的に油性塗料の方が値が張りやすいというデメリットも存在します。

 
耐用性の高い水性塗料の登場により、このメリットは弱まったかのように見えてしまいますよね。
しかし、油性塗料には水性塗料が持ち得ない、一つのメリットがあります。
油性塗料はたしかに強めの臭いが気になりますが、水性塗料には出せない光沢を出すことができるのです。
家の外観上どうしても光沢が欲しい・光沢があった方が美しく見えるケースというのはあると思います。

ですが、やはり油性塗料といえば臭いが気になってしまいますよね。
油性塗料の有機溶剤にはVOC(揮発性有機化合物)が多く用いられています。

 
このVOCは、シックハウス症候群の原因の一つとして考えられており、人体に害があるとも言われているのです。
赤ちゃんや妊婦がいるような環境で油性塗料を用いるのはあまり良くないとも言われています。

環境への配慮からも水性塗料が主流になる近年ですが、油性塗料をただ悪者とするのではなく、しっかりとその性質を見極めて塗料の選択をしましょう。


水性塗料と油性塗料の違い①

外壁塗装を行う上で塗料を選ぶ機会がありますが、塗料の種類にはアクリルやウレタンといった細かい分類の前に水性/油性という区別がありますよね。
この油性と水性の違いとはなんなのでしょうか。

以前までは、一般的に水性塗料に比べ油性塗料の方が長持ちすると言われていました。
現在でも傾向だけ見れば水性塗料より油性塗料の方が若干長持ちです。

 
しかし、水性塗料の中にも近年高品質なものが出てきています。
そういった塗料は、油性と比べても耐久性に大きな差がありません。

 
しかし、前述した通り長持ちする水性塗料はまだまだ高価格なものが中心なので、価格と耐久性のバランスをしっかりとることが大切だと言えます。

水性塗料のメリットとして、塗料特有の臭いが油性塗料に比べて弱いということが挙げられます。
塗料特有の臭いには嫌悪感を抱く方も多く、実被害を被る方も少なからずいらっしゃいます。

 
水性塗料は溶剤に水を用いているので、油性塗料に比べこういった臭いを和らげることができます。

また、高性能な水性塗料は施工が複雑で、品質の安定が職人によってまちまちになってしまうあります。
職人の悪意の有無は関係なく起こってしまうケースも多く、仕上がり段階でこれを判別することはできません。
水性塗料を用いる場合は、見積もり段階から入念な打ち合わせを心がけましょう。


屋根塗装の塗り替えサイン③

前回は、自分で判断できる屋根塗装のサインについて、屋根内部まではダメージの及んでいない、塗装の劣化段階までをお話ししました。
今回は、それ以上の段階である、屋根内部にまでダメージが及んでいるケースについてお話しします。

 
前回お話しした段階までは、屋根塗装を行うのみで問題解決ができるケースでしたが、今回お話しする段階では屋根塗装のための費用以外にも屋根の修繕費用が必要となります。

 
修繕なしで塗装を行っても、この段階ではほぼ無意味で、すぐに塗装が剥げてしまいます。
この段階に至るまでにできるだけ気づきたいところですが、なってしまったものは仕方ありません。
一早い発見と修繕、塗装を行いましょう。

屋根が黒ずんだり、赤くなっていれば屋根内部まで深刻なダメージが及んでいると言えます。
赤くなっているものはコケ、黒ずんでいるものはカビを指します。

 
コケやカビが発生するということは、屋根内部まで多くの水が侵入してしまい、屋根材自体の劣化が始まってしまっているということを指します。

この次の段階も存在します。
塗装が剥がれ、屋根材自体が見えてしまっている状態です。

 
塗膜を定着させておくこともできなくなってしまった屋根材の修繕は厳しく、前述した通り塗装をするだけではすぐに剥げてしまいます。

どうしても屋根のチェックをするのが難しいという方は、定期的に業者を呼び、見てもらうようにしましょう。


屋根塗装の塗り替えサイン②

前回は、屋根塗装の耐用期間が短くなってしまい得る原因についてお話ししました。
ここからは、自分の目で判断できる屋根塗装のサインをお話しします。

屋根塗装を促す劣化を示すサインには、5つの段階があります。
中でも、今回はまだ屋根内部までダメージが及ばない、屋根の塗装の劣化段階までをご説明します。

まず、屋根の塗装に艶があるかどうかをチェックしましょう。
艶と言われてもよくわからない方もいらっしゃるかと思います。

 
そういった方は新居の頃の屋根の写真があればそれと見比べたり、あるいは工務店などに行って艶のある塗装がされた屋根をチェックしてくるといいでしょう。
その違いは一目瞭然です。

屋根塗装の色合いが薄くなっているというのも、大事なサインです。
艶どころか、色すら薄くなったのではないかという方は注意しましょう。
屋根塗装の劣化が進んでいる証拠です。

屋根を触って、白い粉のようなものが手にがつくようであれば要注意です。
これはチョーキング現象といい、塗装の劣化を知らせる大きなサインの一つです。

 
手についた粉のようなものは、塗料の中の顔料が粉状になったものです。
防水効果の劣化をが起きているので、一早く屋根塗装を行いましょう。


屋根塗装の塗り替えサイン①

屋根塗装は、普段からそう目にする場所ではない分その劣化状況に気づきにくいものです。
一般的に屋根の塗り替え時期というのはストレート屋根で10年、トタン屋根で5〜8年といわれています。
しかし、このような基準は屋根の状態や環境によって大きく前後してしまうのです。
今回は、屋根塗装に要する期間が短くなってしまう要因についてお話しします。

屋根の塗り替え時期を短くしてしまう大きな原因に、気象環境があります。
直射日光や降雨量、湿度などですね。
つまり、屋根の耐久度には紫外線と水分が大きく関わっているのです。
この要因に関しては外壁でも同様のことが言えます。
しかし、屋根は外壁に比べ直接ダメージを受けることが多くなって色ので、屋根は外壁に比べより深刻な劣化が進んでいる場合があります。
また、屋根の形状や施工状態も大きく影響します。
勾配や谷樋次第ではダメージを集中的に受けてしまう箇所が生じてしまったりしますよね。

 
当然集中的なダメージを受ける場所は、劣化も早くなります。
また、塗装前の高圧洗浄がきちんと行われていなければ塗装の劣化を早めてしまうことにもなります。

施工状態などを確認することは難しいかもしれませんが、気象環境や屋根の形状から情報を得ることはできます。
基準ばかりを信じるのではなく、このような情報を活用し、自分の目でも確認できるようになりたいですね。


1 / 3123
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ