考え

高耐久塗料の塗り替え後の注意点とは!?

こんにちは、浅井です。

 

タイトルにあるように高耐久塗料で外壁を塗り替え工事をした

際の注意点についてお話しをさせていただきます。

 

 

フッソ樹脂塗料や無機塗料は高耐久塗料と言われておりますが

ウレタン、シリコンと比べると塗膜が硬いと言われております。

 

例えばサイディングの場合、壁と壁の継ぎ目の目地シーリング上の

塗膜が割れるケースがあります。

 

シーリングと塗膜の硬さが違うので柔らかいシーリングの上に

硬い塗膜を被せると動きに追従できずに割れてしまうことがあります。

 

 

↓どのような感じかというとこんな感じです↓

 

IMG_0304[1]

 

如何ですか??

 

シーリング上の塗膜が見事に割れていますね。

壁はピカピカなのに、、、、。

 

せっかく良い塗料で塗装をしたのに美観が

これでは心が痛いですよね。

 

やはり塗膜のフレキシブル性は重要になってきます。

 

フッソや無機塗料を外壁に使う場合にはちょっとした「ひと手間」を

入れてあげるだけでも変わりますよ。

 

実際この「ひと手間」の重要性を説明してもご理解いただけなかった

ことも過去にちらほら、、、。

業者選びの判断基準を金額で計るのは私としては心痛いところでは

あります(泣)

 

ちなみに無機塗料で2コート(下塗り、上塗りの2回塗り仕上げ)仕様で行う

場合はそもそも塗膜厚が薄いので特に注意が必要ですよ。

壁の平面だけが長持ちしていてもシーリング上の塗膜がベロベロでは

美観的に如何なものか。

 

あと仮にシーリング材を化粧打ちで高耐久シーリング材を使用したとしても

紫外線に裸の状態のシーリングと塗膜で保護されたシーリングを比較したら

私は塗膜でシーリングを保護したほうが持ちが良いと思っています。

 

 

ちょいと金額が高くなってしまいますが、

私が思う最強の施工方法、材料の組み合わせがあります。

 

どんな塗料にも一長一短があります。

調べれば調べるほど何がいいのか分からなくなったという声も

よく耳にします。

 

私のスペシャルプラン!?で見積もりがほしいという方が

いましたら仰ってください。

熱く語らさせていただきます(笑)。

 

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

至誠にして動かざるものは  未だこれあらざるなり

 

 

 

 


塗料の選び方

こんにちは、浅井です。

 

お客さんから外壁塗装には「どの塗料がいいの?」

もしくは「浅井さんはどれがお勧めですか?」といった

ご質問をよくされます。

 

塗料選び。

難しいですよね。

 

もうすぐ私の実家を塗り替えします。

その時に私がどのような観点から

塗料を決めたのかお話しをさせていただきます。

 

建物は屋根がカラーベストで外壁はサイディングになります。

現状としては、塗り替えのベストタイミングを逃しており、

劣化はかなり進行しています。

 

P1210781

↑ 屋根写真

 

親からは以前より見積りを頼まれていましたが、

ついつい後回しにしてしまい今日に至ってしまいました、、、。

すいません(汗)

 

 

本題ですが、現況として壁の貼り方が

熱がこもりやすくて内部結露もしやすい状態で、

外壁の反りも各所に見られました。

(かなり反っていました、、。そして

隙間が確保されるべき箇所になかったり、、)

 

サイディングは蓄熱をしやすい特徴があります。

サイディングに熱をこもらせたくなかったのでまずは

遮熱タイプを使うことに決めました。

 

ちなみに遮熱塗料を使うと室内環境が良くなる(室温が下がる)

ことに期待をされる方も多いと思いますが、私は住宅の外壁に遮熱塗料を使っても

室内環境にまで影響を与えるとはあまり思っていません。

ただしサイディングの蓄熱を抑制する(守る)といった意味では効果が

期待できます。

 

 

次にこの家を今後どのように使っていくのか。

 

現在この家には親しか住んでおらず、この先も

私がこの家を引き継ぐ予定は今の所ないので親としては

グレードの高いプランではなくていい、それよりも予算を

抑えたいとのことでした。

 

これで無機塗料や当社で人気のアステックペイントの

プラチナECコート5000EX、もしくはEC-5000PCM-IRの選択は

なくなります。

 

ということはランクでいくとシリコン樹脂程度になります。

 

次に溶剤か水性のどちらにするか。

軒の出幅を踏まえて雨や紫外線の当たる量を考えると、

光沢保持率に分がある方を取るよりもサイディングのシーリング部分

の塗膜の割れが溶剤よりも起きにくい水性にしました。

 

ただし条件は2液型。

 

 

そんな私が様々な条件の中から選んだ塗料とは!?

 

 

 

それは、

 

 

アステックペイントの超低汚染リファインです。

(どのような塗料なのか説明するとかなり長くなりますので

詳しくはこちらをご参照ください。http://astec-japan.co.jp/kinou/refine.html

 

 

二液型で耐久性が良くて遮熱機能もある。

そして汚れに強い。

 

この家の背景を踏まえるとこれがベストな選択と思いこの

塗料にしました。

 

 

ちなみに外壁の下塗り材はいつもお客様に提案している塗料と

変えてあります。

それも壁の貼り方が関係しています。

 

 

当社ではお見積りをさせていただく時に必ずヒアリングをさせて

いただきます。

 

それはその方がもつ背景を我々が知ることで、

建物にとって一番良い選択をできるようにする為です。

 

私達が日頃どのようにお見積りの塗料を決めて

いるのか知っていただけたら幸いに思います。

 

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

至誠にして動かざるものは  未だこれあらざるなり

 

 

 


サイディングに石材調塗装

外壁塗装で何の塗料を使って塗装をしようかと

検討をするときにちょいと頭に入れておくといいことがあります。

 

今回の塗り替えだけではなく次回の塗り替えの

ことも視野に入れて塗料を選定すること!

 

築40年ぐらいで、恐らくこれが外壁を塗るのは最後だよ~という方は

いいのですが、初めて、もしくは2回目の塗り替えという方!

 

塗料によっては次回のメンテナンスが厄介なものがあるんです!!

 

 

それはよく訪販系が提案する「石材調塗装」です。

 

2016-01-24_1343252016-01-24_134550

 

実は、、、サイディングに石材調塗装を行うと

次のメンテナンスが色々と厄介なんです。

 

~厄介な理由①~  コーキングの打ち替えが大変になる。

 

上の写真にもあるように石材調塗装は仕上がりがゴツゴツで

ザラザラしています。

 

吹き付けで塗装をするのですが、かなりの厚みになります。

 

石材調塗装をして年数が経つと

目地などのコーキング部分にひび割れが生じてきます。

 

コーキングを打ち替えてしっかりとメンテナンスをしたいとこですが

ゴツゴツに吹いてあるのでコーキングの撤去にとても手間が掛ります。

 

尚且つ表面がザラザラで凸凹しているのでマスキングテープも貼れません。

仕上がりが非常に悪くなります。

 

 

~厄介な理由②~  使用できる塗料が限られる。満足のいくひび割れ補修ができない。

 

 

厄介な理由①で書いたようにコーキング部分のひび割れを

コーキングによる補修は困難と判断した場合、よくする発想が

塗装の下塗り材を柔らかく伸縮性のあるもの(可とう形)を

塗ってひび割れをカバーをするやり方。

 

微弾性フィラー、、、ソフトサーフ?、、アンダーフィラー弾性エクセル?、、ホワイトフィラー?

サイディングだからもう少し気を使ってパーフェクトサーフ?、、、エスケーSDサーフエポ?

 

全部ダメです!!

膨れるリスクがあります。

 

他には壁を触ると石の粉が付く場合に

エポキシ系シーラーを壁に浸透させて下地をがっちりと固めればいいんじゃない?と考えます。

 

例えばマイルドシーラーEPO(SK化研)や浸透性シーラー(ニッぺ)を2回塗るとか。

 

これも良くないです。

溶剤の油分が悪さします。

 

 

ここまででかなり選択肢が狭まってきました。

 

まわりくどくなりましたが最終的なメンテナンス方法は3つあります。

これ以外はリスクがあるので止めておいたほうがいいです。

 

 

 

サイディングに石材調塗装の提案を受けたことがある方。

 

「セラミック塗料ですので20~30年は持ちますよ」

「透湿性に優れているので中の湿気を排出できるんですよ。」

「従来の塗料は硬かったのですがこの材料は弾性機能があるんですよ」

「外断熱をするので室内が快適になりますよ」

 

、、、みたいなトークされませんでした??。

 

 

 

私の個人的な考えですが、私ならサイディングに

石材調は絶対に勧めません。

 

美観は良いけどほんっっとにメンテナンスが厄介。

メリットもありますがデメリットの方が圧倒的に多いと感じます。

 

 

 

~~~石材調塗装の裏側!?~~~

 

サイディングに石材調塗装をする時に手を抜かれやすい所とは!

 

目地などのコーキング補修です。

部分的に増し打ちをするだけで終わらせて

その上に吹き付けをする、もしくはコーキング補修なしで

石材塗料で強引にひび割れを隠す。

 

「臭いものには蓋をする」みたいな荒技。

 

よく目にします。ご参考までに。

 

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

 

至誠にして動かざるものは  未だこれあらざるなり


提案の色々。

お久しぶりのブログ更新であります。

 

 

皆さまお盆休みは如何お過ごしでしたか?

 

私は山で玉遊びをしていました。

IMG_0925

 

相変わらず玉をコントロールするはずが

遊ばれていました。 (いつも通りの酷いスコア、、泣)

 

そんな束の間の連休を過ごしてリフレッシュ。

仕事もプライベートも楽しんで行きますっ!

 

 

さて、本題に参ります。

 

日々様々な家の劣化を見させていただいています。

その中で先日あったのが外壁の塗膜が捲れている御宅。

 

下地と塗膜が全く密着できていない状態でした。

 

捲れていなくても塗膜の密着力が低下をしていて、

直ぐに捲れそうな箇所もあちこちにありました。

 

塗膜は単層弾性。

これはたちが悪いパターン。

 

他の業者さんはみな塗装での提案だそうです。

 

私は現状からとても塗装での対応は難しく、尚且つ

塗膜をそれこそ全部捲るぐらいしなければ

保証を出す事は難しいと施主様にお伝えしました。

 

仮に塗膜を全部捲るにせよ、剥離剤は効かないので

電動工具で削っていくしかないです。

 

それでは費用がとてもかかるし壁を傷つけ痛めてしまう。

 

塗装でのメンテナンスが最適ではないと判断して、

初期費用は掛るが長い目で見ると板金を被せたほうが

いいですと提案をさせていただきました。

 

 

このように劣化の状況次第では塗装ではない

提案をすることがあります。

 

 

もうひとつ。

 

築5年過ぎのお宅でコーキングが劣化をしており、

訪問販売の方にあれこれ指摘をされたので一度診てくださいと

ご相談を受けました。

 

建物を拝見した結果、確かにコーキングは劣化をしていました。

 

ただ現段階で全面塗装をする必要はないので

このまま様子を見ていきましょうとご提案しました。

その中でコーキング以外で劣化が出てきやすい場所、ポイントも一緒に。

 

まだ塗装の必要のない方にははっきりと「まだ大丈夫です。」と

お伝えしております。

 

 

 

どの業者も提案が同じなら皆さん迷わずに済むのですが、

みなバラバラであります。

 

何が正解とは一概に言えないのですが、当社の見解を聞いて

みたい方はお気軽に申しつけ下さい。

 

 

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 

網戸張替え1枚1000円キャンペーンも残りわずか!(8/31まで)

この機会をお見逃しなく!

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


片道30分。

~当社のチラシの一文から引用~

 

「みわ建装」では、当社スタッフが片道30分以内でお伺い出来ない

お客様には、大変申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。

なぜなら、私達は「塗り替え後のアフターフォローや定期健診」を大切にするからです。

あま市のお客様に心から満足していただけるよう、そして心から安心して頂けるよう、

まずは「ご近所のお客様を何よりも大事にする」という信念で営業をさせて頂いています。

 

 

上記に書いてあるように施工エリアを決めて営業をしております。

これ、ホントの話であります。

 

今週もHPから新規見積もり依頼をいただいたお客様の中に片道30分で

お伺いすることができない方がいました。

 

申し訳ありませんがお断りをさせていただきました。

 

数ある塗装店のHPの中から当社にお声を掛けていただいきまして

ありがとうございました。

 

辞退をさせていただいた事につきましては

この場を借りてお詫びを申し上げます。

 

そして現在はポータルサイト経由の見積もり依頼は近くても全て

お断りをさせていただいております。(幽霊部員です、、。笑)

 

 

 

ではでは「ご近所」あま市は美和町、七宝町で今週着工した

現場のご紹介。

 

P1200419

S様邸。

 

S様邸は半年前に施工をしたY様邸、そしてY様よりご紹介をいただいた

I様邸と同じ団地にお住まいの方です。

P1160750 P1170149

↑Y様邸&I様邸

 

S様邸は積水ハウスです。今回は無機塗料を使用します。

積水ハウスで壁がシールではなくガスケットの場合は無機塗料が

最高にマッチします。 グッドチョイス!!

P1010309

↑ ガスケット写真

 

 

次はあま市新居屋のH様邸。

 

P1060804

 

 

あま市新居屋地区も当社が大変お世話になっているエリアです。

 

P1020232 P1070197 P1110945

新居屋のOB様   I様邸&Y様邸&Y様邸。

 

七宝町では来週も1件足場を建てて外壁塗装を行います。

 

 

 

 

仕事の話しがあれば場所が遠くても嬉しいものです。

見積もり依頼を受けます。

普通の会社であれば。

 

売り上げがあがるチャンスなので当然ですよね。

 

 

うちは普通じゃない!?

 

かもしれませんね(笑)

仕事の話をいただいて自ら断るなんて、、。

 

 

そこまでしても地元にこだわりたいのです。

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やればできる。

当社に半年程前に入社をした川出君&池田君。

 

P1140836

 

 

彼らも自分の担当するお客さんを持つようになり、現場が滞りなく

終われるのかという不安や、お客さんに喜んでもらいたいという思いを

胸に全力で挑んでいる姿を見ると昔の自分を思い出します。

 

 

私が美和建装に入ってもうすぐ4年が経とうとしています。

 

元々塗装職人をしていたのですが、美和建装には営業、現場管理という

職務で入社をしました。

 

最初の内は現在の建築部部長の藤森さんに同行をして仕事を一から

教えてもらいました。

 

 

そんな中、T様邸というRC構造の複雑な造りをした現場を任される

ようになりました。

 

T様は昔、建築の設備関係の会社を経営されていた方で、知り合いの

塗料メーカーの方に色々と教えてもらい、自ら使う塗料を指定するぐらい

詳しい人でした。

 

理系の大変頭のいい人で、こちらが説明をした内容に気になる事が

あれば厳しく指摘をしてくださったりと、私で上手く対応することが

できるのか最初から不安でいっぱいでした。

 

 

工事は始まり、外装のみならず内装も工事をしましたが、

そこでは本当に色々ありました。

 

当時の未熟な私は何度も逃げ出したくなり、

担当を変わってほしいと思うほど弱気になっていました。

 

 

ただここで逃げたらこの先も同じまま。

自分にできることをやりきろう。

そう思い全力で向かっていくことにしました。

 

 

 

完工後、、、、、、。

 

 

 

暫くしてT様は病が元で他界をしました。

 

 

今思えば余命長くないと察していたT様は

息子さん達に良いものを遺したいと思い、

あれ程までこだわり真剣だったのかなと思います。

 

通夜に参列をした時、息子さん御夫婦に

「父が生前大変お世話になりました。」というお言葉をいただき、

最後までやり切ることができて本当に良かったです。

 

 

そして若輩者の私が担当するのを変えてくれと

一切言わずに最後まで付き合ってくださったt様には

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

誰もが慣れない内は不安を抱きます。

 

でも乗り越えれば次に困難なことが生じても

「あの時乗り切る事ができたから大丈夫」

そう思えるようになります。

 

 

 

私の中での「それ」が初めて担当をしたT様邸

であったりします。

 

 

川出君&池田君。

沢山の壁にぶち当たってください。

 

そこで得た経験は必ずプラスになります。

 

頑張っている二人へ私なりのエールです。

頑張れ!

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 


家を建てるときの外装材は?

もし自分が家を建てるなら外装材は何がいいかな?なんて

事をふと思いました。

 

 

現在新築の7~8割が窯業系サイディングが使われていますが、

後々の事を考えると金属サイディングなどのガルバニウム鋼板を

使うと思います。

 

それはコーキングを極力外壁に使いたくない、そして外壁のメンテナンス費

抑えたいから。

 

要するに「手入れが楽な物がいいな~」と考えています。

 

家は建てたらゴールではなくその後にメンテナンスは必須となります。

 

家を建てられて長年住んでおられる方は家を維持していくのに

かなりの費用を要すると身をもって感じたのではないでしょうか。

 

大変なんですよね、家を守る事は。

 

もし窯業系サイディングを使った場合のメンテナンスは

一番いいのが退色をする前にクリヤー塗装をすることです。

 

前にリフォーム産業新聞にもチラッと書いてありました。

これには塗料メーカーの人間も同意見の人が多いです。

 

それはクリヤー塗料には顔料が入っていないので、その分通常の

色付きの塗料より樹脂が多くなるので耐久性が上がります。

そしてサイディングは反る前に塗装をした方が絶対にいいです。(確信)

 

 

しかしながら家を建てた時にメンテナンスの事まで視野にいれて

建材を選定するなんて難しいですよね。

 

家は3回建てないと満足いくものは出来ない。」なんて言葉がありますが

家造りは奥が深いですね。

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


訪販三文芝居

前々回のブログでも書きましたが連日の雨、雨、雨。

 

ほんと~~~にもう勘弁してほしいです(泣)。

 

現場の進行が大幅に遅れてお客さんにご迷惑お掛けして

申し訳なく思います、、。

 

 

さて当社は外壁・屋根塗り替えの相談会、勉強会と題して

イベントを開催しているのですが、それには大きな理由があります。

 

それは屋根・外壁リフォームのトラブルが他のリフォーム工事に

比べ圧倒的に多いからです。

 

リフォーム工事のクレームの52%が屋根・外壁に関することです。

 

理由は大きく3つあります。

 

そしてそれを見抜く、見破る方法もあります。

 

 

皆さん見積もりを金額だけで判断すると数年後どのような結果に

なるか知っていますか?

 

決して他人事ではありません。

 

塗り替え工事は手を抜こうと思ったらどれだけでも手を抜けます!(断言)

 

しかし塗料の性能が向上したので手抜き工事でも見た目は残念ながら

綺麗になったように見えます。

 

 

私が10代の小僧の頃、とあるデパートの塗り替えを手伝いにいきました。

 

その時足場の各段1人ずつ配置をし、「せ~の」で一斉に塗っていました。

それは塗りムラが出ないようにする為です。

 

当時の塗料はそこまで気を遣わないといけなかったのです。

 

今の塗料は下手くそが薄めた塗料を塗ってもそれなりに見えます。

 

それがかえって手抜き工事の温床になってしまいました。

また手を抜かれやすいポイントもあります。

 

 

 

あと最近とある訪販があま市近辺を廻っているようなので

訪販注意報を発令します!!

 

「最近訪販が来て~」と仰った人に私が○○って会社ですか?と聞いたら

「そう、そう!」という方が4人程いました。

 

 

「20年もちます!!」「これは自社オリジナル製品です!!」

などと言っているみたいです。

 

そして当日契約を迫ってきます。

 

最初の見積金額は高額で

「今日契約をしてくれたら000円になります。」

と大幅な値引きをしたように見せてお得感を煽ります。

 

そこで高いと渋ってみてください。更に金額は下がる事でしょう(笑)。

 

典型的な訪販手口。三文芝居でも見せられている気分です。

 

ただ残念ながらその仕様で20年は無理ですね。

突っ込みどころ満載の見積りです。

 

でも「詳しく分からないが何か良い塗料みたいで20年もつって言ってるし工事をやるか!」

となってしまうようです。

 

訪販の方はその辺の営業トーク、スキル、信頼させる人柄は流石です。

私のような現場上がりの口下手男とは歴然の差であったりします(汗)。

 

 

何の上塗りを使うのかは確かに大事です。

でもそこばかりに目を向けないでください。

 

ほんとうに長持ちをさせる為に必要なことがあります。

 

ここ最近立て続けに不良施工に悩む方からの

相談があったので今回はこのような記事を書きました。

 

金額が安いのは確かに魅力的です。

 

当社の金額はちょっと高いです。

ただそれには明確な理由があり、こだわりがあります。

 

だからこそ、それを理解して依頼してくだるお客さんに

正直でありたいと思っています。

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こだわり施工 ~リシンの塗り替え~

塗装にリシン吹きという施工方法があります。

 

当社の池田君が以前にブログでチラッと

書いていますが(池田氏の書いた記事)、

リシンを塗り替えする時のこだわりがあります。

 

P1120604

↑施工前  リシン仕上げの壁

 

リシン仕上げの壁を塗り替えした時の特徴として

艶にムラがあるように見えたりします。

 

また艶有り塗料で塗ると雰囲気も変わるので、リシンの塗り替え

を3分艶などでやられる方もいます。

 

今回は艶有りで塗り替えをした場合。

 

通常の3回塗りは見た目は綺麗になるけれど、私が納得する

もうワンランク上の仕上がりに

中々なりません。(完全に自己満足の世界ですが、、、汗)

 

もうひと押しが足りていない、、。

 

より綺麗に高品質な仕上げを実現する為のひと手間。

 

それはリシンの時は下塗りを希釈せずにたっぷりと2回塗ります。

CIMG0381

↑こちらが下塗り一回目の写真です。

白は下地が透けやすいのですが、御覧のとおり透けておりません。

如何にたっぷりと塗っているのかが分かります。

 

CIMG0383

↑ さらにもう一回。 壁は完全に真っ白(;O;)

 

CIMG0384 CIMG0385

 

更に溶剤型塗料で希釈をほとんどしていない状態で中塗り、上塗りを塗っていきます。

 

材料によってはシンナーで希釈する必要がないくらい

シャバい(薄い)塗料もありますが、溶剤の希釈なしは非常に

塗りにくいです(泣)。

 

P1140646P1140682

 

写真では分かりにくいかもしれませんが、

一般的な塗り替えの仕様と、この仕様とでは

間近で見ると差が一目瞭然でわかります。

 

私はリシンの場合はここまでする必要があると私は思っています。

 

 

この流れでもういっちょ~。

 

P1150115 P1150116

 

↑はサイディングを溶剤シリコンで塗り替えした写真です。

塗り回数は一般的な仕様の3回塗りです。(下塗り+中塗り+上塗り)

 

この質感&肉厚(塗膜)!! 是非とも実物を見ていただき、他との

違いを見比べていただきたいと思うぐらいです。

 

ただ単に3回塗っただけではここまでの質感になりません。

 

私が現場で品質の検査をするのですが、職人さんはきっちりと

指示を守って施工をします。

 

なぜなら手を抜いた施工は直ぐに私にバレるからです(笑)

 

塗膜の質感などを見れば高品質なのか低品質なのか分かります。

これは塗膜の質感に胸を熱くする、馬鹿な男にしか気づかぬ僅かな違い

かもしれませんが(笑)

 

 

 

私もこの業界で早10年、、、。

 

幾千もの塗装の仕上がりを見てきました。

 

その中でいま、当社の職人が塗った作品を私は

お客さんに自信を持って提供できます。

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水廻りのリフォーム。

ありがたいお話しですが、以前のブログに書いたように

最近は塗装工事以外の工事をいただいておりますm(__)m

 

外装が専門の私ではありますが、内装工事のご依頼があるので

今まで縁遠かった水廻りについても知識を付けねばと思っています。

 

その中で水廻りにものすご~く詳しい方に色々と面白いお話しを

聞くことができました。

 

言うならば業界の裏側的な内容です( ..)φメモメモ

 

例えば水廻りの商品でどこのメーカーをリフォーム店が推しているかで

その店の事が分ったり、どこのメーカーの物がいいのか等

私が知りもしなかったお話しを教えていただき大変勉強になりました。

 

私たちが塗り替えセミナーをやっているように、この人も

水廻りセミナーみたいなことをやれば面白いのに、、。

 

この水廻りの先生と話していたら私の塗装に対する考え方や

お客さんに対する思いに似ていたので共感をもちました。

 

今日の出会いに感謝!!

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく


食い物に!?

毎日のようにHP関連の営業電話が掛ってきます。

 

一番多いのがHPのSEO対策に関すること。

 

インターネットで検索をした時に上位にこれば必然と

目にしてもらう確立が増えるからですね。

 

自社のHPを持っていない塗装屋さんには

「HPを持てばお客さんからの直接受注ができますよ!」

なんて言われていることでしょう。

 

でも実際お客さんからレスポンスを得るのはそんなに簡単なことではありません。

経験済みです、、。

 

うちの会社はHPを全面リニューアルする前は残念ながら反響はあまりありませんでした。

ページとしては綺麗でしたが、、、。

 

現在のHPになってからは反響が増えてHPからの仕事を受注できるようになりましたが

そこまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。

 

その過程を経て、今では塗装屋さんのHPを見れば反響がありそうなHPと、

なさそうなHPはだいたいわかったりします。

 

HPに対する知識もノウハウもない塗装屋さんは多いので、業者の言葉に乗せられ

悪い言い方をすれば食い物にされているのではと感じます。

 

SEOに関して知識がなかったので調べましたが、

うちの会社は現段階でSEO対策については考えていないですし、

その部分に重きを置いておりませんので営業電話を掛けてくるのを

やめていただけるとありがたいですね(笑)

 

 

 

 

 

「ありがとう」と言われるように 言うように

 

 

 

 

 

 

 

 


見積書。

日々続々と御見積り依頼をいただきありがとうございます。

 

今回は私達が作る見積書の内容について。

 

見積書(提案書)を作るときに、まず一番に考えるのは長持ちをすることができる内容であること。

 

そして長持ちをさせるために何が必要なのか。

自分が施主だったらどうしてほしいのか。

 

その観点でいつも見積書を作っています。

 

美和建装で工事を決めた方に決めては何ですか?と聞いてみると

一番多いのが提案書の内容と専門性の高さと仰います。

インターネットで色々と調べて知識を付けた方に高い指示をいただいています。

 

「色々な所から見積もりを取ったけど美和建装さんの内容は他と違うね」

 

このような御言葉をよくいただくのですが手間暇かけて作った甲斐があります。

ありがとうございます。(嬉)

 

基本的に見積書の中で記した内容以上のことを業者がやることはほとんどないと思ってください。

ですので「見積書の内容=業者のレベル」と思っていただいていいと思います。

 

もっともっとお客さんにわかりやすい内容に改善していかなければならないという課題は

ありますが、専門性を持った立場から視て、自分の家だったこうするであろうという内容であることに

間違いはありません。

 

この考えが私達の見積書(提案書)に対する考え、思いであり決してブレることはないでしょう。

 

 

P1120769

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世をおもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コミコミ価格と言う名の餌。

住宅塗り替えコミコミ○○万円!!!

コミコミ価格だから金額が明瞭で消費者は安心!

 

 

、、、、、。 なんてことは無いのでお気をつけください。

 

例をあげて説明します。

家の外壁がサイディングボードだったとします。

P1090467

 

サイディングであれば当然コーキングが目地、サッシ廻りなどに施されています。

外壁にサイディングを使用している方は、塗り替えでコーキングを処理するのは絶対条件と思ってください。

(以前にコーキングについて少し書いてますのでこちらをご参照まで。「知れば知るほどに」「見積もりチェックポイント(サイディング編)」

 

しかしどうでしょう。

 

巷に溢れるコミコミプランにコーキングは含まれていますか?

一切触れていないところ多いですよね?

 

稀に壁の目地部分のコーキングは増し打ちします!なんて書いてあります。

サイディングの目地に増し打ちも論外です。サッシ廻りも当然処理しなくてはなりません。

 

それ以外にも掲載している内容、項目に不明瞭な点が多いです。

 

~130㎡まで○○万円では110㎡の家と125㎡の家では実質は施工面積が違うので損得も発生します。

 

 

ではなぜコミコミプランの安い金額を全面に出すのか?

 

それが今回のタイトル「コミコミ価格と言う名の餌」です。

 

安い金額で引きつけることが目的です。

それで見積もり依頼をもらえば「こっちのもの」。コミコミプランは餌なので落とし所は違います。

 

必ず高耐久・高機能塗料を勧めてきます。高耐久塗料で金額の折り合いが合わなければ

「ではお値打ちなシリコンでいきましょう。」となります。

これに実際は建物の各所に痛みがあるので必要な補修工事の金額が乗っかってきます。

 

コミコミ価格の金額をイメージしていても最終的には全く違う金額になります。

 

以上のようにコミコミプランとは業者の戦略です。

 

安い値段を餌で掲げておけば見積もり依頼が増えるのは当然でしょう。

金額を餌にお客さんを釣るのか正々堂々内容で勝負するのかは施工業者の考え方次第。

 

 

「私達プロにお任せ下さい!!」

 

HP上で飛び交うセリフ。

プロを名乗るならそんなプランは掲げないのではと私は思ったりしています。

 

 

なぜならそれは安かろう悪かろうだからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世をおもしろく

 

 

 

 

 

 

 

 

 


塗装業界

昨今、インターネットの普及により、塗り替えを検討している方も
端末を開けば色々な情報が手に入ります。

便利な時代ですね~。

私も調べたい事や気になることがあればすぐにネットで調べます。

ネットで知りたい事を精査していき、自分の中で篩いにかけ、知識として
頭の中に落とし込みます。

物を買う時などは口コミを片っ端から見ていったりします(笑)

なぜそこまでするのか?
それは誰しも同じ気持ちだと思います。

「失敗したくないから!!」

ましてや金額の張るものなんて特に慎重になります。

外壁の塗り替え工事に話を置き換えましょう。

外壁の塗り替えは電化製品等と違い、各社に金額、品質に雲泥の差があります。
そして怖いことに完成品を契約時に目にすることができません。

適正価格はいくらなのかも、いまいちわからないことでしょう。
消費者の方が相見積もりを取るお気持ちはよくわかります。

私は職人をやっていたので一つ一つの工程にどれくらい時間がかかるのか
知っており、家を見ればその場で何人工かかるのかすぐ計算できます。

だからこそ思うのが異常に安い業者が多すぎる!

その金額で原価をぼっていくと職人の手間賃なんて雀の涙ほど(泣)

金額の帳尻を合わせる為にすることは手間を抜く、材料費を削ること。

「腕のいい職人さんなら塗るのも速いから、手を抜かずとも安い金額に
帳尻を合わすことができるのでは?」

中にはそんなスーパーマンもいるかもしれませんが
実際のところ、戸建の塗り替えは職人のレベルが一定の水準に達すると
施工におけるスピードにべらぼうな差はでません。

そして私の経験上、施工の速さに自信を持っていると言う職人ほど
大したことないです。

施工する側の人間から見て、その金額では真っ当な仕事は無理!と
感じる金額をよく目にするのが塗装業界の現状です。

そして、一般の方がその安い金額をベースにした物差しで業者を測ったところで
間違った結果にしかなりません。

それでも続く安値競争、、、。

結局泣くことになるのが手抜きをされたお客さんであり、安っすい金額で請け負う
現場で汗を流す職人さんであったりします。

元請けが安くしないと受注できないのは単に力不足。ただそれだけ。

いい加減いい方向に進んでくださいな。塗装業界よ、、、。

おもしろきこともなき世をおもしろく


決算が終わり。。

先月の6月に美和建装の決算が終わりました。

消費税増税前の需要拡大などもあり、年間の目標数字を無事クリアすることができました。

この場を借りてお世話になった法人様、消費者の皆様には心より御礼を申し上げます。
変わらず皆さまのお役に立てるように美和建装一丸となり努めてまいりますので
宜しくお願いします。

さて、ここからは私が携わっている塗り替え事業部のお話しを。

前期は様々なことがありました。

消費者の方からの直接受注に本格的に力を入れ、HPのリニューアル、チラシの配布、
OBさんへのDMなど色々な取り組みを行いました。

その中で受注した物件1件1件全力を注ぎ、紹介も沢山頂けるようになりました。

とても有難いことです。私達がやりたい事、やるべき事をすれば喜んでくれる
人がいると体感することができました。

そして、何よりやりたい事をさせてくれる会社に感謝ですね。

会社の体質が品質をさておき「契約を取ってこい!」なんて会社だったら
私はこの会社に将来性もやりがいも感じずにいたことでしょう。

ただ会社である以上、どんな綺麗事を言っても売り上げをあげなければなりません。

数字の目標は必ず必要です。 目標なき会社の行き着く先は、、、、。

うちの会社の数字に対する考え。

それはまず自分がお客さんに対して満足していただけるサービス、対応をできる件数は
月にどれくらいかを出して、そこから計算して売り上げ数字をたて、それに向かって
行動します。

頭でっかちな売り上げ目標数字から逆算して月にどれだけの数字を「やらないといけない」と思って
行動する場合と、自分はこれだけの物件をしっかり「やることができる」と思って行動を
した時、大きな差を生むでしょう。

自分が100%の対応をできる範囲内なので質が落ちることはありません。

闇雲に数字を上げることに、会社規模を大きくすることに頭いっぱいでやったところで
クレームを沢山招き、結果として会社を弱くさせてしまいます。

焦らずとも目の前のやるべき事に精一杯取り組めば自ずと会社は成長します。

まあこの考えには賛否両論あるとは思いますが、私達が目指す先は芯の太い木です。

芯の太い木が寄り添いながら徐々に徐々に数を増やし広がっていけば、台風がきても
ビクともしない強い森になっているでしょう。そして雨風をしのぐ傘となり、困った
人の役に立つことができるでしょう。

社長の考えを私なりに解釈してみました。

違っていたらすいません(笑)

P1010976


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ