サイディング

サイディング塗り替え施工事例 ~あま市Y様邸~

サイディングの塗り替え施工事例をご紹介します。

 

 

あま市Y様邸。

 

P1010402

 

お世話になっているお隣のI様からご紹介をいただきました。

 

壁材は窯業系サイディング、屋根はモニエル瓦です。

壁、幕板などは無塗装品を貼ってから現場で塗装をして仕上げてありました。

 

施工前の劣化状況がこちら↓

P1010415

 

幕板が反り上がってひび割れがでています。

 

P1110123

 

手で壁を触ると指が真っ白になるくらいチョーキングをしています。

 

P1110122

 

コーキングにも割れが見られ防水性が低下をしております。

P1010424P1040441

 

 

水切り板金には塗膜の捲れが見られます。

壁を水性塗料で塗って、水切り板金も同じ塗料で下塗り無しで塗ってありました。

これでは直ぐに捲れてしまいます。(それ以前に外部の鉄部に水性はよろしくありません。)

 

P1110126

 

こちらはベランダ内部の腰壁です。

壁の端部は水が切れずに留まりやすいのでひび割れを

起こしやすいです。

P1110112

屋根のモニエル瓦は退色をして表面塗膜が劣化をしていました。

苔、カビが発生しやすい状態で、北面には苔、カビが全体に発生していました。

 

今回Y様が壁にお選びになられた塗料はひび割れに強いアステックペイントの

EC-2000Fです。

付帯部にはフッソを使いました。

 

P1110500

モニエル瓦の施工の善し悪しは洗浄に全てがかかっていると言っても過言では

ありませんので時間を掛けて念入りに洗っていきます。

CIMG0149 CIMG0148

 

板金部分には密着力の高い2液型エポキシ樹脂錆止めを塗っていきます。

樋の金物も下塗りを無しで塗ると捲れやすいので下塗りを塗る必要があります。

CIMG0157

壁の下塗りには密着性、浸透性に優れた2液型エポキシシーラーを吸い込みが

なくなるまで塗っていきます。

 

上の写真の赤丸の印はエアコンホースです。

 

エアコンカバーは全て外し、隠れていた壁も塗り残しがないように塗っていきます。

もし年数が経ってエアコンを撤去しても、隠れている壁がちゃんと塗ってあれば

みっともないことにはなりません。 この時にエアコンホースのテープをサービスで巻き直しを

させていただいています。

 

工事が進みこちらが完成写真です。

 

P1110690 P1110689

P1110691 CIMG0183

 

 

Y様の今回の工事のご感想

 

お隣の工事を見て信頼できると思って工事をお願いしました。

気付かないところで傷んでいる所が沢山あり、それらを綺麗にしていただいてすっきりしました。

工事の提案書、報告書が写真付きでわかりやすく丁寧で良かったです。

あと職人さんがその日した仕事と翌日する予定の仕事を毎回しっかり報告をしてくださるので

工事の進捗状況がよくわかりよかったです。

 

P1110945

 

 

Y様には見積書を提出してご説明をしたら、その場で直ぐに工事の依頼を

してくださいました。

 

Y様邸は通常のお宅よりコーキングが多く施されており、屋根もモニエル瓦で

塗り替え工事をするとかなりの金額になります。ですのでゆっくりと検討してから御返事が

くると思っていたので私自信びっくりしてしまいました。

 

それだけ提案内容にご理解をいただき、美和建装を信頼してくださっているのだと

感じてとても嬉しかったです。

 

仕上がりは完成度が高く、美和建装自信の一作になりました。

 

 

 

 

 

 

「ありがとう」と言われるように 言うように

 

 

 

 

 

 

 

 


窯業系サイディングの劣化

今回は窯業系サイディングについて。

 

現在の住宅用外装材の7割がこの壁材です。
当然ながら住宅の塗り替えの現地調査で一番目にするのが窯業系サイディングです。

P1090958

P1060292

その中でサイディングボードに割れ、反りなどが発生しやすい物、施工方法があります。

 

其の1  厚みが薄い

平成20年まではサイディングボードの厚みが12mmの使用がOKでした。

しかしJISの改正で現在では最低でも14mmに決められています。

厚さが薄いと建物が動いた時、力の影響を受けやすい釘廻り、開口部廻りが割れやすいです。

P1070592

P1090927

サイディングの厚みが12mmと16mmを比べると劣化の差は歴然です。
12mmは反りがでやすく、ひび割れが発生しやすいです。
 

其の二  直張り工法

直張りとは下地と壁材の間に胴縁が入っておらず、下地に壁材がピタッと張ってあることです。

2000年4月以降の品確法の標準施工では直張りではなく、胴縁を設けて通気層を確保する通気工法
を推奨しています。ただ罰則がないため、それ以降でも直張り施工の家をよく見ます。

直張りですと通気層がないので、内部結露をしやすくなってしまいます。

そのことが壁材の反りや凍害に繋がります。

P8150263
↑ 凍害によるサイディングの劣化

また直張りの場合、塗装をした時に塗膜の膨れなどが起きる場合があるので注意が必要です。

特に日差しがよく当たる南面に起きます。
塗り替えをする時は塗料の選定、そして選ぶ色が重要になります。

 

 

其の三 釘留め施工

サイディングの留め方には釘留め工法と金具固定工法の2つがあります。

サイディングの留め方が釘留めの場合、先程にも書いたように釘廻りに割れが発生しやすいです。

P1000443

そしてサイディングは湿乾伸縮をするので釘が徐々に押し出されてきます。

P1110349

反りは金具固定でも発生しますが、釘留めに比べたら軽度の場合が多いです。
金具固定の反りは下地、間柱から起因する場合があります。

 

 

其の4  横張り

サイディングボードの横張りは反りがでやすいです。

横張りの場合の多くが、幅455mmのサイディングを張っていきます。

メーカーは縦張りと横張りに性能差は無いと言っていますが、幅455mmの横張りのほうが
反りが出やすく目立ちます。

このへんはサイディングの厚み次第でカバーできることではあるのですが。

 

 

幾つものサイディングの劣化を見てきましたが、これらの4つが重なっている
サイディングの劣化は悲惨な状態になってしまっていることがよくあります。

P1020812

P1020846

P1090686

 

サイディングを張るなら厚みにこだわったほうがいいです。

最低でも16mm以上にしたほうが良いです。

 

年数が経てば差がはっきりでます。

 

ダイワハウス等の一部のハウスメーカーの壁材は劣化が少ないです。
この辺りは流石って感じですね。

 

そのかわり目地のメーター数が半端じゃないので
メンテナンスにはお金がかかりますが、、、。(泣)

 

 

おもしろきこともなき世をおもしろく


サイディング塗り替え施工事例 ~蟹江町M様邸~

今回ご紹介するのは蟹江町M様邸です。

M様は美和建装のHPトップページの「お客様から一言いただきました」に載っているH様の
ご友人です。

H様より美和建装の名前を聞いて、お調べになられて見積もり依頼をいただきました。

P1000567

P1100869

外壁は珍しいラップサイディングで屋根はカラーベストです。

まずは工事前の劣化状況です。

P1000572
↑壁にひび割れが何ヶ所かありました。サイディングの表面塗膜の防水性の低下、反り、釘の留め付け位置、建物の動きなどが主な原因です。

P1040003
↑こちらは壁に反りが見られます。

P1100937
↑こちらには壁を留めている釘が飛び出しています。
サイディングの厚みが12mm、14mmの物は主に釘打ち工法で施工してあります。
年数が経つと釘が徐々に飛び出してくるのが劣化の特徴です。

P1100872

↑屋根の棟板金にも壁と同様に釘が飛び出しています。

この飛び出した釘をどのように直すかにも施工の細かさがでます。

①飛び出した釘をハンマーで叩いて戻してから塗装をする
②飛び出した釘をハンマーで叩いて戻してから釘頭にコーキングを被せてから塗装をする
③飛び出した釘を、釘より口径の大きなスクリューネジに打ちかえて、ネジ頭にコーキングを被せてから塗装をする

一般的に多いのが①番です。良心的な業者で②番です。③番を標準施工としてやている業者はほとんど
いないと思います。

美和建装では③番で施工しています。なぜなら釘は保持力が弱いです。釘を叩き戻しても所詮は
その場凌ぎにしかなりません。

ましてや屋根です。普段見えない場所です。塗り替えをしたのはいいけど数年で釘が飛び出していたら
嫌ですよね。

綺麗に長持ちするように塗るのは当たり前です。でもただ塗るだけではホントの意味の
長持ちにはなりません。

細かなこだわりの施工の積み重ねが本当の意味での長持ちとなるのです。

P1100938

CIMG0013

P1110076

P1110079

P1110061

P1110062

P1110063

P1110065

工事が完了してM様から次のようなご感想をいただきました。

・担当者の方が色々な物事を迅速に対応、納得のいく説明が聞けた。
・現場の職人さん達が気持よく作業を進めていただけた。
・工事前の近所への挨拶は口頭だけでなく文書での通達もあり安心できた。

P1110226

M様この度は誠にありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

おもしろきこともなき世をおもしろく


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ