雪害による雨樋交換

こんにちは、浅井です。

 

今年1月の雪で雨樋が破損したOB様宅の

工事が終わりました。

 

雪で破損をした雨樋の写真がこちらに

なります。

 

P1210563 P1210566 P1210569 P1210572

 

P1210539

 

連絡をいただいて見に行ってみたらビックリしました。

 

同じ被害を受けないように今回の工事では

樋の吊具をステンレスではなくて

より強度、耐寒性に優れたポリカーボネート製の

吊具を採用しました。

 

 

P1220794

 

吊具のピッチ(間隔)は一般地域の場合、ステンレス製で

600mm間隔で取り付けられるのが一般的ですが、

ポリカーボネート製の吊具で約450mmピッチで取り付けて

いきました。

 

P1220793

さらに雪止め金具がついていない屋根面に雪止め金具を

取り付けをして万全な対策を施しました。

 

P1220790

IMG_1903[1]

 

 

別のOB様宅でも雪で雨樋が破損をしたので

現在火災保険申請をしています。

 

IMG_1876[1] IMG_1867[1]

 

IMG_1899[1] IMG_1866[1]

 

 

外壁塗り替えの見積依頼で現地調査に

お伺いをした時、雪の影響で樋が垂れている物件を

よく目にします。

 

 

火災保険で雨樋を直す為には保険会社に提出をする

資料の内容が重要になります。

 

ご要望がありましたら当社へ申しつけ下さい。

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

至誠にして動かざるものは  未だこれあらざるなり

 

 

 


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ