2015年3月19日

雨漏り施工事例 ~シート防水~

あま市篠田で施工が完了した雨漏り事例をご紹介します。

 

 

大成パルコンで建てられた家の屋上から雨漏りをして

いるので直してほしいとお施主のY様よりお電話をいただいた

のが始まりでした。

 

P1160278

陸屋根にはシート防水が貼ってありました。

 

劣化の状況は捲れている箇所があったり、中には防水層に穴を

開けて配線を貫通させているという危険な施工も見られました。

 

P1160271 P1160299

 

これらから雨水が内部に侵入して

P1160266 P1160305

このような状態に室内がなっておりました。

 

今回の工事では、まず防水層を貫通させている配線を別の場所に移動

させてからシート防水の貼り替えを行いました。

 

P1170060

 

足場を建て、配線を移動させてから防水工事のスタートです。

 

7、既設シ-ト撤去 10、プライマ-塗布

まずは既存のシート防水を撤去をしその後プライマーを塗っていきます。

 

11、ボンド塗布13、コ-ナ-増貼り

そしてボンドを塗ってコーナーやドレン廻りにシートを増し張りします。

19、ドレン廻り ウレタンクロス貼り 21、ドレン廻り ウレタン防水処理完了

ドレン廻りは雨漏りをしやすい箇所ですのでシートの増し張りをしてから

クロスを貼ってウレタン防水を塗ります。

 

16、ゴムシ-ト貼り18、シ-ト ジョイントテ-プ貼り

 

シートを前面に貼っていきシートのジョイントには水が廻り込まないように

テープを貼ります。

 

22、シ-ト 端末金物取付 25、シ-ト 端末金物取付

端末金物を取りつけから

 

26、シ-ト 端末シ-リング処理23、シ-ト 端末シ-リング処理

コーキングを打っていきます。

 

27、シ-ト シルバ-塗布 P1170329

仕上げにトップコートを前面に塗り作業完了になります。

来週からは室内のボード張り替え、建具交換、クロス貼り替えを行います。

 

今回は外壁の塗り替えをしないので関係はないのですが、

大成パルコンの塗り替えには少々気をつけなければ

ならないことがあります!

 

それは塗装屋が当たり前のようにする仕様(弾性ではありません)ですが、

家によっては塗膜が膨れて不具合を起こします。

 

パルコンは職人目線でいうと塗り易くて施工がしやすいですが、建物の

状態を見て慎重に塗料の選定を行う必要があります。

私はパルコンにその仕様は絶対にしません。

 

メーカーもその不具合には泣かされていることでしょう。

 

 

 

あま市、稲沢市、津島市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで
http://www.miwakenso.co.jp/

 

 

 

 

 

おもしろきこともなき世を おもしろく

 


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ