なぜ、外壁から雨漏りが発生するのか?

外壁から雨漏りが発生する原因は、大きく「施工不良」と「外壁の劣化」の2つ。

 

新築住宅の雨漏りは施工不良の可能性大

 

「家を建てたばかりなのに、もう外壁から雨漏りがしている」という場合には、家を建てたときの施工不良が原因の可能性が高いです。

雨水の浸入経路となりやすいのは、窓枠、換気口などの開口部と呼ばれる部分。

窓や換気口の雨仕舞(建物内部に水が浸入しないように施工すること)ができていないと、そこから雨漏りが発生することがあります。

 

 

外壁の劣化箇所から雨漏りが発生

 

モルタル、サイディング、タイル…どんな素材の外壁も時間の経過とともに劣化が進行します。

そして劣化の症状によっては雨漏りを引き起こすことも。

特に梅雨の長雨の時期や、台風の横なぐりの雨が降ったときなどは、ひび割れなどの劣化箇所から雨漏りが発生しやすいため、注意が必要です。


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ