散水検査に伺ってきました!

どうも!川出です。

今日はお客様のところへ散水検査に伺いました。

散水検査は、雨漏りをしているお客様のお家の

どこから水が入ってきているのかを

実際に水を当てて検証をする検査です。

今回行った散水検査では、実際に水が漏れてくることは

無かったのですが、赤外線カメラで見たところ

温度が下がっているエリアが広がっている様子が見られ

おそらく水が入ってきているであろう箇所を

特定することができました。

 

従来、お家には防水紙というものが張られており、

もしも外壁にヒビなどがあっても

この防水紙に止められ屋内に水は入ってこないようになっています。

しかし、この防水紙に穴が空いたり、壁内への

おさめ方が悪いと、そこから水が中に侵入して

雨漏りになってしまいます。

こちらのお客様も、新築時から雨漏りをしていたということなので

雨漏りをしてきた場所から考えても、

この防水シートの納め方が悪かったものと思われます。

 

ちなみに建物には瑕疵担保責任というものがあり

購入から10年間は建物の瑕疵に付いては販売元が修繕を

行う義務があります。

逆に言うと、10年過ぎてしまうと保証を受けられなくなってしまうので

ご注意ください!

(今回のお客様も10年過ぎており、保証外となってしまっていました)

何か少しでも不具合を感じたのであれば、遠慮することなく

建ててもらった所に言った方が良いでしょう。

特に雨漏りは非常に重要な瑕疵になります。

建物の寿命を大きく縮めてしまう大きな要因なので

「このくらいなら・・・」と思わず、

補修をしてもらいましょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ