30年耐久塗料を塗っても10年後にメンテナンスが必要になる理由

どうも!川出です。

お家の劣化で気になるといえば、コーキングのひび割れ。

コーキングとは、お家の外壁の継ぎ目にある

ゴムのような詰め物です。

ココが劣化をしてくると固くなり、ひび割れを起こしてきます。

ひび割れを放置していると、そのうち破断といって

完全に割れて雨水が入り放題になってしまうため、

補修が必要になってきます。

物にもよりますが、大体コーキングの寿命は10年程度。

サイディングのお家であればコーキングのメンテナンスは

避けて通ることができません。

 

コーキング材自体はホームセンターなどに売られていますが、

ご自身で補修を行うのは難しいと思います。

例えば増し打ちという形で、既存のコーキングの上から

新しいコーキングを充填する方法なども有りますが

コーキングの相性によってすぐはがれてしまったり、

見た目が汚くなってしまったり、

なにより2階部分など高いところの作業は落下事故を

起こす可能性が高いです。

ここは専門業者に任せた方が良いでしょう。

 

塗り替え工事を行う際に、コーキングの打替えは

まず間違いなく行われると思います。

その際に注意してもらいたいのが、高耐久塗料の場合。

今30年以上耐候性能のある塗料が出てき始めています。

この時に、コーキング材も30年もつものでなければ

どのみちコーキングメンテナンスのために足場を組んだり・・・

といったことが起こってしまいます。

コーキング寿命と塗料の寿命が同じものを選べば

塗膜はまだ大丈夫なのにコーキングがボロボロ・・・

といったことを防ぐことができますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ