10月

塗り替え工事期間中の換気、洗濯物について

どうも!川出です。

塗り替え工事が始まると困るのが、

換気と洗濯です。

基本的には作業期間中は控えて頂きたいですが、

なかなかそうはいかないもの。

そこで、今回は作業期間中でも換気や洗濯ができる

タイミングについてお伝えしたいと思います。

 

塗り替え工事が始まると、最初に行われるのが

足場の組み立て。

この時はホコリも経ちますし、換気や洗濯は

お勧めしません。

次に高圧洗浄が入りますが、この時も

汚れた洗浄水が飛散するので、換気や洗濯は

控えて頂いた方が良いでしょう。

養生作業時には窓を開けることが難しいですが

洗濯物を干すことはできます。

また、この時に、「この窓はできるだけ開けてほしい」

など、職人さんに相談をすると、この後の

作業の時にも生活しやすくなります。

工程内容にもよりますが、大体この後にシーリング作業が

入ります。

シーリングの時にはあまり塗料が飛散したりしないので

換気や洗濯はできるでしょう。

 

下地調整、下塗り、中塗り、上塗りの時は

塗料も使用し、飛散の可能性があるので

換気、洗濯はやめておいた方が良いです。

最後に養生ばらしと足場解体になりますが、

養生ばらしは塗料の付いた養生を扱うので

洗濯物などはやめておいた方が良いでしょう。

また、足場解体時も組み立て時と同様

ホコリがたつので、換気、洗濯等も

お勧めしません。

 

工事着工前に工程表と言う

どの日にどんな作業を行うのか、という

予定表が渡されていると思います。

その時に洗濯、換気ができる日を

打ち合わせしておくと、工事期間中でも

快適に過ごしやすくなりますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


結露が気になりだす季節

どうも!川出です。

朝夕と寒い日が続いています。

寒くなってくる時になってくるのが結露。

結露は室内の温度と外気温の差が激しいと発生します。

これは、外気温と室内温度の差を無くすか、

外気と接している窓の温度低下を防ぐことで

予防することができます。

良くある方法が、エアパッキンを両面テープで

窓に張る方法。

梱包材として使われているエアパッキンでも良いですが、

両面に膜が張られている防寒用のエアパッキンの方が

効果が高いです。

これを窓に張ると、ビニルで包まれた空気が断熱材となり

室内の温度と冷えた窓が接触する事を防ぐ事ができます。

アルミサッシの場合は、サッシ枠などに結露をしてしまいますが、

窓自体の結露はこれである程度予防することができます。

 

おすすめなのは、インプラスと言う2重窓にすること。

北海道などでは2重窓がスタンダードになっているそうですが、

間に空気層を含んだ窓は温度が下がりにくく

室内の温度を外に逃がさないといった特徴もあります。

冬場の光熱費削減にも役に立ちますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


かさいほけん は つかってほしそうに こっちをみている

どうも!川出です。

めっきり寒くなってきましたね。

もう冬も近く感じてきました。

しかし、昼間は日差しが強く、一日の

間でも気温差が激しいように思います。

弊社でも2名ほど、体調を崩しそうになっています。

風邪をひきやすい季節ですのでご注意を。

 

台風によるお問い合わせも大分落ち着いてきましたが、

職人さんはまだまだ大忙し。

頂いたお問い合わせに順次対応しております。

弊社にも多くお問い合わせ頂いておりましたが

火災保険の方も忙しそうにしております。

火災保険を適用した補修に抵抗を感じている

方も良くいらっしゃいますが、火災保険会社から

すると、むしろ「申請をして欲しい」のだそうです。

申請してもらわないと、保険会社の方からは

動く事ができません。

いざという時に役に立ってこその保険ですし、

使って頂かないと、保険会社の意味がありません。

なので、困った時には是非是非申請してください、

というスタンスなのだそうです。

もちろん、台風がきたから何でもかんでも

保険が通る、と言う訳ではありませんが、

キチンと審査をして通ればちゃんと保険金がおります。

弊社でも100万円を超える保険の見舞金で

補修を行うケースもありました。

遠慮することなく、賢く保険を使用しましょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


腕の良い職人さんはここが違う!

どうも!川出です。

前回「塗料も大事だけど職人さんの腕も大事!」

と言うお話をしました。

今回は、腕のいい職人さんの条件をお伝えします。

 

1養生作業

腕のいい職人さんは、細かいところまで養生を行い

そのラインがびしっとまっすぐ出ています。

塗料は塗る箇所につけば綺麗になりますが、

塗らないところについてしまっては単なる

汚れになってしまいます。

この境目を決めるのが養生。

塗装の基礎であり、一番めんどくさい部分になりますが

めんどくさいからこそ、この部分をきっちり

行う職人さんは腕が良いと言えるでしょう。

 

2使用塗料量を守る

塗料は塗膜の厚みが命です。

この厚みを決めるのが塗料の量です。

しかし、塗るスピードにこだわる職人さんの中には

決まった塗料の量を残して作業を残してしまう

方もいます。

職人さんは塗る面積によって給料が決まります。

当然、速いスピードで塗った方が

給料も良くなり、現場も数多くこなせるため

塗る量を守ることよりも、現場を早く終わらせる事に

集中してしまうためです。

規定量の塗料を使いきって作業を終える職人さんほど

腕が良く、長持ちのする塗装を行ってくれます。

 

3塗料置き場を守っている

塗料を置く場所を「ネタ場」と言いますが、

腕の良い職人さんは、このネタ場を守り、

いい加減なところに塗料を置きません。

また、その下に養生を敷くなど、管理も

きちっとしています。

乱雑に塗料を扱わず、作業の終わりには

塗料をネタ場に戻し、その上や下に養生を

しっかりして作業を終えている職人さんは

信用ができる職人さんといってもよいでしょう。

例えばご近隣の方がこのような職人さんを

使っているのを見た時に、その職人さんがいる

会社を聞いてみるのも良いかもしれません。

そうすれば、自分が塗装工事を行った際に

失敗をすることが減ると思いますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


塗装工事を行う上で大事なこと!

どうも!川出です。

塗替え工事を行うのにベストな季節になってきました。

ご依頼も続々頂いておりますので、ご検討の方は

お早めにご連絡を頂けると、いい日程を取りやすいですよ!

 

塗装工事を行う上で一番重要なのは職人さんの腕。

「塗装なんて、塗る塗料が大事で誰が塗っても

同じなんじゃないの~?」

なんて思っている方はいませんか?

それは大きな間違いです!!!!!

・・・いや、塗料も重要ですけど、それ以上に

塗装職人さんの腕が重要なんです。

お家の劣化は全て同じように劣化をするわけではありません。

日当たりが強いところの劣化と、

ジメジメした日陰の部分では傷み方が違います。

また、しっかりした塗装を行うには

塗膜の厚みが重要なのですが、この厚みの出る

塗装のやり方もなかなか難しいです。

養生作業もきちんと行わないと、せっかく

塗替えをしたのに仕上がりが汚くなってしまいます。

・・・なかなか言葉でいうのは難しいのですが、

実際に何回か塗り工程を体験させていただいたら

わかります。

本 当 に 難 し い で す。

こちらのサイトを見ていただくと、

腕の差がどのくらい出てくるのかが良くわかります。

【プロの塗装職人 VS 素人】塗装対決でわかった技術の違いとは?

そして、現場は一軒一軒状況も変わるので

経験則や知識が非常に重要になってきます。

塗料の選別も大切ですが、腕の良い職人さんを

選ぶことも重要ですよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


乾燥時間が重要です!

どうも!川出です。

肌寒い日が続くようになってきました。

天気や気温は塗装工事に影響を与えやすいです。

その原因が乾燥時間。

塗装工事を行う上で成功する大きなカギを握るのが

塗料の乾燥時間です。

塗料を塗った後、しっかり乾燥していないうちに

上から塗装を行ってしまうと、下に塗ってあった

希釈剤が上手く蒸発をすることができず、

上の塗膜に吸収されてしまい、施工不良になってしまいます。

当然、夏など日差しが強く気温が高い時には

乾燥も早いですが、気温が低く湿度が高い日は

乾燥が遅くなります。

塗料が上塗できるようになるまで乾燥するのに

塗料により差はありますが、メーカーから指定されている

時間は大体4時間ほど。

でも、夏場など気温が高く日差しが強い日は

もっと早く乾燥しますし、寒い冬場になれば

1日かかる場合もあります。

この乾燥具合を見るのも職人さんの腕によります。

しかし、いくら夏場だからといって工程表に

下塗り→中塗り→上塗りを全部詰め込んでいるような

業者さんには要注意です。

 

いくら塗り作業の時間が短くても、

この乾燥時間だけは職人さんには

どうにもすることができません。

どんな達人でも等しく必要です。

下塗り→乾燥時間(4時間)→中塗り→乾燥時間(4時間)→上塗り

と、乾燥時間だけでも通常であれば8時間必要です。

とても一日の間にできる作業ではありません。

 

職人さんの中には、広い面積を短時間で塗れる事に

プライドを持っている方も多くいます。

早く綺麗に塗ることは確かに腕のいい職人さんの

ポイントではありますが、短縮してはいけない時間まで

短縮してしまうのは、良い施工とは言えません。

きっちりと乾燥時間を守ってくれる職人さんを探しましょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


4Sのコツ!

どうも!川出です。

昨日弊社は給料日と共に、4S活動の日であり

家族サービスデーでした。

どういう日かというと、この日は「整理・整頓・清掃・清潔」の

4Sに関わる行動をチームで行い、残業は一切なし。

むしろ、逆に残業をすると本気で怒られるという

通常の会社ではありえないことが起こります。

家族サービスデーというのは、

「給料日くらい早く帰って家族サービスしてください」

という社長の思いから命名されています。

 

私は4Sの社屋内清掃チームのリーダーを任されているのですが

4Sという言葉はよく聞きますが、実践しようとすると

なかなか難しいものです。

私も4Sの本を読んで調べてみましたが、共通して言える

一つのコツのようなものがありました。

 

整理と整頓の違いは、整理はいるものといらないものを

分ける事。整頓は、残った必要なものをわかりやすく

使いやすいように置くことです。

4Sの一番のキモとなるのが整理ですが、これがなかなか難しい。

「これはいつか必要になるから・・・」

「これは何かで使うだろう・・・」

と、不要なものをためてしまいがちです。

整理をするコツは、1か月使わなかったものを捨てる事。

(ただし、一年のうちに必ず使うものは別です。)

「いつか使う」「もったいない」は厳禁です。

そして、収納スペースを少なくすること。

一見、収納スペースが多い方が使いやすそうですが、

収納スペースが多すぎると、いらないものまで増えてしまい

整理が難しくなります。

収納スペース自体が少なくなれば、各自収納するものを

厳選し、必然的に物が少なくなります。

最初は不便さを感じるかもしれませんが、そのうちに

整理されていき、必要なものだけが残るようになります。

 

今回弊社の4Sでは、棚を3つほど処分しました。

最初のうちは不便に感じるかもしれませんが、

そのうちに慣れて、整理されてゆくはずです。

最終的には机の引き出しも無くすことができれば最高ですね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


塗装工事にお勧めな季節!

どうも!川出です。

台風も一段落し、かなり気温も下がり

過ごしやすい日が続くようになりましたね。

台風が過ぎ去ると、台風が水蒸気やごみなどを

運び去ってくれるため、雲一つない

すっきりとした青空になります。

塗替えをご検討されている方には

非常に良い季節になってきました。

 

塗装工事は気温が低すぎると、塗装を

行うことができません。

気温が5℃を下回ってしまうと結露が発生したり

塗膜が固まりにくくなったりと、

不具合が起こる原因となるためです。

今の塗料は昔の塗料に比べ、塗膜の不具合が

起こりにくくなっていますが、雨の日には

塗装を行うことができません。

必然的に工期が伸びやすくなるため、

雨が降りにくい季節を選んだ方が

工期を予定通りに終わらせやすくなります。

台風が過ぎ去った今頃の時期は、

雨粒の原因となるゴミや水蒸気が少ないため

雨が降る確率がぐっと低くなります。

そのため、「塗装は春か秋が良い」と言われる

事が多かったんですね。

 

個人的には春よりも秋がお勧めです。

春先の気候も良いのですが、春は基本的に

寒気の中、だんだんと空気が温まっていきます。

しかし、状況によっては寒気に覆われ

急激に気温が下がる時があります。

タイミング悪く夜に寒気に覆われてしまうと

夜露が発生し、施工不良になる可能性が

わずかながらあります。

秋は逆にだんだんと寒くなっていくため、急激に

気温が変わるとしても暖かい方になるため

施工不良が起きにくいです。

 

・・・とはいっても、今の塗料の性能であれば

一年中施工できない気候はありません。

冬の間休業する塗装屋さんもありません。

ただ、わずかの差ながらお勧めするなら、程度に

お考え下さいね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


どのタイプの除湿機がお勧め?

どうも!川出です。

台風の影響で風が強く、湿った空気が充満した日ですね。

湿度が高いと体感温度が上がり体力が奪われがちです。

エアコンのドライ運転を使われている方も

多いと思いますが、今度は部屋の温度が下がりすぎる・・・

といった悩みも。

エアコンのドライ運転は、部屋の空気を吸い込み、

温度を下げて意図的に結露を起こし

水分量の少なくなった空気を部屋に戻す、

といったことを行っているため、冷たい空気が出てきます。

室温を保ったまま除湿をしたいのであれば、

除湿機を使った方が良いでしょう。

 

除湿機には2タイプあり、「コンプレッサータイプ」と

「ゼオライトタイプ」があります。

コンプレッサータイプは、エアコンのドライ運転と

原理は一緒ですが、温まった空気を外に逃がさないため

エアコンよりも室温が下がりにくいです。

脱湿効果はゼオライトタイプよりも高いですが、

もともと気温の低い冬などでは性能が低下しがち。

また、コンプレッサーの作動音がしてしまうのがネックですね。

 

ゼオライトタイプは炭やシリカゲルなどの脱湿材を

利用した除湿機です。

こちらは冬場でも性能が落ちにくいですが、

ヒーターを使うため電気代をコンプレッサータイプよりも

消費しやすいですね。また、部屋の温度も上がりやすいです。

冬場に結露がひどく何とかしたいという方は

ゼオライトタイプを。

夏場の湿った空気を何とかしたい、という方は

コンプレッサータイプがお勧めですよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/

 


台風25号は安心?

どうも!川出です。

また台風が接近してきてますね。

今回の台風は日本海側を通り抜ける可能性が高いです。

だったら太平洋側の愛知県には影響が少ないんだー

・・・と安心するのはまだ早いかもしれません。

 

台風が発達するエネルギー源は温まった海水です。

また海の上は遮蔽物が無く、勢いが衰えにくいです。

台風が日本に上陸した後に勢力が弱まっていくのは

陸地でエネルギーの供給が少なくなり、建物などの

遮蔽物があるためです。

つまり、日本海側を通り抜ける台風は勢力が衰えにくく

強い風を保ったまま日本に接近する事になります。

また、台風は東側の方が西側に比べ風雨が強くなります。

これは台風が反時計回りで渦巻いていており

台風自身の風に、台風が移動する勢いが足されるためです。

(南半球では台風は逆に反時計回りになります)

この前の21号、24号の台風ほどではないとは思いますが

あらかじめ外出予定を外しておく、飛びやすいものは

家の中に入れておくなど、警戒をしておいた方が良いでしょう。

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


1 / 212
みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ