屋根に登らず、屋根を見る方法!

どうも!川出です。

台風被害が深刻なようですね。また、北海道の方でも

大きい地震が発生したとか。

今年は岡山、九州地方の大雨や、昨日の大型台風、

震度6の北海道地震など自然災害が猛威をふるっている

印象が強いですね。

先の台風でも、近年まれにみる風速でしたので

屋根瓦が半分ほど吹き飛ばされてしまったり、

カーポートや物置小屋が吹き飛ばされたり、

2階のベランダがめくれ上がって壁に張り付いてしまっている

お家もありました。

 

台風の被害の場合、目に見えない屋根の上等が

被害に遭っている事が良くあります。

高さが高かったり、勾配がなだらかだと

下から見えないためなかなか目にすることがありません。

かといって、屋根の上に登ることは危険が伴います。

 

屋根に登らず屋根の上を見る簡単な方法として、

近くの高い建物から見下ろす、という方法があります。

ご近所に友達の住んでいるアパートやマンションがある場合、

その建物に登って上から見下ろせれば、危ない思いをしなくても

屋根の様子を見ることができます。

双眼鏡などを使えばより細かく見る事もできますが、

あらぬ誤解を受けてしまう事があるのでご注意を・・・。

しかし、この方法は立地条件にもよります。

 

近年ホビー用品としても売られているドローンを飛ばして

撮影する方法もありますが、空港など重要施設から

10km離れていないといけない、150m以上飛ばしてはいけない

飛行許可証が要る・・・などなど、意外と制約が多いです。

また、ドローンは「航空法」で規制されています。

万が一法律に引っかかってしまった場合、高額な

罰則金を払わなければいけない危険性があります。

 

お勧めな方法としては、ド○キホーテなどで売られている

自撮り棒を使う方法です。

例えば2階のベランダや窓から屋根の上に自撮り棒を

差し上げて撮影をすれば、ある程度限界はありますが

屋根の様子を見ることができます。

この際にあまり身を乗り出してしまうと落下して

怪我をしてしまうので要注意!

もしも、写真などで異変が確認されたら

そこから雨漏りをしてしまう可能性があります。

速やかに業者さんに連絡をして

対応してもらった方が良いでしょう!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ