サイディングって何?様々な種類のサイディングを解説!

どうも!川出です。

日本の家屋の外壁は、80%以上がサイディングを

採用されています。

サイディングのメリットは

・工場で製造されているため品質が安定している

・木目、ストライプ、レンガ、タイルなど

デザインバリエーションが豊富

・施工が簡単なため工期の短縮、施工費の削減につながる

・重量が軽く耐震性に優れている

の4点が挙げられます。

では、サイディングとは一体何なんでしょうか?

 

「サイディング」の意味

サイディングとは板状外壁材の総称です。

木枠を組み、現地でモルタルなどを練りつけて

作り上げる外壁と違い、工場で成型された外壁材を

現地で組み立てることで、前途の4つのメリットが生まれます。

そのサイディングにも素材によって

窯業系サイディング、金属サイディング、木質系サイディング

樹脂系サイディングと種類が分かれます。

 

窯業系サイディング

一番日本で普及しているタイプのサイディングです。

(全体の70%のシェア率を誇ります)

「窯業」の字のごとく、スラリーと呼ばれる原料を

板に乗せ、窯で焼き上げて成型しています。

防火性とコストパフォーマンスが高く、

デザイン性が豊富なため、自分の好みの外壁を

選びやすいです。

反面、

・シーリングのメンテナンスが必要

・蓄熱性が高い

・素材そのものに防水性能が無いため、

塗装で防水をする必要がある

などのデメリットが挙げられます。

イニシャルコストが低い分、ランニングコストがかかる

タイプのサイディングと言えるでしょう。

 

金属系サイディング

窯業系サイディングに次いで多いタイプのサイディング。

素材自体が水を吸わないため、メンテナンス性に優れ

ひび割れなども発生しません。

また、断熱材と一体化しているため、断熱性にも優れています。

非常に軽量な金属であるガルバニウム合板でできているため

耐震性にも優れています。

デメリットとしては

・塩気やもらいサビに弱く、沿岸近くでは3カ月に1回など

清水で洗い流さないとサビが発生する可能性がある

・窯業系サイディングに比べ、金額が高い

・一部シーリングを使用する事があるため

その部分のメンテナンスが必要

 

海沿い等ではあまりお勧めができませんが、

市街地などでは大がかりなメンテナンスの

頻度が少ないため、イニシャルコストが多少高く

ランニングコストが低いタイプのサイディングです。

 

木質系サイディング

木が本来持つ温かみのあるデザイン性が特徴。

また、断熱性に最も優れており、中には

防火認定を受けている建材もあります。

しかし、

・取り扱いをしているお店が少ない

・メンテナンスを怠ると腐敗など劣化が早い

・質の高さに比例してコストも上がりやすい

といったデメリットも。

そのため、二階建ての1階部分だけ木質系サイディング

など、組み合わせて使用するケースも多いようです。

組み合わせ次第ではオリジナリティーのあふれる

温かみのある外壁を作りやすいですね。

 

樹脂系サイディング

日本では全体の1%以下の普及率ですが、

アメリカでは40%、カナダでは60%と

普及率が非常に高いサイディング。

あまり耳馴染みのないサイディングなのではないでしょうか。

耐久性や耐候性に優れ、重量も窯業系サイディングに比べ

1/10程度と非常に軽量です。

オープンジョイント工法なら目地のシーリングも必要なく

サイディングの種類の中でも、最もメンテナンスが

必要ないタイプのサイディングと言えるでしょう。

デメリットとしては

・デザインやカラーバリエーションに乏しいため、

ノッペリした印象に仕上がりやすい

・導入コストが窯業系サイディングなどに比べ高い

・施工に慣れた業者が少ない

・塗料が定着しにくいので上塗ができない

等があります。

「とにかくメンテナンスの手間を無くしたい!」

という方にはお勧めのサイディングになります。

 

いかがでしたでしょうか。

サイディングにもいろいろな種類があり、

それぞれに特徴がある事が分って頂けたかと思います。

これからお家を建てる事を御検討されている方は

自分に合ったタイプの外壁材を選んでくださいね!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ