揺れを抑える制振とは?

どうも!川出です。

先日は「免震」と「耐震」の違いについて

お伝えさせていただきましたが、

このほかにも「制振」と言うものもあります。

 

この制振を簡単に説明すると、

屋上に非常に大きな重りを載せることで

ビルの揺れを少なくするものです。

物質は重いほど動くのに大きなエネルギーが

必要となり動きがおそくなるため

ビル本体の動きと反対の方向へ

力が働くようにする技術です。

そのため、地震だけではなく、

強風などによる揺れも抑えてくれます。

ですので、地震の「震」の字ではなく

「振」の字が使われています。

 

一般家屋の場合、柱と柱の間に

斜めにダンパーを入れるタイプの

制振装置もあります。

斜めにダンパーを入れることで、家屋の

歪みを抑えることができ、強風などでも

家が揺れる事を抑えることができます。

また、免震装置に比べ、設置費用なども

安価に抑えることができ、設置面積も

取らないため、免震装置よりも住居空間を

広く取ることができます。

しかし、あまりにも強いゆれにより

ダンパーが変形してしまった場合、

全て取り換えになってしまいますのでご注意を!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ