シャッターは普段のメンテナンスが大事なわけ

どうも!川出です。

昨日一昨日と強風が吹いていましたね。

冷たい空気と暖かい空気が入り混じると

風が強く吹きます。

強風が吹いた後は冷たい空気が流れ込んでいるので

気温がぐっと下がります。

くれぐれも風邪をひかないようにお気を付けください。

 

最近トタンでできた倉庫の塗装のご依頼を頂きました。

屋根を見させていただいたところ、屋根のところどころに錆が。

現状をお施主様にご報告させていただいたところ、

「シャッターも錆が出てきているんだけど・・・」とのこと。

確かにシャッターにもサビが出てきておりました。

 

しかし、シャッターへの塗装はあまりお勧めしておりません。

その原因は二つ。

一つは、シャッターは上げた時、屋根裏で巻き上げられているのですが

塗装を行うとシャッター同士の滑りが悪くなり重くなってしまうこと。

二つ目はシャッターにつけた塗膜同士がくっついてしまい、

剥離をしてしまう危険性があること。

新品の時は普通の塗装ではなく、焼付塗装を行っているケースが多いです。

この場合は塗膜同士が接着してしまうことがなく

滑りも悪くなりませんが、その上から塗装を行った場合

巻き取られたシャッター部分につけられた塗膜同士が

くっついてしまい、上げ下げを繰り返していると

短期間で塗膜がべろべろに捲れてきてしまう剥離が

起こる「可能性」があります。

塗装を施すことはできますが、お勧めはできません。

 

ですので、シャッター部分は普段からのメンテナンスが重要。

雨水や泥水が付着した状態ですと、錆や劣化の原因になりますので

柔らかい布でほこりや砂を落としておくと長持ちしやすくなります。

その場合、金属タワシなどを使用してしまうと、塗膜に傷がついてしまい

塗膜がはがれてしまう原因になります。

シャッターを下ろした状態で外側から清水をかけ流すか、

柔らかい雑巾やタオルで拭いた方が良いでしょう。

また、シャッターが格納される部分に水が入ると、電動シャッターであれば

ショートの原因にもなりますし、格納部分に水が溜まってしまい

錆の原因にもなります。

シャッターの上部にはなるべく水が当たらないように掃除をした方が良いです。

週に一回、最低でも半年に一回はお掃除をしてあげると

シャッターも長持ちしてくれますよ!

 

あま市・津島市・愛西市・稲沢市の雨漏り・外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ