コーキングにも種類があります!

どうも!川出です。

昼でも空気が冷たく感じるようになりました。

 

先日コーキングについてお伝えしましたが、

コーキングにも種類があります。

まずは樹脂の種類。

ウレタン製のコーキングよりシリコンコーキングの方が

持ちがいいです。

しかし、全部が全部シリコンがいいわけではありません。

シリコンコーキングは塗料をはじいてしまうため、

上から塗装を行うことができません。

その場合は変性シリコンと呼ばれるコーキング材を使用します。

コーキング自身も塗膜によって持ちが変わってきます。

できれば上から塗装ができる変性シリコンの

コーキングを使用するのが望ましいですね。

(ちなみに変性ウレタンのコーキング材も存在します)

また、コーキング材にも1液型と2液型があります。

(2液型は硬化剤を入れて固めるタイプになります)

2液型は業務用で販売されることがほとんどなので、

ホームセンターなどではあまり見ませんが、

固まった後の弾力性や耐久性は2液型の方が高くお勧めです。

但し、調合具合だとか、時間で固まってしまうなど

扱いが難しいので、ご自身で施工をされる場合は

1液型のシーリング材がお勧めですよ!

 

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/

 


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ