雨どいの役割

どうも!川出です。

先週今週とぐずついた天気が続いております。

雨が続くと多くなるのが雨漏り補修のご依頼。

先日も雨漏り補修依頼のお電話を頂きました。

その方は「雨樋から雨水が漏ってきている」とのことでした。

 

雨どいがなぜ必要なのかご存知ですか?

雨どいは屋根にたまった雨水を素早く集めて排水することで

建物の腐食を防ぐ役割を持っています。

また、近頃の建物は軒先が短いため、雨どいが無いと

垂れた雨水が跳ね返り、外壁を汚してしまいます。

垂れた雨水が地面に落ちた衝撃で

地面に溝ができてしまうことも防いでくれています。

 

しかし、本来雨どいはこのように建物を

守るためのものではなかったようです。

雨どいが文献に出てきたのは平安時代。

この時代の一般家屋は軒先が長く、屋根も萱ぶきや

草ぶきであったため雨どいが必要ありませんでした。

ではなぜ雨どいがあったのかというと、

この時代の雨どいは上水道の役割をしていたようです。

 

神社や貴族の家には、飛鳥時代に中国から伝わった

瓦が用いられていました。萱ぶきや草ぶきの屋根は雨水を

吸収してくれますが、瓦は吸収をしません。

そこで、雨どいを使って雨水を集めて排水し、

それを貯水槽に導くことで飲料水や生活用水に

使用していたと考えられています。

 

雨どいから雨漏りをしてしまうケースは多く見られます。

何か異常を感じたらメンテナンスを行いましょう!

 

あま市・津島市・稲沢市・愛西市の雨漏り、外壁塗装なら安心と信頼の美和建装まで!

株式会社 美和建装 http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ