屋根塗り替えをする前に知っておきたいポイント 〜塗料編〜

「屋根の色があせてきた」、「屋根が汚れやすい」、そういった屋根の状態でお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。

屋根は雨風から家を守り、暑い日は涼しく寒い日は暖かく家を保つ事が出来るよう家を守っています。

このように、屋根は長年雨や風、日差しにさらされ続ける事によってかなりのダメージを負っています。

そのため快適な住環境を保ち続けるには、定期的なメンテナンスが必要です。

そこで、屋根の塗り替えにおいて知っておくべき知識をご紹介します。今回は屋根の塗料についてご紹介します。

●屋根塗料の役割

「塗料の役割は何?」と聞かれて何を思い浮かべますか?「家の印象が変わる」、「暑い日差しをはねのける」、そのような事が頭に浮かぶかもしれません。屋根は外壁と同じく、私たちが一目で確認できる場所です。屋根の色や交代が綺麗だと、家が立派に見えます。

玄関は家の顔とよく言われますが、それは屋根にもいえる事です。

それだけ、周りの人に屋根はよく見られているのです。屋根を自分好みの色で塗装する事により自分らしさを出すこと、外壁とのバランスを見て調和のとれた家のデザインを作り上げる事が、屋根の塗装で可能になるのです。

またもう一つ塗料の大きな役割は家の中を守ることです。屋根塗装を怠ってしまうと、雨漏りで天井のシミが出来てしまったり、屋根の浸食によりゴミや落ち葉が入り込む事で屋根裏の状態が悪化したりしてしまいます。

塗料にはたくさんの種類があり、雨風にさらされる屋根のダメージを解消する為に、様々な特殊塗料も存在します。これにより、お客様それぞれのニーズにあった屋根の塗装が実現できるのです。特殊な塗料の種類や得られる効果につきましては次章でご紹介します。

●「特殊塗料」とは?

特殊な塗料は多くあるのですが、遮熱・防水に特化した塗料が豊富で、中には空気清浄の機能を持つ塗料も存在します。

ここからは、お客様のニーズが特に高い「遮熱」と「防水」の機能を持つ塗料についてお話しします。

・遮熱塗料
屋根は年中太陽光にさらされています。夏になると太陽光によって屋根の表面温度は50度から80度にまで上昇します。屋根のメンテナンスが出来ていないまま日光にさらされ続けると、50度から80度もの熱が家の中に直接伝わり家の中はかなり高温で、居心地の悪い場所になってしまうのです。この熱を遮り、家の中を涼しく保つ役割を果たすのが遮熱塗料です。

なぜこの塗料を塗るだけで家を涼しく保つ事が出来るのでしょうか。その秘密は赤外線対策にあります。紫外線という言葉は日焼け止めの広告等でなじみがあると思いますが、赤外線とは何かご存知でしょうか。

太陽エネルギーには大まかに分けて赤外線、可視光線、紫外線の3種類があります。中でも太陽エネルギー分布の約半分を占めるのが赤外線です。赤外線は目で見る事は出来ない光線ですが、物体にあたるとほとんどが熱エネルギーに代わってしまいます。

つまり、私たちが日光を暖かく感じるのは赤外線の影響がかなり大きいのです。そこで、遮熱塗料ではこの赤外線を反射する事により、太陽光による熱を遮る役割を果たします。

シリコン樹脂やフッ素樹脂製の屋根塗料は遮熱効果に優れているので、遮熱に特化した屋根塗装をお望みの方は、屋根に使われている樹脂に注目して塗料選びしてみる事をおすすめします。

・防水塗料
雨対策は屋根塗装をする上でかなり重要な項目です。せっかく建てたマイホームが雨漏りのせいで台無しになってしまう事もあるのです。多額のお金を支払い、内装修理をするなんてもったいない事はしたくないですよね。そこで、知っておきたい塗料が防水塗料です。

しかし、一般的に再塗装をして防水効果が見込めるのは陸屋根のみです。なぜ三角屋根では防水のための再塗装が出来ないのか、それには屋根の構造上の違いが関係しています。主な防水機能を持つ防水シートは瓦やスレート等の屋根材の下にあります。

初めから屋根に防水対策をする場合と異なり、再塗装の場合は屋根材の中に雨水が入り込んでいる為、表面にどれだけ防水塗料をコーティングしたとしても根本的な解決にはなりません。

もし完全に屋根の防水加工をやり直したいのであれば屋根材と防水シートをすべて入れ替え、その上で防水加工の出来る塗料を塗らなければ成りません。かなり面倒な作業ですので、防水対策は家を建てる段階で念入りにしておくか、思い切って総取り替えをする必要があるという事は心得ておく必要があります。

しかし、もともとそれほど屋根材に雨水の浸食が見られず表面を塗装して雨水対策をしたいのであればゴム系の塗料やウレタンによる防水が効果的です。

続いて陸屋根の防水塗装に効果的な塗料をご紹介します。液体のウレタンを塗る事で防水できるウレタン防水や、強度・耐久性に優れたガラス繊維強化プラスチックFPRで防水する方法が一般的です。

ウレタン防水は複雑な陸屋根の形にも対応し、別素材の塗料の上からも塗る事が出来るので、出来るだけ簡単に塗り替えをしてしまいたいという方には最適です。FPRは浴槽や船舶等にも利用されているほど水に強く、施行後は継ぎ目のない美しい屋根に仕上がります。

また、ほとんどの塗料がすべてを塗り替えなければならないのに比べ、FPRはトップコートのみの塗り替えですので、金銭面の負担もそれほど大きくありません。

屋根の塗装は見た目の問題だけでなく、住環境を快適にする為にも大切な事です。ご自身の家の屋根の形が、三角屋根なのか陸屋根なのかでも塗装の方法は大きく異なります。どういった塗料がお客様の屋根の形と合うのか、どういった条件で屋根の塗料を探すのか等をしぼった上で屋根塗装についてご検討されてみてはいかがでしょうか。

ご不明な点がございましたら、お気軽にみわ建装にご連絡ください!

あま市、稲沢市、津島市、愛西市の外壁塗装なら安心と信頼のみわ建装まで

http://www.miwakenso.co.jp/


みわ建装へのお問い合わせはこちら
0120-44-2605
メールでのお問い合わせ
お見積り・ご相談
当社が選ばれる5つの理由
  • 光触媒塗料 ハイドロテクトコート
  • 遮熱塗料
  • 最先端のコーディングテクノロジー 日本ペイント
  • carboline
  • アステックペイントジャパン
  • セラミックを多層化する技術 GAINA
トップページ
お電話
お問い合わせ